広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2014年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧



法学部、始めの3日間。

秋学期が始まり、私も晴れてルンド大学法学部へ進学しました!
Juristprogrammetという4年半の法律家プログラムです。まさかの人生2回目の大学一年生(笑)

始めの6セメスターは必修の基本コース、その後の2セメスターは選択コース(発展コース又は留学・インターン)、最後のセメスターは論文、というカリキュラムです。
d0074320_07234591.jpg
Juridicum ここで勉強します!

大学は27日に始まり、この始めの3日間は主にイントロダクションでした。それ以外にも学生組合主催の新入生歓迎行事などがあり、もりだくさんでした。

私のように、スウェーデン語が母国語じゃない人もいるかなーと気になっているのですが、今のところまだ見つけていません。先生や組合の人にも聞いてみましたが、分野が分野なのでいなさそう…。まあ、その方が逆に比べてしまうことがなくて気が楽かもしれません(笑)

スウェーデンでは何歳になっても大学で勉強できるシステムになっているので、学生の年代も幅広いです。40代のおじさんもいるし、初老の女性も見かけました。
でもやっぱり大多数は若い世代で、私と同い年の人はまだほとんど見つけていません。統計上だと25~34歳の人は25人いるようです(新入生は全部で200人)。私は今現在26なので、18~20歳の子たちとはテンションの違いを感じます。±3~4歳くらいの人だともうちょっと感覚が合う気がします。

しばらくはNollningと呼ばれる新歓期間で色々な行事が続きますが、今日の集まりに行ってみて、ちょっと私にはノリが若すぎるわーと思いました。年が近い女の子と「若すぎるねー、でも、もともと自分たちが18歳くらいのときから、こういうノリは苦手だったから若さの問題だけじゃないね」なんて話をしながら帰りました。

ルンド大学の法学部は、1666年の大学設立と同時に設立され、歴史のある学部。
この3日間のイントロダクションでも、ちゃんとしたプログラムに入れたんだ、と感じました。

移住当初、公衆衛生学という留学生向けの修士コースに1学期だけ通ったのですが、そのコースとは偉い違いです。コースの説明などは同じですが、修士のときは卒業後の進路の話などはなく、剽窃(ひょうせつ)行為は禁止だという話を連日聞かされ、意味のないディスカッションをさせられ…と、やる気を削がれました。

法律家プログラムのイントロダクションはもっと夢を広げるような内容でした。先輩たちの留学やインターンの話や、実際に法律家として働いている人の話などを聞いて、この分野には、本当に幅広い可能性・進路があるんだなと感じました。

来週から本格的な授業が始まります。楽しみ♪

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-30 07:32 | 法律の勉強(ルンド大学) | Comments(0)


歯の定期検診

歯の保険Frisktandvårdへ入っている私。1年半経ったところで呼ばれる定期検診に行ってきました。

Frisktandvårdとは月々保険料を払うと、保険に加盟している公定な歯科医院での定期検診や虫歯の治療の費用が保険でカバーされる(美容・矯正・歯の欠損のためのインプラント等は除く)、というシステムで、詳しくは以前の記事→歯の保険Frisktandvårdへ加入にも書いています。

加入した1年半前はStaffanstorpという町に住んでいて、申し込みした歯医者もその町にあったので、始めはその歯科医院から案内が届きました。同じスコーネ内だったので、新しく行きたいルンドの歯医者に電話し、話しただけで移行は簡単にできました。

検診は歯科衛生士さんが行います。レントゲンも撮ったりして、虫歯も他に異常もないことを確認してもらいました。よかった~!

検診の途中、前から気になっていた歯ぎしりのことを相談してみました。もう大分前からで、大学生のとき親が泊まりに来たときも指摘されたし、夫にも指摘されます。確かに、顎によく力をいれていると気づくことがあるし、顎をかみしめたときに使う筋肉がこわばっていて、頭痛も肩こりも慢性的なんですよね…。
「確かに、少しだけだけど擦れている歯がありますね。歯ぎしりはマウスピースで軽減されることが多いので、歯医者に見てもらえるようにしましょう。これは保険でカバーされますよ。」と衛生士さん。

10月頭に歯医者の予約をしました。マウスピースの有無も、歯医者が判断するものを思われます。
これで頭痛や肩こりが改善されることを期待…!!

