広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧



ローマ教皇訪問前日のルンド

この小さなルンドの町に、なんと明日ローマ教皇が訪問するということで、町の中はいつもと違う雰囲気です。

ローマ教皇のルンド訪問の話を初めて聞いたときは、冗談か、誰かの願望かと思いました。ストックホルムとかウプサラではなくて、ルンドに!?と。でも、本当でした。

訪問先はスウェーデン南部のルンドとマルメ。来年2017年の宗教改革500周年に向けての、ルター派とカトリックの共同の記念礼拝をするためだそうです。

なぜルンドなのか、という理由をスウェーデン国教会のHPで見つけました。

ルンドは宗教改革前後1000年ものキリスト教の存在を象徴しているから、またルター派世界連盟が約70年前に設立されたのがルンドだから、などが選ばれた主な理由だそうです。

当日はたくさんの人出が予想されているらしく、町の中心部がパニック状態になるのではとも心配されています。大聖堂の周辺では立ち入り禁止区域も。
d0074320_00413251.jpg
上の写真に写っている建物(Kungshuset)でスウェーデン国王と教皇の面会があるそうで、こちらの警備はかなり厳重。
d0074320_00494958.jpg
自動小銃を持った警官。ふだんこんな武器を見ることありません!

時間によってはもっとすごかったようです↓

大広場には仮設トイレが大量に…。駅前にもありました。
d0074320_00530032.jpg
d0074320_00554370.jpg
色々な国の報道陣も来ているようで、朝はヘリコプターが飛んでいたし、イタリアのTV局を見かけました。報道陣だけでなく、教皇に一目会いたいというキリスト教信仰者たちも国境を越えてがやって来ています。皆さんとてもうれしそうな様子でした。

明日はいったいどんな様子になるのでしょうか…。興味はありますが、野次馬心で町中に近づいたら大変なことになりそう。幸運なことに授業がないので、ニュースで様子をうかがうことにしようと思います。

注)日本では「ローマ法王」と「ローマ教皇」の表記が混在していますが、この記事ではカトリック中央協議会の推奨する「ローマ教皇」の表記に統一しました。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-10-31 00:58 | スウェーデン生活、文化 | Comments(2)


新卒時の就職活動振り返り

前回の記事のつづき。

私の日本での就職活動は、かなり迷走していました。

大学3年の私の希望は
  • 英語を活かせる(海外と関わりがある)
  • 自分で決められる裁量が大きい
  • 誇りに思う商品・サービスを扱う会社
  • 安定している
  • 勤務地は東京・関西・広島あたりだといいな
といった感じでした。

自分で決められる裁量が大きそうということで、私は総合職志望でした。
更に海外と関わりがある業種というと、けっこうバリバリ働く系の業種がまず候補に挙がってきます。転勤もあるところが多い。

でも、私はライフワークバランスを重視したい。海外と関われていいなと思う仕事でも、人生を捧げて長時間労働するほどの情熱は持てない!!仕事は頑張りたいけど家庭も持ちたいし、会社に住む場所を決められたりもしたくない。そんな仕事って日本ではほとんどない…。

就活サイトに登録していると、大学名だけで座談会やランチへのお誘い電話が来るので(いわゆるリクルータ)、興味の幅を広げて行ってみました。色々な説明会に行きましたが、なかなか業種が絞れない…自分でも迷走していると自覚していました。私は何をしたいかわからなくなってしまったのです。

そもそも国際教養学部を選んだのも、何をしたいかがよくわからないからでした。大学で勉強しているうちにわかるかな、と思っていたのですが、結局就職を始める頃になっても分からない!

英語を使ってバリバリ仕事がしたいのか、ただ海外に住めればそれでいいのかも、よくわからなくなりました。

業種ですが、初めの頃はメーカーも色々見ていました。はじめの頃気になる会社にはES(エントリーシート)を送りましたが、ESから先に進まない…。メーカーのESは独自のお題などがあり結構大変だったのです。しかも商品にどれだけ信念が持てそうか考えるとなかなか疑問が生じることが多く、時間がかかるのに落とされる可能性が高いならと、結局ほとんど受けませんでした。一社だけいいなと思ったところで最終面接までいきました。

そのころ地元の銀行の説明会にも行っていました。「地元を元気にする」というビジョンに素直に共感できたし、地に足がついている感じがしました。でも、英語は使う機会がなさそう。

結局業種はバラバラで、決して多くない数の企業にエントリー。面接にもいろいろ行きましたが、こんなに迷いのある就活生が、どう外面を装ったところで企業にどう見えるかは明白です。しかも、私はあまりガッツも体力もないので、そういうのは採用側から見てもよくわかったことでしょう。

でもバリバリさを求められない面接はうまくいき、最終的に、地元の銀行から内定をもらいました。

本当は、英語を使えないということ、東京を離れるということにまだ迷いがありましたが…この頃はリーマンショックのすぐ後、就職氷河期とも言われているそうで、もう内定をもらった以上の条件の就職先は見つからないと思い、心を固めて地元へ帰りました。


今、もし私が過去の自分に就活のアドバイスをするとしても、正直あまりいい代案はありません。

日本で働くとしたら、地元で銀行員をするというのが一番良い選択肢だったと思うからです。

まず、私は真面目そうに見えるし、年上の人と話すことも得意なので接客には割と向いていました。信頼して慕ってくれるお客様もいらっしゃいました。ちょっと猫をかぶっていたと思います(笑)「もみじさんは怒ったりなんてしないんだろうね~」とお客様に言われたり…。

