人気ブログランキング |

広島もみじの冒険日誌 in Sweden


ベルリン①舞姫の舞台へ

12月18日、午前5時半。
呼んでもらったタクシーに乗り込み、ひろこちゃんと二人旅の始まり。

目指すは森鷗外が官費留学生として若き日を過ごした街、ベルリン。 小説『舞姫』の舞台。

ウンター・デン・リンデン通り。
d0074320_329951.jpg

「菩提樹下と訳するときは、幽静なる境なるべく思はるれど、この大道髪の如きウンテル、デン、リンデンに来て両辺なる石だゝみの人道を行く隊々の士女を見よ。」

この一節に登場する通りに、ずっと来たいと思っていました。ドイツに着いたばかりの志高い主人公豊太郎、きっと鷗外も同じく見たであろう、剛健さと華やかさ両方の魅力を備えた通り。

この通りからさほど遠くないところに、鷗外が始めに住んだアパートがあります。いまは「森鷗外博物館」として、訪れることができます。
ここが鷗外の住んだアパートの入り口。他の階はふつうのアパートとして、住んでいる人がいるようです。ベルを押してオートロックを開けてもらいます。
d0074320_19811.jpg

どの部屋をつかっていたのかははっきりしていないそうですが、2階の一室に実際使われていた家具とともに、部屋が再現されていました。
d0074320_472013.jpg


マリエンヌ教会。
豊太郎と泣いていたエリスが出会う場所。
d0074320_493131.jpg


ベルリンの街は、ルンドよりもずっと寒く、体の芯から凍りつくような寒さでした。
こんなに冷え込んだら、人肌恋しくなってしまうのだろうな、と思いました。

凍てつく寒さの中、豊太郎を待ちながらひたすらむつきを縫うエリスの姿が、脳裏に浮かぶようでした。
by Hiroshima-Momiji | 2007-12-27 04:17 | ドイツ旅行、滞在 | Comments(2)
Commented by haru at 2007-12-29 00:59 x
博物館になってるんだね。ベルリンに行ったらぜひ行ってみたいわ^^
『舞姫』って課題図書で読まされた本の中でほぼ唯一心に残ってる本かもしれないなぁ。。。
Commented by Hiroshima-Momiji at 2008-01-04 05:57
>haruちゃん
建物自体はふつうのアパートで2階だけが博物館だからブザーを押してエントランスのオートロックを開けてもらうんだ。ドイツのアパートを訪問する気分を味わえて面白かったよ♪

<< ベルリン②サン・スーシ宮殿      メリークリスマス! >>

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。

《経歴》
2019.1 法学修士LL.M.取得
2014.8-2019.1 ルンド大学法学部 (Juristprogram)
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010.3 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> ナオカさん ありが..
by Hiroshima-Momiji at 02:32
もみじさん、改めてお子さ..
by ナオカ at 10:39
お忙しい中、ご回答ありが..
by San at 09:35
> Sanさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 05:37
先日はご出産おめでとうご..
by San at 14:51
> よりよりさん あり..
by Hiroshima-Momiji at 06:20
まあ、ベビー おめでとう..
by よりより at 16:19
> hitomiさん ..
by Hiroshima-Momiji at 04:42
うちも、子供生まれる前に..
by hitomi at 05:00
> ひろくんさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 01:44
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