ちょっと調べてみると、保険なしでマウスピースを作成する場合、最低約2000クローナ(日本円で約3万円)もかかるようです!ひー高い!!
保険に入っていてよかったです。

保険期間は3年間なので、また1年半ほどすると検診があります。その時の状態で、次の期間の保険料が決まります。
ここで歯ぎしりの診察が入るともしかして保険料が上がるリスクが増えるかな…?今は一番低いリスクレベル(10段階のうちの1)で月々45クローナの保険料で済んでいますが、今回の定期検診ではレベル2という評価のよう(歯ぎしりが理由)。保険料は契約の3年間は変わらないので安心ですが、できれば低いリスクグループにいたいなあ…。

でも、仮に歯ぎしりを申告したせいでちょっと保険料が上がっても、これで長年の悩み(慢性頭痛・肩こり)が少しでも解消されるなら甲斐があるってものです。
よっぽど高くなりすぎなければ、1年半後も続けて契約しようと思います。



[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-17 06:38 | スウェーデン事情いろいろ | Comments(4)


ストックホルム観光―ユールゴーデン島、グスタフスベリ

ユールゴーデン(Djurgården)は美術館や博物館がたくさんあるエリア。
野外博物館スカンセン(Skansen)もここにあります。スカンセンはいい写真がなかったので割愛します。

ヴァーサ号博物館(Vasamuseet)
d0074320_19311225.jpg
三十年戦争で有名なグスタフ・アドルフ2世の時代に作られた巨大な船で、1628年に沈没したものが20世紀になってから引き上げられ、ここに展示されています。
17世紀スウェーデン版の戦艦大和といったところでしょうか…。とにかくものすごく大きく、豪華な船だったのですが、処女航海に出発して間もなく沈没してしまいました。船をより大きくするためにした増築がバランスを崩したとか、大砲を積みすぎていたとか、色々な考えられる原因についても説明してありました。
当時の船員の生活についてもわかります。いつの時代も、戦争が悲惨であることは変わらないなと思いました…。

Rosendals Trädgård
カフェがお勧めと聞いたのでランチに行きました!
d0074320_19272837.jpg
d0074320_19480388.jpg
ちょっと暑かったけれど、お庭を見ながらのランチはいい感じでした♪


両親が来たときには、郊外の港町グスタフスベリにも行きました。陶器ブランドGustavsbergの工場があることで有名。私たちの目的はGustavsbergとIttalaのアウトレットショップと、グスタフスベリ陶器博物館でした。

グスタフスベリのアウトレット。この部屋は古いシャワー室を使っているみたいで、写真右手に行くと個別スペースのような区切りやタイルが残っていました。
d0074320_20030274.jpg
d0074320_20230704.jpg
イッタラのアウトレットはスコーネのHöganäsにあるアウトレットと雰囲気が似てました。

陶器博物館は面白かったー!グスタフスベリというブランドがどういう歴史を歩んでいたかもわかるし、色々な時代の陶器や水周りのデザイン(グスタフスベリはトイレや洗面台なども生産しています)、デザイナーの紹介なども見られて面白かったです。

Stig Lindberg
d0074320_20145810.jpg
Lisa Larson

とりあえず、たまっていたストックホルム記はこのくらいです。またこれからも度々行く機会があるので、記事にしたい場所ができたらまたご紹介します♪


[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-15 20:24 | 北欧観光 | Comments(0)


ストックホルム観光―市立図書館、水辺の景色等

まだまだ行きます、ストックホルム観光。

デザイン好きな人なら写真で見たことがあるかもしれない、市立図書館。
d0074320_04450477.jpg
d0074320_04444486.jpg
本当に美しい図書館でした。この部屋以にも、子供の本の部屋の天井に星座の絵が描いてあったりして素敵でした。
外観はこんな感じ。
d0074320_04533951.jpg
北欧のヴェニスとも言われるストックホルムは水辺の景色も美しい。
]
d0074320_05142518.jpg
d0074320_05052905.jpg
d0074320_05062955.jpg
街並みの散策もおすすめです。

大学の友人が来た6月には、そのきれいな街並みが一望できるということで人気のベジタリアンレストランHermansへ行きました。
d0074320_05084381.jpg
この日はあまり天気が良くなく室内に座りましたが、テラス席もありました。ブッフェ形式で、お値段もお手頃。おいしかった~♪
土曜の夜だったのでネット予約をして行きました。予約をしていなくても入れますが、人気のレストランなので確実に席を取りたいならば予約がお勧めです。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-14 14:00 | 北欧観光 | Comments(0)


ストックホルム観光―市庁舎、王様の誕生日、ガムラ・スタン

夏休みも残すところ2週間。時間がある間に、ずっと書こうと思って書いていなかった旅行記を書きます!
本当に何年も前の記録もあるので、ご了承を~!

