広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧



4月18日、プラハ

4月、母が父の駐在先に会いに来たので、私も合流してプラハ・ウィーンに旅行に行って来ました。デュッセルドルフからプラハへのいい直行便がなかったので、両親はコペンハーゲン空港で乗り換え。そこから乗る私と合流しました。ドイツの方がチェコに近いのに(笑)

プラハ最古の橋、カレル橋。
d0074320_652555.jpg

露天やストリートミュージシャンがいっぱいで、橋の上はにぎやか。
d0074320_6541784.jpg

チェコのお土産や民芸品は色が鮮やかですてき!民芸品のマリオネット(操り人形)のお店もこの通り。ちなみにこの日の夜はマリオネット劇を鑑賞しました@
d0074320_714026.jpg

ヨーロッパ(特に南欧)からの旅行客が多いプラハでは、ヨーロッパにしては珍しく、お店が夜遅く(10時くらい!)まで開いていました。

夜のカレル橋とプラハ城。水に映って幻想的です。
d0074320_7101278.jpg

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-31 07:10 | その他ヨーロッパ旅行 | Comments(1)


春のルンド

ドイツに行く前に、春に撮ったルンドの写真を載せておきます。

5月はじめ、花満開の大学本部。
d0074320_16322160.jpg


かわいい町並み。
d0074320_16403366.jpg


大聖堂。
d0074320_1632412.jpg

ちなみに大聖堂の中はこんなかんじ。
d0074320_16432413.jpg
d0074320_16433969.jpg

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-27 16:44 | 北欧観光 | Comments(3)


ちょっくらデンマーク旅行:アンデルセンの故郷オーデンセ

コペンハーゲンに留学中のなつこちゃんを訪ね、隣国デンマークへ。
ルンドからコペンハーゲンまで電車で1時間なので、国が違うのに移動は気軽です◎

コペンハーゲンから電車(Inter-City)で1時間半、童話作家アンデルセンの故郷オーデンセOdenseに到着。想像よりも大きな町でびっくりしましたが、栄えた町の部分もあれば、かわいらしい町並みもあって、歩いて楽しむにはぴったりの町でした。
d0074320_6543045.jpg


アンデルセン博物館や、アンデルセン幼少の家などに行きました。
d0074320_6554264.jpg

アンデルセンが幼いころ過ごした家。貧しかったので、小さな建物に他の2世帯とともに住んでいました。アンデルセンの家族の部屋は小さい部屋ひとつだけで、ここで家族で住んでいたのかと、びっくりします。

アンデルセンの切り絵『太陽の顔』のモチーフが、町のいたるところにありました。
d0074320_658258.jpg

アンデルセン公園。
d0074320_6584742.jpg


留学前、『北欧の研究』という授業でアンデルセンについて調べて発表したので、今回彼の生まれた町に行けて、調べたときのことをいろいろ思い出しました。行けてよかった!


この日の夜はなつこちゃんのところに泊めてもらい、翌日は2人でコペンハーゲン市内へ。

ニューハウン。コペンには何度も来てるのに、ここは初めてでした。
d0074320_713521.jpg

おしゃべりもできたし、デンマークのいろんなところが見られてよかったです♪ありがとう!


明日はshioがルンドを発つ日。みんなで一緒にコペンハーゲンまで行って遊んだ後、私は夜の飛行機でまたデュッセルドルフに行きます!週末に父とハンブルク・リューベック・ブレーメンあたりを旅行し、一週間後にルンドに戻ってきます。帰ってきたら帰国まであっという間だなー。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-27 07:13 | 北欧観光 | Comments(3)


コッツウォルズ最終回

Bourton-on-the-Water ボートン・オン・ザ・ウォーター。
d0074320_6272819.jpg

名前に水とあるように川が流れていて、両岸にかわいいお店が並んでいる村でした。
村をそっくりミニチュアにしたパークや、小さなミュージアムなどもあり、他の村より観光地っぽいかんじがしました。日本の温泉町みたい。

最後の村に行く途中に降り立った丘には、こんなものが。Rollright Stonesと呼ばれているそうです。
d0074320_6301835.jpg

こっちのは小さいけど、ストーンヘンジにそっくり!誰が何のために作ったのかわかっていないそうです。数えるたびに石の数が違うという言い伝えまであったり・・・。試してみようと一緒に行った友達と数えたら、二人でまったく違う数になっちゃいました。。

眺めはこんな感じでとってものどかです。
d0074320_6332696.jpg


最後に行った町は教会をみたくらいなので省略。

かわいい町をのほほんと巡れて、楽しい1日でした♪(追加するかもしれませんが)これでイギリス編は一応終了。

旅行のペースに更新がついていけていないので記事の時系列ずれてしまうと思いますが、思い出のためにも少しずつ書いていこうと思うので、よろしくおねがいします!
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-25 06:43 | その他ヨーロッパ旅行 | Comments(4)


