広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧



第4セメスター(T4)開始

先週から春学期が始まりました。私にとっては第4セメスター(T4)開始です!

今学期は公法で、国や自治体など公の機関と、私人との関係について勉強します。

前半部分の教科書!↓
d0074320_01373075.jpg
前半の内容は、行政法、地方自治体法、行政手続法、社会福祉法、環境法、移民法。

前半部分の試験が3月下旬にあり、イースター休暇明けてから後半の科目、租税法が始まります。租税法のテスト後、エッセイの課題があります。

クラスメートは、ちょこちょこ新しいメンバーもいますが大部分は始めからの同じメンバー。もちろん辞めてしまった人や休学して別のことをしている人などもいます。新しいメンバーは、休学していて戻ってきた人たちが主のようです(転校生もいるかも?)。

もう出来上がってるクラスにぽんっと自分だけ入って、また1から友達作りを始めるのって大変そうだなと思います…みんな新入生だったらいいんですけどね。私は今のメンバーで心地よいので、少なくとも全てが必修科目の6セメスター目までは、一気に続けたいと思います。


ところで、この1月でスウェーデンに引っ越してきてから3年半が経ちました。

その前の交換留学期間と引っ越し後に色々取ったコースを合わせたらなんと既に合計4年間ほど、ルンド大学で勉強してます。早稲田で勉強したのは、留学の1年を除いて3年。もうルンド大学で勉強した期間の方が長くなったんだと気付いて、びっくりしました。こうやってだんだん年月が経っていくのかな。

でも、今のプログラムはまだ2年半残っていると思うととっても長く感じます…。長いから、休学して気分転換する人たちの気持ち、わかります。でも、私の場合年齢的なこともあるし、休んだらそれだけ卒業が遠のくし、クラスメート変わっちゃうし、1セメスター休んでまたテスト地獄に戻るなんて適応できなさそうだし、デメリットの方が多いような気がします。7セメスター以降は自由選択・応用科目なので、そのタイミングで休学する人も多いみたいです。


今学期は私にとってあまり薄い分野なので少し不安ですが、内容は面白そうです。がんばります!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-31 02:17 | 法律の勉強(ルンド大学) | Comments(2)


スウェーデンの育児休業制度と、男女平等社会への取り組み。

前学期は、私が前々から興味のあった社会保障制度についても勉強しました。今回その中でも、日本からの関心が高いと思われる育児休業制度についてご紹介します。

育児のため休みを取る権利、そしてその間の金銭的な補助については別々の法律があるのですが、今回はわかりやすいように、お金が支給されて休みが取れる期間を、育児休業と呼んで説明することにします。

育児休業の期間

育児休暇は、子供一人につき合計480日(注1)で、子供が8歳(注1)になるまでの期間、分けて取ることができます。

両親に監護権がある場合、両親とも平等に育休を取る権利があり、両親の合計が480日と決まっています。

注1:一人の場合。双子(またはそれ以上)だと追加の日数があります。
注2:子供が8歳でまだ初等教育の1年目を終えていない場合、それを修了するまで。

育休の権利は譲り合うことができ、どちらかが多くとることも可能ですが、90日間*は相手に譲ることのできない期間と決まっています。*2016年1月以降に生まれた子供の場合。

つまり、片方の親が480日の育休を全部取ることはできないのです。例えば、もし父親が90日*の期間取らなければ、その分権利が消滅してしまうので取らないと損、という仕組みです。監護権を持った親が1人の場合は、1人で全部取ることができます。

上記の90日ルールは2016年1月に改正されたばかりで、それより以前は60日でした。

参考:FörsäkringskassanのHP→Anställda och föräldraledighet

育児休業中の給付金

給付金の額(レベル)は3つあり、その人が就業状態・収入の条件を見てどのグループに属しているかでどのレベルになるかが決まります。これを詳しく説明するとかなりややこしくなるので、簡略化して説明します。

一番多くもらえるグループの人たち、自分の給料の80%弱(上限あり)がもらえます。このグループに入るには、期間や収入の条件を満たす必要があります。

上記に満たない人(働いたことはあるけれど、収入が低かったり無かったりする人)は、1日250kr。

労働による社会保障制度にカバーされていない居住者(たとえば一度も働いたことのない学生や、昔働いたことがあってもニート期間が長い人)は、1日180kr。

(数字は2016年1月現在。)

グループ分けの説明をかなり簡潔にしてしまったので、詳しく知りたい方は下のリンクを参照ください。つまるところ、男女ともバリバリ働いている方が、育児休業中ももらえる額が多くなるということです。


平等な社会への取り組み

政府の目標は両親とも平等に取得させることで、そのために色々な取り組みがされています。

そのうちの一つが、上記の、譲り合えない育休期間の60日から90日への引き延ばしです。引き延ばされた理由は、男女間の平等性を上げるため!