まずはストックホルム観光編。最近は夫の実家があるのでレポートもなおざりになっていましたが、留学中(もう6年も前だ^^; )に母が来たときと、今年の6月末にロンドン駐在中の大学の友達が来たとき、そして帰省のときの記録を全部まとめて書きます。


ストックホルムと言えば…
ノーベル賞授賞式のある市庁舎が有名!
d0074320_21353581.jpg
中をガイドツアーで見学しました。まず案内されたのは、ノーベル賞祝賀晩餐会が行われる大広間。

ガイドさんが晩餐会について、テレビのニュースなどでは見えないような事情を説明してくれたのが面白かったです。
例えば、出席者がたくさんいるので席がとっても狭くてキツキツなんだ~、とか、国王が食べ終わったら食べるのをやめないといけない、など。
d0074320_21380046.jpg
市議会の議場。
d0074320_21415189.jpg
他にも黄金の間など見所がたくさんあるので、市庁舎観光はおすすめです!

母との旅行中の4月30日は、スウェーデン国王(カール16世グスタフ)の誕生日でした。オケの友達に教えてもらって誕生日の式典を見に王宮へ。誕生日のようなイベントでも、ロンドンのバッキンガム宮殿のよりも人だかりが少ないからよく見えてお勧めだよ!とのこと。実際その通りでした。

軍隊がマーチングの音楽とともに入場し、式典が始まりました(写真は2008年のもの)。
d0074320_04153876.jpg
で、王様はどこかな…と思っていたら、なんと上の写真の大砲横の台に立っているのが国王でした!大学生だった私は、ヨーロッパの王様はマントに王冠を付けて…と想像していたので、意外とシンプルで逆にびっくりしました。

子供たちが王様に花をプレゼント。なんとも身近な国王陛下です。
d0074320_04201806.jpg
退場した後の軍隊さん。
d0074320_04222657.jpg
この後母と広場をうろうろしていたら、テレビ局の人に感想をインタビューされました。「日本からわざわざこの式典を見に来たんですか?」なんて聞かれて、どう答えるか戸惑ってしまいました。「いや、ルンドに留学中なんで」なんて言ったらがっかりするだろうし、「はい」って言ったら嘘になるし…答えにくい質問しないでー!そのあとは「窓から手を振っていた国王家族は見えましたか?」「え、そんなのがあったんですか!知りませんでした」なんて微妙な会話になってしまったので、このインタビューは採用されてないことでしょう…。


『魔女の宅急便』のモデルになったガムラ・スタン(旧市街)。
d0074320_04313768.jpg
メイン通りは観光客が多く、スリやぼったくり(道端でやってる賭け事)などが多いので気を付けてください。
ちょっとメイン通りを外れるといい感じの通りや、面白いお店がたくさんあります。

ガムラ・スタンの大広場にはノーベル博物館がありますが、行った感想としては、ノーベル賞に関する情報がメインで、別にストックホルムまで来て見なくてもいい内容かな~、という感じでした。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-14 04:41 | 北欧観光 | Comments(0)


猫のキーボード対策

私がパソコンを使っていると、キーボードを枕にして寝ようとするルドルフ。
幸い、ノートパソコンスタンドを使っていてキーボード部分が斜めなので、上に乗って寝るまではしないのですが、枕にされるだけでも文章が打ちづらい…

今の対策法は、これ!ブックエンド。
d0074320_03183325.jpg
ちょっとはみ出してきたりはしますが、許容範囲です!笑。
d0074320_03324524.jpg
寝るときは大体パソコンのこちら側。ファンがあるので、気持ちがいいんだと思います。同じく、ファンがあるので、ブックエンドもあまりくっ付けすぎないように気を付けたいです。

大学始まったら勉強の邪魔はしないでね~、ルドルフ!
d0074320_03403406.jpg


[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-12 03:42 | ネコ(katt) | Comments(0)


スウェーデンの大学(学士課程)に入るには―選抜編

大学に入る必要条件を満たし、出願を済ませたらいよいよ選抜が始まります。

選抜では、主に高校の成績か、受けていれば全国統一試験Högskoleprovのどちらかよい方の結果で合格の可否が決まります。学部によってはその他の方法があることも。私は高校の成績(いわゆる内申点)の方で合格しました。日本の大学入試のようにがり勉しなくてもいいのです!