それから、勉強が好きということ。銀行では経済や色々な金融商品の仕組み、財務諸表の読み方など色々勉強でき面白かったです。

勤務時間も、支店や時期によって差はありますが、日本の水準でいうといい感じでした。仕事に慣れてからは、趣味の吹奏楽も始められました。(そもそも広島はそんなに遅くまで交通機関がないので、首都圏のように深夜まで仕事をすると帰れない人が続出してしまいます。)

また地元なので家族もいて、住居面で節約できるのでお金も貯められたし、社会人時代の友人が広島にできたのも大きい収穫です。


けれど、私の考え方は日本の伝統的な仕事文化とはかなり違うので、日本で働くということはやはり色々と思うところもありました。そして、自分の理想の将来像が思い浮かばす、こう思うようになりますた、

ずっと憧れていた海外と関わることもなく、安定したレールの上を走っていく人生、これでいいのかな…?

そう思っているところに留学時代の古い友人のErik(今の夫)が来日して3年ぶりに再会。留学中の気持ちを思い出し、やっぱりもっと挑戦したい!と思うようになったのです。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-10-26 05:54 | 日常、自分、家族 | Comments(0)


昔の日記:将来どこに住みたいか。

21日に試験が迫っているので、絶賛試験勉強中です。先日、気分転換に昔の日記を見返していたら、中学3年の時の日記にこんなことを書いているのを見つけました。

『私は外国に行きたい。でもどんな職業があるんだろう?私は安定していて、自分の時間を持てる仕事をしたい。それから、好きな分野の仕事がいい。』

外国に行きたいと昔から思っていたのは覚えていますが、こんな頃からライフワークバランスのことを考えていたとは…。しかも、仕事内容よりもそれが先に来ているのが、我ながら笑えます。

そして、大学2年生、ルンドに交換留学に来て3か月目の日記にはこんな内容が。

『コリドー友達と地震や火山やタバコの話をしてて、スウェーデンに移住するのもいいかもなーなんて思ってしまった。スウェーデンは寒いけど、大きい自然災害は少ないみたい。今離れてるから意識してなかったけど、そういえば東京では地震の心配があるんだった。』

『スウェーデンでは屋内の公共の場でタバコを吸っちゃいけないという法律があるんだって。だからパーティーに行っても、レストランに行っても、大学内でもタバコを吸ってる人がいない。意識せず快適に過ごしてたけど、そういえば日本ではしょっちゅうタバコストレスを感じてたんだった。ここにに慣れて日本に帰ったら、余計タバコ気になるだろうな。』

『でも、家族や友達は日本にいるし、日本好きだしなー…。』

そんな風に思っていた私ですが、留学を終える頃は、やっぱり私にとっては日本が一番住みやすいのかなあと思ったりしていました。今の夫とは留学中はただの友人だったので、スウェーデンに引っ越すという選択肢はありませんでした。その時は「ルンドにはスウェーデン語ができないと娯楽がなさ過ぎて1年ならいいけど、何年も住むのはきついだろうな」「外国に外国人と住むよりも、日本に日本人として住む方が楽かなあ」と思ってました。日本に帰るという現実を受け入れようとしていたのかもしれません。

そして留学を終え帰国。やっぱりタバコの副流煙はとても気になりました。分煙も増えてますが、禁煙席の方が混んでいて待たされたり、喫煙席から煙が来たりします。飲み会のメンバーで喫煙者がいて目の前で吸われると厳しい、特にそれが目上の人だとやめて欲しいとお願いできないし、それくらい寛容になれと言われたり。でもおいしいご飯が台無しです。

あと、喫茶店でコーヒーを頼んだら牛乳でなくてコーヒーフレッシュが出てくるのも嫌と思うように(笑)。

でも、東京での暮らしはとても楽しかったので、すぐに日本での生活を満喫しはじめました。サークルの能に加え、茶道と能管(笛)も習い始め、大学の授業も面白かったし、友達にも恵まれていました。美術館もデパートも古典芸能もたくさんある東京という都市。都会の、やりたいと思ったらなんでもできる感覚に魅了されました。


東京にもっと住みたい、でも地元の広島に帰る方が幸せかもしれない。そして海外へ行きたいという思いもやっぱりある、という複雑な思いが強くなり始めたのはこの頃。

仕事のことを考えても理想と現実が合わなさ過ぎて、どんな仕事がしたいのか、どんな生活がしたいのか、どこに住みたいのか、よくわからなくなっていました。そんな中、就職活動を始めた私は迷走することになるのでした……この話は、また今度。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-10-16 01:02 | 日常、自分、家族 | Comments(0)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> 55norika55..
by Hiroshima-Momiji at 21:44
> ひろくんさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 01:43
はじめまして、僕は広島市..
by ひろくん at 19:22
> fumiyoさん ..
by Hiroshima-Momiji at 04:21
> yukiさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 04:20
こんにちは!拝見させてい..
by yuki at 11:36
> moziraさん ..
by Hiroshima-Momiji at 20:27
お久しぶりです! おめ..
by mozira at 03:11
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