コッツウォルズ②イングランド一美しい村、バイブリー

コッツウォルズツアーのつづきです。

美術工芸家ウィリアム・モリスが「イングランドで一番美しい村」と称賛したほど美しいことで有名な村、バイブリー。素朴でかわいらしい家がたくさんあります。
d0074320_1910259.jpg

マスの養殖場でも有名です。ここで食べる鱒料理はとってもおいしいらしいですが、今回はツアーなのでランチは食べませんでした。
d0074320_1845511.jpg

マスが育つ場所だけあって、水は青く透き通って本当にきれい!鴨もたくさんいました。
d0074320_18531167.jpg

17世紀に織物職人の家だった、アーリントウ・ロウの家並み。
d0074320_18543339.jpg



どうしてコッツウォルズ地方には古い家や町並みが残されているのか、ガイドさんが説明してくれました。

中世、コッツウォルズ地方は羊毛で栄えたのですが、時代の流れとともに綿が主流になり、羊毛はもうからなくなりました。そこで、金持ちの人はみなコッツウォルズ地方を去り、残ったのは貧しい人たちだけとなりました。貧しいので新しい建物を建てたりすることはなく、昔の建物をずっと使い続けたので、現在まで中世の町並みが残された、というわけです。

現在ではこの地方の家は人気で高いので、貧しい人が住んでいたころとは打って変わり、お金持ちの人が住んでいるとか。

なかなか納得の説明でした@


バイブリーを離れて、次の村に向かいます。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-18 19:05 | その他ヨーロッパ旅行 | Comments(3)


北欧最古の大学がある町、ウプサラ

前回はフェスティバル中心の記事だったので、今回はウプサラの町の写真を紹介します。

ウプサラはルンドと同じく大学の町と聞いていたのですが、ルンドよりもだいぶ大きな町でした!
北欧で最大規模だとか。川沿いの景色がとってもきれいです。
d0074320_5503949.jpg

夕方、川べりに座って語らう人々を見ていると、京都の鴨川を思い出しました。
d0074320_5505975.jpg



大聖堂。大火で炎上し立て直されたので建築は新しいのですが、スカンジナビア最大級の大聖堂だそうです。
d0074320_556335.jpg


ストックホルムから電車で30分程と近いのですが、都会っぽい雰囲気もさびれた雰囲気も全くなく、落ち着いたすてきな町でした。大聖堂や大学の建物のような建築物や川、緑がいっぱいの公園があり、自然と歴史が調和した町、という印象でした。

ルンドも大好きだけど、ここで大学生活を送るのもすてきだろうなーと思いました。
(でもルンドよりも緯度はけっこう上なので、明るい春夏がいいかも!)
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-14 06:03 | 北欧観光 | Comments(3)


STORK2008--学生楽団フェスティバル!

5月9日から11日にかけて、スウェーデンの学生オーケストラのお祭り、STORK(=STudentORKesterfestivalen i Uppsala)に参加するため、ウプサラまで行ってきました!

このお祭り、隔年でウプサラとLinköpingで場所を変えながら行われており、今年は全国から34の団体が集まりました。なんとフィンランドからも1団体!ウプサラの中にあるネーション、野外会場をはじめとしたいろいろな場所で演奏したり、他の団体の演奏を聴きにいったり、という音楽祭りです。私もAlte Kamererenの一員として参加しました!

朝8時。ルンドからウプサラまで、約9時間のバスの旅に出発!
バスには(もちろん)お酒が積み込まれ、みな大盛り上がりで飲んでいました。
夜6時ごろ到着。お祭りにチェックインをして、夜はネーションでコンサートです。
d0074320_6503847.jpg


夜は2晩とも学校の体育館で、計4団体とともに雑魚寝・・・。もちろん男女同じ部屋です。中学生の部活合宿みたい。

2日目は朝からパフォーマンス!これは前に演奏していた団体。
d0074320_6522541.jpg

それぞれ違うユニフォームを持っています。軍服みたいなのや、つなぎのようなのや様々。でもAKのが一番かっこいい!と思っちゃいました。

演奏後日なたでリラックスのバンジョーニストたち。
d0074320_6541521.jpg


その後、野原で昼食のあとパレード。
d0074320_755280.jpg

すっごくいいお天気で、この前買ったばかりのルンド大学キャップが大活躍でした。
でもスウェーデン人、こんな強い日差しの下でパレードした後も、まだ日なたで休憩しているのです。ひー!いくら冬に日が短いからとはいえ、そんなに太陽に身をさらすなんて、真夏にスウェーデン人と一緒に行動するのは、ちょっと無理かも><

一休みの後はステージで演奏。
夕方から夜はまたネーションで演奏。最後の演奏は夜中の1時半からで、トリでした!アルコールで盛り上がっている観客は、何を聞いても盛り上がるのでしょうが、それでもあの中で演奏するのは楽しかったです@