というのも、平等に育休を取得できる制度はあっても、実際には譲れない60日のみを男性が取り、残りを母親が取るというケースが多くみられたためです。この譲れない期間を90日に伸ばすことで、男性の育休取得を促進するのが狙いです。

この部分、誤解が多いのですが、決して男性の育休可能期間が伸びたというわけではありません!もともと男女とも育児休暇には平等に権利があるのですから。新聞記事の見出しにも誤解を招く表現が多いです。

ちなみに、男女の育休の取得日数のデータを見つけました。(図はDs 2015:8より)
d0074320_07462585.png
2009年に生まれた4歳児の両親が取得した日数。30日取った父・母親は何%か、60日取った親は何%か(以下略)、というグラフです。父親の49%が60日は取っていますが、それ以上取るのは少数派なのが分かります。

この他にも、Jämställdhetsbonus(平等ボーナス)という制度があり、両親が平等に取得した場合給付金がもらえるようになっています。

政府が英語で発表した記事を見つけたので、リンクを貼っておきます。2015年6月の記事なので、改正前です。

一時的育児休業
父親には上記の育児休業に加え子供誕生後、子供1人につき10日間の追加育児休業の権利があります。
これは子供の誕生後、家に帰ってきた16日目までの期間限定で、生まれた子供のお世話を母親と一緒にすること、兄弟がいる場合兄弟の面倒を見ることを想定しての制度です。父親に該当する人がいない場合、条件を満たすほかの人が取ることも可能です。(これは同性婚の生まない方のパートナーなどを想定しているのかなと思います。)

もしも養子を迎えた場合は、両親合わせて子供1人につき10日間の育児休業を取ることができます。


妊娠中
女性は、妊娠を理由に仕事ができない場合休業し、手当てをもらうこともできます。今回は割愛。
詳しくはこちらをどうぞ→Graviditet


育児休業制度は色々調べているとまるでジャングルのようで、中々把握するのも説明するのも難しいなと思いました。

今回あまりマニアックにならないように簡潔にした部分があります。ちゃんと説明するには社会保障制度全般についてもっと詳しく説明する必要性を感じました。読んででくれる人がいそうだったら、いつか記事にしてみようかな。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-30 22:03 | スウェーデン事情いろいろ | Comments(0)


情報発信するときに気を付けたいこと。

インターネットの普及により、誰でも簡単に情報発信できるようになった世の中。そんな中、最近私が気になっているのは間違った情報・誤解を呼ぶ情報が氾濫していること。

特に外国からの情報は、日本にいる人にとっては真偽を確かめるのが難しいので、情報を発信する側も受け取る側も、注意深くなる必要があります。

私もブログで情報発信をしている一人として、以下のようなことに気を付けています。

この記事の意図としては、多くの人に向けて情報発信するときは気を付けてほしいな、というもので、これを読んで書くのを億劫には感じないでほしいなと思います。また、知人や家族に向けて書いているような個人的なブログだと、あまり神経質にならなくてもよいと思いますが、個人が善意で書いた文章で、無意識に誤解を広めたりすることが防げたらなと思い、私が気を付けていることをまとめました。

1.事実と伝聞、自分の推測・意見を区別する。
これはレポートにも通じることです。記事に書く内容は事実なのか、真偽は確かめられてないけれども人から聞いた話なのか、それとも自分が色々見聞きした結果の推測なのか、個人的な意見なのか、区別して書くことが重要。
できれば、情報の出典を載せるとよいと思います。

事実と思うことも、本当に事実なのか、もしかして推測ではないか確認を。例えば、スウェーデンである食材を探したけれど見つからない、というとき。「スウェーデンに~はない。」というのは行き過ぎです。何かがあるっていうのは簡単だけど、ないって断定するのは難しい。「スウェーデンには~はどうも無いようだ」と書けば推測と分かるし、自分の体験として「私の探した範囲では、~は見つからなかった」と書けば、断定にはなりません。

