広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧



高校の成績、メリットポイントについて

前回の記事に書いた高校の成績の点数のシステムについての補足です。

大学入試選考時の成績の換算について。

まず、高校の成績査定の結果からは、自分の成績が20点満点中何点かということが分かります。

ここに、「メリットポイント」というポイントが加わります。

スウェーデンの高校で勉強した学生は、余分に履修した数学と外国語によって最大2.5点のメリットポイントが付きます。

外国の高校で勉強した学生は、同じ計算方法ではなく、上記の20点満点中何点だったかによってメリット補填ポイントが決まるそうです。例えば、19点以上の人は最高の2.5点のメリットポイントが加算、18点以上19点未満には2.25点加算、というように計算されます。

私は幸い2.5点加算だったので、これで計算すると合計21.97点となり、かなり選択肢が広がることが分かりました。

詳しくはこちら参照→Så här räknas betygen omの見出しIstället för meritpoäng

以前は外国高校出身者にはメリットポイントを加算せず、外国人枠グループで選考が行われていたそうですが、それだと外国人枠の競争がかなり激しく不公平だったため、改正されてこのようなシステムになったそう。教育制度も変更が多く、把握するのに一苦労です。


高校の成績が希望学部に達しないときは、Högskoleprovという試験を受けて、その成績で勝負することもできます。この内容も、親戚から聞いた限りですが思考能力を測るもので、センター試験のように沢山暗記しないといけない、という類のものではないそうです。さすがスウェーデン、教育への道は開けています。


ちなみに、ルンド大学の入試のデータをざっと見たところ、難関学部はエンジニア(工業経済専修)、心理臨床師コース、医学のようです(特に後者2つは超難関!)。このような人気学部は応募する人の成績が皆良く、高校の成績だけでは差がつかないのでHögskoleprovなどの別の要素も関わってくるそうです。文系では法学部・経済学部が合格最低点が高いです。

過去の入試データはUHRのページから調べられます→antagningsstatistik

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-25 07:00 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(2)


高校の成績査定の結果

高校の成績をスウェーデンの成績に換算したらどうなるか、以前査定に出していたものの結果が返ってきました。もし今後、大学の学部や職業専門学校に入りたいときはこの結果を参考にすることができます。


1月末に電子申請していて、6か月ほどかかるとHPに書いてあったので、2ヶ月未満で届いてびっくりです。
教育機関はいろいろ組織改正があったようで、2013年現在Universitets-och högskolerådet という機関が査定をしてくれます。電子申請ではあくまで今後の参考にするためのもので正式に登録されているのではないそうですが、実際に応募するときどういう判定をされるのか事前に知ることができます。

結果はこんな感じでした。各科目がどの科目に当たるか、という判定で、Aコース、Bコースは科目名で、科目ごとの成績は出ません。全部をまとめた成績評価がもらえます。

国語→Japanska steg 7(日本語ステップ7)
数学I・II・A・B/数学演習→Matematik kurs D(数学Dコース)
世界史A・B/日本史A→Historia kurs A(歴史Aコース)
現代社会/政治・経済→Samhälskunskap kurs A(公民Aコース)
保健・体育→Idrott och Hälsa kurs A (保健体育Aコース)


日本の数学って強いと聞いていましたが、本当だったようです。数学は理系や医学部でもDまでしか必須でないので、文系の私も一応理系レベルの数学の条件を満たしています。

逆に、英語はゼロ評価。ただこれは、IELTSやTOEFLのスコアで基準を満たすこともできます。私は大学院応募の時にIELTSスコアを提出しているので、大学応募に必要な英語資格は登録済み!
スウェーデン語の基準さえ満たせば、文系の学部には応募できる内容です。

理科の単位も何にも変換されませんでした。高校では理科総合A・Bと地学Iをとっていたのですが、理科総合ではだめなのかなあ。ちなみに地学はスウェーデンの高校ではないようで、化学・生物・物理のどれかを履修していたらもしかしたら変換してもらえたのかもしれません。足りない科目はKomvuxで履修できます。


成績も変換されます。内申点のような感じですが、大学入試の選考基準にもなります。5段階評定で平均を計算して換算されるそうで、5点満点中何点かが書いてあります。それを自分で4倍して、20点満点で何点かを計算します。

この20点満点の点に「メリット・ポイント」という点が加算されたものが、大学入試の時の基準になるそうです。これについては当初外国人は全くもらえないと誤解していたのですが、HPで新事実を発見したので次の記事に詳しく書きます。
高校の成績、メリットポイントについて


スウェーデン語が終わった後の進路はまだちょっと先の話ですが、目安になる結果が早めにもらえてよかったです。

ちなみに、成績変換のために必要な書類は高校の成績証明書+卒業証明書です。
英語版がベスト。日本語しかない場合は翻訳の公証が要ったりちょっと面倒みたいです。

そして、学校教育法とやらで、成績証明書は卒業後発行できる期間に限りがあるそうなので、スウェーデンに移住の予定がある方は早めに用意されることをおすすめします!