今回、前の日記で書いたように、相当ハードだろうと覚悟して行きました。楽しさだけでどれだけ体力的タフさを乗り越えられるか、一種の試みでした。そして、意外にも大丈夫でした!!帰ってきた今も、そんなに疲れていません◎

今回Alte Kamererenのメンバーと2泊3日まるまる一緒に過ごしてみて、思いっきりはじけるスウェーデン学生の本当のお祭りを実体験することができました。スウェーデンに留学している日本人で、こんなお祭りに単身乗り込んだ人はそう多くはいないだろうと思うと、何事も度胸を持って挑戦することって大事だな、と思います。いい思い出ができて本当によかった◎
d0074320_7212111.jpg

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-13 07:22 | 学生楽団 Alte Kamereren | Comments(1)


緑の中のロードレース大会

5月5日、マルメの公園で女子ロードレース大会がありました。
d0074320_5272143.jpg

私はAlte Kamererenと、応援の演奏団として参加。レースコースはくねくねしてますが、私たちは近道をしながらコース脇で演奏して、走っている人を応援する、といった具合です。
d0074320_5285857.jpg

森の緑に赤のユニフォーム、栄えてる!

このレース、市民レースのような感じで、一生懸命早く走っている人もいれば、のんびりしゃべりながら歩いている人もいたりと、参加の仕方はひとそれぞれでした。中には車椅子を押しながら参加したりという人も。

開催地の公園は緑や湖がとってもきれい。
d0074320_5383797.jpg
自然がいっぱいの中でレースに参加するのはとっても気持ちよくて楽しそうに見えました。演奏している仲間もみな初夏を満喫していました◎

d0074320_5392864.jpg

Pildammsparken(pil=柳、damm=池)という名前の公園だけあって、大きな池は緑を映してとってもきれいです。
d0074320_5401477.jpg

すべての走者がゴールした後、私たちも演奏しながらゴール。参加賞のメダルをもらいました。


明日から、このAlte Kamererenとルンドと並ぶ大学の町、ウプサラに行ってきます(ルンド大学とウプサラ大学がスウェーデンで一番有名な大学)。金土日と、学生楽団のお祭りSTORKがあるのです!

ものすっごく楽しいらしいお祭りですが、私にとっては体力の限界に挑戦する旅。バスで片道8時間か9時間くらいかけて行く上に、夜は学校のどこかの床で寝るそうなので、寝袋とマットレス持参・・・。プラス、さんさんの太陽の下演奏、夜は演奏とパーティー(酔っ払った他の団体さんがいて、きっと寝る場所にも聞こえるスウェーデン式騒音パーティー・・・)です。

ひー、なんてタフなスウェーデン人たち!!大変そうだけど、こんなお祭りに参加できるのも今回限りなので、思い切って行ってきます!
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-09 06:01 | 学生楽団 Alte Kamereren | Comments(3)


コッツウォルズツアー①幽霊屋敷

しばらく旅行続きで更新がとまっていました。最近の旅行のことを書く前に、イギリス編を終わらせたいと思います!

4月12日。
ずっと行きたいと思っていたはちみつ色の村、コッツウォルズへバスツアー。


オックスフォードからは車で1時間程でとっても近いのですが、コッツウォルズというのは小さい村々の総称。公共交通機関は乏しいので、車がなければ回るのは難しいとのことで、やっとのことでオックスフォード発のバスツアーを見つけ、語学学校の友人と参加してきました!


最初の村、Minster Lovell. 幽霊が出るという古いお屋敷があることで有名です。

幽霊屋敷の前に、村の道にある壁を見てみましょう。
d0074320_811381.jpg

コッツウォルズがはちみつ色なのは、この地方で取れる石がはちみつ色をしているから。この壁もその石でできています。接着剤を使わず積み上げて立てる方法で作られた壁。当時は材料費節約のための安い作り方でしたが、今はこの作り方を知っている人がほとんどいないため、コンクリートなどの接着剤を使う方が安いそうです。

いよいよ幽霊屋敷に到着。表から見ると、お墓に囲まれているもののそんなにこわそうには見えませんが・・・
d0074320_812955.jpg

奥に行くと、年月によりかなり壊れています。ここに住んでいたLovell一族には不運な出来事がいくつかあり、亡くなった幼い花嫁やLovell卿の幽霊が出る、といわれているそうです。
d0074320_815061.jpg

まわりはのどかな風景。幽霊なんて出るのかしら。。
d0074320_825928.jpg


次は「イギリス一美しい村」、バイブリーに向かいます。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-05-07 08:03 | その他ヨーロッパ旅行 | Comments(2)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
> swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 19:28
つい最近質問させていただ..
by swift4869 at 18:57
> Swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 18:54
お忙しい中すみません。 ..
by Swift4869 at 23:08
> すべりげさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 00:35
もみじさん初めまして! ..
by すべりげ at 11:52
> sanさん スウェ..
by Hiroshima-Momiji at 19:56
> Hanamiさん ..
by Hiroshima-Momiji at 19:51
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