2.その情報は本当に正しい?
信頼できる人に聞いた話も、正しいとは限りませんし、自分が勘違いしている可能性もあります。私も事実(または確実な伝聞)として書くときは真偽を確認してから書くようにしています。

特に外国の制度(社会福祉や法律関係)を紹介するときは、間違った情報を書かないよう細心の注意を払っています。
情報はホームページなどで確認することができます。もし、現地の言葉が分からなくてはっきり確認できない場合は本当は書かない方がいいと思いますが、それでも書きたいならば「自分はこう理解したが、違う可能性もある」という旨を付け加えると、読み手も大きな誤解をしなくて済むのではないでしょうか。

これは決してすべてのことを曖昧に書くことを推奨しているわけではありません。もちろん、正しい情報ならば自信を持って書けばいいと思います!

3.過度の一般化をしない。
これは本当によく見かけます。自分の周りで見聞きしたこと・起こったことをもとに、一般的な結論を導き出すのは大変危険です。これは1に書いた内容とちょっとかぶりますが。「○○では~です。」「○○人は~です」と書くときには、それが本当に一般的なことなのか注意する必要があります。もし観察対象が自分の友達数人や家族だけだったら、偏っている可能性があります。

特に国民性等について書くときは例外もあることを忘れずに。もちろん、本当に一般的なことならば私も「~が一般的です」や「~な人が多いです」と書くこともありますが、皆がそうと聞こえる書き方は避けます。もし誰かが「日本人は~です」って断定していたら、そういう人は多いけど違う人もいるよ!って思うことありませんか?

また、制度や風習を紹介するときも注意が必要です。それは、全国がそうなのか、それとも一部の地域だけなのか。

例えばスウェーデンの医療制度は、住んでいる地域によってかなり違いがあります。

4.その他、ネットワーク上のマナーを守る。
これは、わざわざ書かなくてもよさそうですね。



今回エラそうに書きましたが、私もまだまだ、試行錯誤しています。という訳なので、これからも記事で訂正が必要な内容などあれば、ぜひ遠慮しないで教えていただけたら嬉しいです!

この記事を書いたのは、インターネット上の間違った情報の多さに心を痛めたからでもありますが、それを読んでいる方にも、情報を鵜呑みにしないで欲しいなと思ったからでもあります。

これは、個人のブログに限りません。企業運営サイトのコラムにも、間違った情報が載っていることもあるし、ニュースにも、誤解を呼ぶような情報が載っていることもあります。要注意です。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-27 22:55 | 日常、自分、家族 | Comments(0)


聖職位授与式へ

今日は、ルンド大聖堂であった聖職位授与式へ行ってきました。

留学時代からのオケの友人が牧師になる瞬間に立ち会うため!スウェーデン国教会の牧師になるには、大学で神学または宗教学の修士号を取得し、その後1年間の研修(牧師補)を受ける必要があります。彼女も、真っすぐではないけれどその長い道のりを経て、今日を迎えました。

聖職位授与式は日曜日の朝の礼拝に合わせて行われました。

私も夫も特に信仰している宗教はなく、今まで参列したことのあるスウェーデン国教会の行事といえば結婚式のみなので、礼拝・聖職位授与式はどんなものかどきどきしながら参列。新鮮な体験でした。

では礼拝・式の様子について。キリスト教について馴染みが薄いので、もしかしたらもっと正しい用語があるのかもしれませんが、その点はご了承ください。

まず、教会関係の方々が入場。
d0074320_06122859.jpg
d0074320_06424696.jpg
十字架を持った人、聖書を持った人、ろうそくを持った人たち、聖歌隊、これから聖職位をもらう人たち、ビショップや役職についている方々が歌いながら入場し、祭壇へ。
d0074320_06150289.jpg
d0074320_06192824.jpg
入退場時は写真撮影は自由ですが、礼拝・式の間は自粛。(これは結婚式でも同じでした。)

礼拝なので、讃美歌、牧師による説教、讃美歌、祈り、説教、また讃美歌…と色々な内容がありました。不慣れなので、讃美歌や祈りは周りの人になんとなく合わせてみました。

讃美歌のオルガン演奏は、トリルがいっぱいあったり、不思議なコードがあったり、意外と現代的でびっくり!