以下は、実際進学を考えている方向けに細かい説明です。(情報は2014年現在のもの)

◆学士課程選抜は、以下の3つのグループに分けて行われます。選考対象になるには、まずプログラムの課す必要条件を満たしていることが大前提です。
1.高校の成績グループ
2.Högskoleprovグループ
3.その他(学部の方針による)

一人の学生が複数のグループに入っていることもあります。それぞれのグループから定員の何割取るかがあらかじめ決めてあり、上位の人から合格になります。グループ1、2からは最低定員の3分の1ずつ取ることが決まっていて、その他の選抜グループは人数が少ない/無いケースが多いです。よく見る内訳は、高校の成績グループが3分の2、Högskoleprovが3分の1、という感じ。
*2014年現在、外国の高校出身の学生もスウェーデン人と同じ枠で審査されます。

1.高校の成績グループも選抜時にはいくつか分けられています。高校の成績を直接使っているグループ(BI)、高校新卒グループ(BIex)、Komvuxなどで成績を補填したグループ(BII)、Folkhögskolaに行った人グループ (BF)、など…。私はBIグループでした。高校の成績が目標に足りない場合でも、Högskoleprovの枠で合格を目指す方法があります。

2.Högskoleprovとは、日本でいうと大学入試センター試験に相当する試験で、受験は任意です。試験は年に2回あり、何度でも受けられ、有効期限内に受けた試験で一番いい点数を使うことができます。内容も暗記が必要な日本のセンターと違い、スウェーデン語の語彙・読解、英語読解、簡単な数学、図形理解、論理的思考などで、2.0点満点です。
スウェーデン語語彙はネイティブにとっても難問だそう。私も去年の10月に試しに受けてみましたが、語彙部分の出来をあげるのは無理そう…と思いました。他の部分は、練習すれば外国人でもある程度まで点を上げられると思います。


◆合格するのにどの位の成績・点が必要になるかの目安として、過去のデータを見ることができます。
UHRのウェブサイトAntagningsstatistikか、大学のHPに載っているantagningsstatistikで調べられます。高校の成績はメリットポイントを足した後の点なので、2014年現在、22.5点が最高点です。

メリットポイントについて→高校の成績、メリットポイントについて

このデータを参考に、どの大学・プログラムならば入れそうか、Högskoleprovを受ける必要があるかなどが考えられます。私の場合、高校の成績換算がよかったのでHögskoleprovは一回お試しで受けただけ。

春秋両方募集があるプログラムは、春入学の方が難易度が少し低くなる傾向があります。秋入学しかない場合もあるので注意。

◆最後に…
ここに紹介した仕組みは、2014年度のものです。スウェーデンの学校のシステムは頻繁に変わるので、この記事はあくまで参考にしていただいて、実際に受ける年の情報をご確認ください。







[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-08 19:35 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(2)


スウェーデンの大学(学士課程)に入るには―必要条件・出願編

スウェーデンの大学の学士課程に入る手順は日本と大分違います。修士課程や交換留学でスウェーデンの大学で勉強するのは、英語のコースもあるしそんなに難しくありませんが、学士課程のコースはほとんどがスウェーデン語。どうやって入るかなどの情報もスウェーデン語でしか見つからないことが多いので、だいたいどのような仕組みなのか、入るには何が必要なのか、興味がある方のために紹介したいと思います。

◆必要条件について。
学士課程にスウェーデン語で入る場合に必要になるのは(2014年現在)
・高校の卒業資格…日本の高校の成績証明書を送り、スウェーデンの評価表方法に換算してもらう必要があります。
・英語の資格…日本の高校英語はカウントしてもらえないので、Komvuxで勉強するか、IELTS, TOEFL等のスコアを提出するかが必要。こちら参考
・スウェーデン語の資格…高校卒業程度のスウェーデン語資格(SAS3、旧Svenska B)。Komvuxや大学で勉強するか、TISUS試験を受けるかすると取れます。
・そのコースが課している必要条件(例えば理系だと、物理が要る、などなど。)