*2017年5月追記
最近成績換算をされた方の記事(→リンク)もぜひご参考ください。私の情報もだんだん古くなってきているので。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-22 00:38 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(6)


楽器を持って飛行機に乗ったときの話

今さらになってしまいましたが、今日はスウェーデンに引っ越してきたときの手荷物について。

留学のときと違って今回は本格的に移住なので事前に段ボールで荷物を送っていましたが、それでも貴重品や郵送できないもので飛行場に向かうときは大荷物。

私の場合、特に苦労したのは楽器(アルトサックス)!!

預け入れ荷物にして乱暴に扱われては困るので、何としてでも手荷物として機内持ち込みしたかったのですが、ネックは楽器の大きさ。私のアルトサックスはケースの長辺が62㎝だったのですが、多くの航空会社の機内持ち込み手荷物規定は、「最も長い辺が55㎝以内であること」となっていました。各辺を足した長さは既定の範囲内なんですが、一番長い辺が7㎝オーバー・・・こういうのってどのくらい大目に見てもらえるんでしょう。

そこで、色々な航空会社の規定を調べ、楽器持ち込みについて寛容な航空会社を選ぶ作戦に。
ラッキーなことに、大韓航空・オランダ航空は楽器についての記述があり、「辺の合計」が既定のサイズ内なら持ち込み可、となっていました(最も長い辺については記述なし)!しかも、値段と乗り換え時間を見てこの飛行経路が一番リーズナブルだったので、大韓航空・オランダ航空乗継便に決めました。(規定は変更もあると思うので、これから試す方は最新のものをご確認ください。)

アルトサックスは比較的小さいので、この規定内に収まりました。もし規定に入らない大きな楽器を機内持ち込みしたいときは、一人分座席を買わないといけないみたい…

飛行機移動のため購入したキャリーケース。このケースだと若干キーが押されるので、保管用に元のケースも箱で梱包してスウェーデンに送りました。
d0074320_361967.jpg

楽器に加え、ノートパソコンも機内持ち込みにしたいもののひとつ(精密機械だからね)。
それについても、+αの荷物としてブリーフケース・女性のハンドバック等を持ち込み可能となっていました。

なので

メインの荷物=アルトサックス、+α荷物=PCの入ったブリーフケース

という形で乗り込みました。もちろん、カーディガンやちょっとした化粧品などの身の回り品も必要なので、ブリーフケースに頑張って詰め込み、荷物2つ以内に収まるようにしました。機内では身の回り品だけエコバックに詰め替え、残りは荷物スペースへ。

それにしても、アルトサックス+ノートパソコンは重かった…空港ではカートに乗せて運びました。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-16 03:08 | 手続き関係 | Comments(3)


早稲田SILS卒業後、海外の院に出願する方へ

昨年ちらっと書いたのですが、スウェーデンの大学院へ出願した際、成績証明書の書式の関係でスウェーデン中央機関に学士号が認められない、というトラブルがありました。
追加書類の提出により、先日やっと正式に学士号が認められました。

大学にも形式改善の要望を出し、改善に向けていろいろ検討もされているそうなのですが、実際に変わるまでにはもう少し時間がかかりそうです。それまでの間、これから早稲田の国際教養学部から海外進学する学生さんが、私と同じトラブルに遭わないように、私の体験・わかったことを記したいと思います。

[経緯・詳細]
スウェーデンの大学入試は全て中央機関Universityadmissions.seを通して行われ、外国の学位の審査もこの中央機関が行います。私の成績証明書は、1年間の交換留学中の単位38単位は一番下の別枠に小さく記されているのみで、総取得単位欄には早稲田大学内で受講した単位数97単位しか表記されていません。この単位が別々に表記してある点が中央機関に認められず、私の学士号はスウェーデンの学士号の基準を満たさない、と評価されてしまいました。中央機関に問い合わせた結果、すべての単位が同一の証明書に記入されていない限り学位は認められない、と回答がありました。

留学中の単位について説明の補足証明書を発行してもらい提出した結果、先日やっと学士号が認められました。しかし、現在の成績証明書の形式では、今後も追加の補足資料なしでは認められないとのことです。

[対策]
海外の大学院へ書類を出す際、安全策として私がおすすめするのは、留学中の単位も含め卒業総取得単位がいくつである、旨が書いてある補足の証明書を他の証明書と一緒に送付すること。この補足の証明書は、事務所で発行してもらえます。
また、留学中の大学からの成績証明も提出の必要があるので、早めに入手しておくことが肝心です。


[解決するまで大変だった…]
まず、スウェーデン大学入試の課程には中央機関と各大学がかかわっており、責任部署を探し当てるまでに各機関へ何度も連絡しなければなりませんでした。連絡受付時間が限られており、英語が通じにくい担当者に当たったり、たらい回しにされたりと等紆余曲折があり、結局はスウェーデン人である夫に電話をしてもらうことで、なぜ学位が認められないかがやっと分かりました。大学も現在違う書式で発行はできないとのことで、板挟み状態…。事務所の方に希望の大学へメールで説明などしてもらい、昨年の入学は特例で認められましたが、中央機関では私の学位は認められていないままでした。再び交渉を開始し、補足の証明書を送り、最終的に認められるまでに書類を送ってから2ヶ月近くかかりました。