中盤、いよいよ聖職位授与式(Prästvigning)。プロテスタントでは按手礼と呼ぶみたいですが、キリスト教に馴染みがないと何のことかわかりませんよね。これから聖職位に就く人が、頭の上に手を置いてもらう儀式だそうです。

私は遠くだったのではっきりとは見えませんでしたが、ビショップが頭に手を置き、周りの聖職者が肩に手を置いて、という儀式でした。

その後もしばらく礼拝が続き、終盤にコミュニオンという、パンをワインに浸して食べると儀式がありました。キリストの体と血を象徴しています。これは手順にどぎまぎしました。

ピンぼけしていまいましたが退場の様子。
d0074320_06324501.jpg
礼拝と聖職位授与式合わせて1時間45分ほどでした。始まる前を合わせたら2時間、こんなに長く教会・大聖堂にいたのは初めてかも!(ちょっと寒かった…)

今回牧師になったのはクリーム色の装いの6人!私の友人は中央の女性♪(赤い服の人はビショップ。)
おめでとうございます。
d0074320_06360381.jpg
この後は別の会場で、パーティーがありました。

笑顔が素敵で、心優しい友人。留学時、心細く感じていた私を楽団の中で暖かく迎えてくれたのを思い出します。
d0074320_07133099.jpg
大事な船出の日を一緒に祝うことができ、とても嬉しかったです!!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-25 07:21 | スウェーデン生活、文化 | Comments(0)


第3セメスター(T3)終了!

冬休み明けの1月15日、秋学期からのコース締めくくりの筆記試験がありました。6時間の筆記試験、これで第3セメスター終了です。

教材は結果が出るまで一応取っておきますが、もう使わなくても済みますように!
d0074320_05061209.jpg
法律家プログラムは全部で9セメスター、そのうち初めの6セメスターが基礎コース期間。これで、基礎コースの半分が終わりました。でも卒業までの道のりはまだまだ長い!

筆記テストについて。

6時間の試験は3回目ですが、相変わらず疲れました。試験時間中、同じ部屋にあるトイレに行く以外はぶっ通しです。飲食物持ち込み可なので、みんなお菓子やらパンやら栄養ドリンクやら持ち込んでいます。今回は教科書・配布資料・自分のノート等、過去問以外はすべて持ち込み可だったので、荷物がものすごい量になってしまいました(上の写真の教材にプラス、3kgの法律集、ノートPC)。

もしも早く終われば退場可ですが、こういう筆記試験は書く量が多いので早く終わることはほとんどありません。たまに退室可の時間になったらすぐ帰る人がいますが、その人たちは問題を見て、より良い点で合格するため次のチャンス(追試)に懸けると判断した人たちで、早く終わったわけではない。)

私もテスト時間いっぱい使いました。全問回答し終え、大体の回答は大丈夫かなと思いますが、それでも後から「ああこれも書くべきだった」とか「ここにメモしてたのにどうして見逃したんだろう」と後悔することが出てきて、本番時の自分バカー!と自己嫌悪に…法学部の学生は成績重視の人が多く、私も影響を受けてしまっています。決して自信を持ってテストに臨んだわけではありませんが、できたはずのことができなかった、というのは悔しいものです。

テストについて振り返っていて、思い出した言葉が。「本番で100%の力を発揮したいならば、練習で120%できるようにすること!」
私の場合、ピアノや吹奏楽の練習のときに言われていました。

これは勉強にも当てはまるわけで、勉強していた内容が全部テスト本番でできなきゃ、と思うのは無謀な話なのです。逆に言うと、必要以上に本番時の自分を責める必要はないということ!これは、もう積み重ねの準備不足の問題であって、本番一発勝負の問題ではないのです。まあ、本当は成績に高望みせず、合格することで満足するようにすれば解決する問題でもあるのですが…

ちなみに、6時間の試験はしばらくなさそうです!(もしかしたら最後だったかも?)次の学期は5時間が2回。

次の学期への教訓として、以下、目標!
  • もっと日常からコツコツ勉強する。教科書は、テスト前に読み込もうと思っても間に合わない!
  • 演習の後に、メモだけでなく、文章で回答を作成する練習をする。ついでにもっと正確にタイピングする練習もする!(テスト時の文章作成の時間短縮のため。試験はPC受験ができます。)
  • 過去問を3巡する!(今回は過去8回分を2巡しました。全部解いたわけではなく、解き方を身に着ける練習です。1巡するよりも手ごたえを感じだので、全部で3回繰り返せばもっといいはず!)

