広島もみじの冒険日誌 in Sweden


<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



デンマークに一番近い町、Helsingborg

私がいま授業を受けている町、Helsingborg(ヘルシンボリ)は、海を挟んで向こうにデンマークが見える、デンマークに一番近い町です。

先週、クラスメートのAndreaに案内してもらい、ヘルシンボリ初観光をしました@

Kärnan(シャーナン)と呼ばれるお城。
d0074320_20465740.jpg

中世にデンマークと戦うときの防砦だったそうです。
階段を上っていくとこんな塔にたどり着きます。ちょっと絵にならないかんじの塔です。でもここから町を見下ろす眺めはなかなか◎
d0074320_20274642.jpg

海沿いの道。散歩するのにぴったりです。
d0074320_20303824.jpg

ヘルシンボリには、わりと平坦なルンドやマルメと違って小さな山があります。
夏には家族でピクニックに来る人が多いそう。

山の上にある、木のトンネルをくぐった先には、海が見えます。
d0074320_20341443.jpg



私の故郷、呉は山と海の両方がある町でした。
家があるのは四方が山に囲まれたところでしたが、高校があった中心地は、港町。窓からはいつも海が見えました。そして、海には瀬戸内海の島々。

高みから海を見下ろし、島のように見える対岸のデンマークを見ていると、妙に懐かしい気持ちになりました。


案内してくれたAndreaは、ベネズエラ出身のお姉さん。スウェーデン人ボーイフレンドとその家族と暮らすため、半年だけスウェーデンに来ています。
ヘルシンボリにあるお家におじゃましました!
d0074320_20473767.jpg

窓が大きくて光がさんさんと降り注ぐリビング。スウェーデン人は太陽の光が恋しいんだな、と思いました。

ベネズエラのブランチ、アレッパ
d0074320_20512874.jpg

とうもろこしが元の粉で作った生地に、卵や野菜やハムなど、お好みで挟んで食べます。
おいしかった♪


まだまだ見てないところがたくさん。いっぱい冒険しようと思います。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-27 20:53 | 北欧編 | Comments(2)


教会での演奏会

土曜日。
AKの指揮をしているお兄さんが、教会で演奏会をするいうのでマルメまで行ってきました。
どんな演奏会かは分からなかったけれど、のこのこすることも兼ね、最近元気のないshioを誘って、二人でマルメへ出発!
d0074320_2325190.jpg

聖アンドレアス教会。モダンな教会でした。

さすがプロテスタントの国。スウェーデン人の多くはあまり宗教心が厚くないとはいえ、新しいのを含めると教会はたくさんあります。インターネットで地図を調べるとたくさん出てきて、やっとのことで場所をつきとめました。

演奏会は一種のチャリティーだったようで、聴衆はわりと年配の方がほとんど。

楽団は、本格的な吹奏楽でした。ユニフォームが軍隊の制服を模していて、みんなかっこいい!(下はshioからもらった写真)
d0074320_3101059.jpg

久しぶりに姿を見たチャイムやマリンバ。本格的な吹奏楽音楽。中学・高校と、吹奏楽部で練習していたころのことを思い出しました。私好みの現・近代の曲があったり、選曲もなかなかよく、楽しい演奏会でした@


この日の夜は、私が演奏する番。

マルメからの帰りのバス、今のshioには、AKのような面白い人たちに囲まれるのがいいんじゃないかと思い立ち、突然だけど演奏に誘ってみました。

この日はパーティーでの演奏依頼でした。行ってみると、色っぽいドレスを着た男性や、ターバンを巻いた人などが聞き手で・・・どうも、007がテーマのパーティーだったようです。
演奏に合わせて踊りだす人がいたり、演奏する方もされる側も楽しむ、というのがAKのいいところ◎

その後パーティーもあり、shioもなんと朝の5時まで一緒に残ってました。
楽しんでもらえて本当によかった!