今はやっと解決し、ほっとしています。
この記録が少しでも、他の学生さんの役に立ちますように。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-11 20:06 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(3)


院、お休みします。

3月に入って、だんだんと日が長くなってきました。天気の方は、すごく天気が良くて春日和の日もあれば、今日は吹雪いていたり、とこっちでも三寒四温ってあるのかしら、といった感じです。

今日は今学期の過ごし方について。
大学院の方は、今学期からお休みすることにしました。

お休みする理由は主に2つ。

ひとつは、スウェーデン語の勉強に集中するため。スウェーデンで将来ずっと暮らし、働くのならばスウェーデン語の習得は必須ですが、大学院の授業と同時進行だと、どうしても後回しになりがち。(ちなみに、大学の授業は英語でした。)

もう一つは、選んだ科目が本当に自分に合っているのか、将来の職業につながるのか、という疑問が日に日に大きくなってきたため。医療系バックグラウンドがあれば、または国際的な活躍を目指しているならばもっと色々な将来の選択肢があるのでしょうが、私は全く畑違いの分野出身だし、将来はスウェーデン国内で働きたいと思っているので、NPOやボランティア団体の職員を目指す、あるいは、研究者を目指すかしか選択肢が見えてこず、それも自分に合っているのか甚だ疑問に思えました。疑問に思っている勉強に時間と労力を費やすのはもったいない。正直、こう感じ始めてからのグループワークの負担感は大きかったです。


随分悩みましたが、学習アドバイザーとも相談して、大学院はお休みしてまずはスウェーデン語の習得に専念することにしました。学期はもう始まっていたのですが、それでも休学の申請はできるとのことで一安心。将来大学院のコースに戻るかどうかは、まだ決めていません。スウェーデン語勉強中にしっかり考えたいと思います。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-11 06:28 | 日常、自分、家族 | Comments(0)


歯の保険Frisktandvårdへ加入

先日、Frisktandvårdという歯の保険へ加入しました。

Frisktandvårdとは(私の理解した範囲でまとめると)、
月々保険料を払うと、保険に加盟している公定な歯科医院での定期検診や虫歯の治療の費用が保険でカバーされる(美容・矯正・歯の欠損のためのインプラント等は除く)、というものです。
申し込み前に歯の検査をして、その状態によってリスクグループに分けられ、保険料が決まります。保険料は3年間固定で、更新時にまた検査をして次の値段が決まるそうです。
この保険は地域性なのですが、別の地域に引っ越しの時は移行もできるそうです。

以前にも話を聞いたことがあり気になっていたのですが、先日友人と虫歯にならないうちに行った方がいい!という話をして、思い切って近くのFolktandvårdへ電話して予約しました。(スウェーデン語で電話しようと思うとまだまだ勇気がいりますが、案ずるより産むが易し、でした。)

当日はアレルギーについて、飲んでいる薬等の質問と、検査(レントゲンも)がありました。幸い虫歯も何もなく「とてもいい状態よ!」とのことで、最低料金45krで加入できました!虫歯なくてよかった~!
支払いは口座引き落としだそうで、口座番号を控えていなかった私は後日出直して申し込みました。


スウェーデンの歯科医院は公的・プライベートの両方ありますが、公的な歯科医院もけっこう値段が高いです。

子供には優遇があって、公的な歯科医での19歳になる年までは歯科検診・治療は無料ですが、大人になると有料になります。私の場合、今回の歯科検診も680kr(今のレートだと1万円くらい)かかりました。治療費は地域ごとに基準があってFolktandvårdenのHPで調べられます。

実際に治療してないのではっきりとはわかりませんが、虫歯の治療をするとなる(詰め物したりとか)と数万円はかかるのかな?って感じです。日本で定期検診や治療をしたときは数千円とかで済んだのですが、検診だけでそんなにかかると中々行くのも億劫になります!この値段を見て今回保険の申し込みを決めました。


ちなみに、Erikが先日歯科医にかかったときは、医療保険の方の補助金?みたいなものも出たとのこと。このシステムについてはまだよく分かりませんが、引っ越してきたばかりの私にはあんまり関係ない補助金らしいので、保険に入っていた方が安心・お得かな、と思います。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-09 06:39 | スウェーデン事情いろいろ | Comments(3)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> moziraさん ..
by Hiroshima-Momiji at 20:27
お久しぶりです! おめ..
by mozira at 03:11
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
> swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 19:28
つい最近質問させていただ..
by swift4869 at 18:57
> Swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 18:54
お忙しい中すみません。 ..
by Swift4869 at 23:08
> すべりげさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 00:35
もみじさん初めまして! ..
by すべりげ at 11:52
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