明日、月曜からさっそく次の学期T4が始まります。

今学期は、日々の勉強の終わり時間を決めて、ちゃんとオフの時間がある過ごし方をしたいと思います。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-18 07:13 | 法律の勉強(ルンド大学) | Comments(2)


猫を連れてクリスマス休暇へ。

明けましておめでとうございます!

もうすっかり年が明けてますが、クリスマスについて。
2015年のクリスマスは夫の実家のあるストックホルムで過ごしました。

今回は21日~27日という、クリスマスゴールデンタイムに1週間滞在したので、飼い猫のルドルフをどうするか迷いました。クリスマスを跨いで猫のお世話をしてくれる人を見つけるのは難しいし、友達に頼むのは申し訳ない。

という訳で今回は義母の了承を得て、ルドルフも一緒に帰省しました!
d0074320_06213237.jpg
今回の旅用に猫キャリーケースを新調。体重が6キロもあって普通のケースでは移動が大変なので、コロ付きのものを購入しました!スーツケースの感覚です。窓の編み部分は蓋もできて便利♪
d0074320_05380905.jpg
ルドルフもすっかり気に入った様子。普段も家の中に置いていて、彼の新しい寝場所の一つになりました。

ストックホルムまで電車で約4時間。動物持ち込み可の車両があって、予約時に選べます。

ちなみに一般的に猫は人間ほど頻繁にトイレに行かないので、我が家は電車移動の間は特にトイレは用意してません。到着先に、いつもの砂でトイレ用意してもらいました。(猫によったら乗り物酔いする子もいるそうなので、何が必要かは猫にもよると思います。)

車内には超巨大な犬がいたりでちょっとひやひやしましたが、あまり鳴いたりすることもなく無事移動できました。

義母も猫を2匹飼っているので猫同士の折り合いが心配でしたが、意外と大丈夫でした。アパートが広かったことと、義母の猫は外出もするので、お互い必要以上に顔を合わせずに済んだようです(笑)

様子を伺い合うルドルフと義母の猫。
d0074320_06291747.jpg
ルドルフのいる部屋を見つめる2匹。構図が笑える!
d0074320_06294214.jpg
今回、義母宅にルドルフを連れて来てもいいことが分かってとても安心しました。昨冬はクリスマス本番をわざと外してストックホルムに行ったのですが、猫の世話人の心配をしなくていいとなると、クリスマス本番に夫実家に帰省もしやすくなります。何より、ルドルフが元気にしているのがリアルタイムで分かって安心♪
d0074320_06215953.jpg
猫を飼い始めて今まで何度か旅行しましたが、長期の際は大体友人のサムにお願いしてます。彼の実家も猫を飼っていて扱いに慣れいるということで、アパートに連れて帰って一緒に住んでくれるからです(我が家からトイレと爪とぎ棒持参)。中々一緒に住んでくれる人はいないので、とてもありがたい!

短期の場合なら、最低1日1回食事とトイレ砂のお世話に来てもらえば乗り切れるので、世話人は見つけやすいです。でも、退屈してるだろうなと心配になります。

夏に旅行した時はサムが全日程は無理だったので、元コリドーメートのルドヴィグにはじめ数日お世話に来てもらって、その後サムに鍵を受け渡してもらいました。2人ともオケの友人で知り合い同士だからできる技ですが、全く関係ない友人2人に頼むと中々難しい技かも。

ペットを飼うと旅行のときこういう不便がありますが、今のところお世話をしてくれる人が見つかっていて、友人たちに感謝です!
d0074320_06044853.jpg
今年もブログぼちぼちと続けていきますので、よろしくお願いいたします。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-01-09 06:25 | ネコ(katt) | Comments(4)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> 55norika55..
by Hiroshima-Momiji at 21:44
> ひろくんさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 01:43
はじめまして、僕は広島市..
by ひろくん at 19:22
> fumiyoさん ..
by Hiroshima-Momiji at 04:21
> yukiさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 04:20
こんにちは!拝見させてい..
by yuki at 11:36
> moziraさん ..
by Hiroshima-Momiji at 20:27
お久しぶりです! おめ..
by mozira at 03:11
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