高校の成績変換についてはこちらの記事を参照→高校の成績査定の結果

◆授業料について(2014年現在)。
スウェーデンやヨーロッパ*の学生、スウェーデンに永住権か労働ビザ・家族関係による居住許可を持っている人については無料です。
が、修士課程・学士課程ともに、ヨーロッパ外からの学生で、学生ビザしか持ってない人には授業料がかかります。つまり、目的が留学で「留学の為の居住許可」を取ってスウェーデンへやって来た日本人の学生には、授業料がかかります。修士課程では大学の制度で授業料を免除してもらっている人もいましたが、学士課程にそういう制度があるかは不明…個人的には聞いたことがありません。そして授業料、かなり高いです;

*EU, EEA(European Economic Area)とスイス

◆選考プロセスについて(2014年現在)
全てのコースの選考プロセスは一元化されていて、Antagning.seというサイトを通じて出願をします。
出願→一次選抜→コースを取るか辞退するか決めて返答→二次選抜
という流れです。

選抜は春・秋の2回。春学期(1月)に始めるには前年の10月半ば、秋学期(9月)に始めるには4月半が出願の締切です。(コースによっては遅れて出願できるときもあるけれど、締切に出願した人より後回しになります。)

出願する時点で希望順位を決めて、もしも希望順位が上位のコースに受かったら、45ETCS単位を超える下位のコースは自動的に選外になるので、「受かってから選ぼ~」という決め方ができません。この希望順位の決め方は後で重要になってくるので、出願する方はサイトの説明をじっくり読んでみて下さい。

次回は選抜について書きます。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-08 06:07 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(0)


秋から大学一年生!

今日(6日)は秋学期の大学コースの第二次選抜の発表でした。
第一希望のルンド大学の法学部(Juristprogrammet, 4年半の法律家プログラム)に合格しました!

授業はスウェーデン語です。今まで受けていた大学のコースは一学期ごとに応募する単発の独立したコースでしたが、今度始めるのは学位取得までまとまったプログラム。4年半のプログラムを修了するとJuristexamenという法律家の職業資格がもらえるので、それを目指して頑張ります!将来的な進路は卒業するまでにゆっくり考えるつもりですが、今のところ、企業の法務部や金融機関で働けたらいいなーと思っています。まだまだ、何年も先の話ですが…!

スウェーデンでJuristprogrammetがある大学は6つだけ。この秋はルンド大学が一番難易度が高かったようで、もしも他の大学に応募していたら、私の成績だと7月の第一次選抜の時点で入れていたみたいです…。応募の締め切りは4月だったので、二次の8月まで結果を待つのはとっても長く感じました。細かい大学入試の仕組みについては次の記事で紹介しますね!

スウェーデンの大学入試の仕組みは日本とはかなり違います。入試って書くこと自体迷うくらい。
私も今回の選抜では試験などは受けず、高校の内申点を使っての応募でした。日本で同じように学部から入りなおそうと思ったら、猛勉強・暗記で大ごとですが、スウェーデンではいわゆる受験勉強せずに大学に入れるようなシステムになっています。なので、社会人を経験した後で大学に入る人もたくさんいます。、秋からの新入生にも私くらいの人や、もっと上の人もちらほらいるようです。同級生はどんな感じか、楽しみです。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-07 05:51 | 日常、自分、家族 | Comments(1)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
はじめまして。 いつも..
by san at 22:18
もみじさん、お返事ありが..
by nemuko0 at 08:17
> nemuko0さん ..
by Hiroshima-Momiji at 08:02
はじめまして!スウェーデ..
by nemuko0 at 06:34
ありがとうございます!
by Akiko-kaza at 18:00
> ゆうこさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 01:23
ウィーンのゆうこです!ブ..
by ゆうこ at 18:41
> Masaさん そう..
by Hiroshima-Momiji at 01:04
スウェーデン語なんですね..
by Masa at 17:20
> Akiko-kaza..
by Hiroshima-Momiji at 00:10
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