同じパートErikが、”AK makes me happy, so I'm here” (「AKにいると楽しくなるから、ここにいるんだ」)と言っていました。ルドヴィグに誘われて行った日から、ずっと参加している私も、同じ理由なんだと気づきました。

音楽+人と人とのつながりを楽しむこと。
それができる場所だから、ここにいるんだなー。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-27 03:08 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(2)


春の気配

イギリスに留学に行くサビーナに会った帰り道、マルメの橋から見えた夕方の空。
もう、暗い暗い時期は終わり。
d0074320_7444888.jpg

マルメに行くときはなぜかいつも晴れで、川や公園がたくさんのマルメはとても美しい。
久々に行ったこの日もすがすがしい天気で、気温はまだ寒いけれど、散歩にぴったりのお天気でした。
d0074320_7481657.jpg

小広場。
暖かい時期になると、レストランのテラス席がいっぱいになります。

最近は日も長くなり、天気のよい日が増えてきました。
ルンドを歩いていると、黄色い小さな花がたくさん咲いているのを見つけます。


春は、もうそこまで来ている。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-21 08:00 | 北欧編 | Comments(4)


Kamrérbaletten30周年コンサート

2月16日のコンサート、無事終了しました!
見に来てくれたShio、まいちゃん、まりちゃん、Henrik、ありがとう!!
d0074320_6493578.jpg

今回のコンサートは、私の所属する学生楽団 Alte Kamererenの所属のバレエの30周年記念コンサートでした。普段のパフォーマンスと違って、ホールでのコンサートです。

写真から分かるように、この楽団はいわゆるきちんとした吹奏楽とは違います。「面白いことをして、音楽を楽しみながら人を楽しませる!」というのがモットーで、演奏者というよりはエンターテイナーと呼ぶべき人々。
この写真はソロを吹かせてもらった曲の写真。右前でサックスを持っているのが私です。

エンターテイメント要素は具体的に何か、少し紹介しましょう@

①服装
Alte Kamereren(AK)のユニフォームは黒のジャケットに赤いズボン(スカート)。
ジャケットにはメダルやワッペン、ロゴ、バッジ、るいぐるみ、などの面白いデコレーションがいっぱい。部室には面白い帽子がたくさんはいった大きな箱があって、今回はみな面白い帽子を被って演奏。
d0074320_6125144.jpg

メダルとワッペンは、演奏会や普段の活動に参加していたら折々にもらえるもので、この数の多さでどれだけ長く在籍しているかが分かります。

②バレエ
d0074320_619263.jpg

AKの所属のバレエ、日本でいうとチアガールのような感じです。曲に合わせて衣装を替え、ときには超色っぽく、ときにはコミカルに、お客さんを楽しませます。

そしてもうひとつのバレエ、Herrbaleten。
d0074320_6342031.jpg

d0074320_6344927.jpg

上はスウェーデンの軍隊。下は'色男'(?)たち。コメディ要素満載です。

③Spex(スペックス)
Spexとはスウェーデン語で道化芝居という意味。AKは音楽メインですが、芝居がメインのSpex劇団はすごくポピュラーなようで、ルンドにもたくさんの学生Spexがあります。
AKも、演奏しながら動くのはもちろん、他にもコミカルな要素をたくさん取り込んでいます。
d0074320_6385525.jpg

足でフラフープを回しながらトロンボーンを吹くルドヴィグ。

Spexグループの人に迫られ、私もSpexに参加することに。ダンボールでできた巨大カメラ(フラッシュ付)を抱えて、'色男'たちを撮る日本人観光客の役を演じました。
今まで、コミカルな役なんて私の柄じゃないと思っていましたが、最近考えを改め、思い切ることにしました。恥ずかしいという思いを捨てて、変な役、しっかり演じました!


エンターテイメント要素が大きいので、演奏には上手さが要求されていません。基礎練習もないことに初めはびっくりしましたが、お客さんも演奏者も楽しんでいるのを見て、いままでと違う音楽の楽しみ方があるのだと気づきました。


演奏会の後は、旧メンバーも参加の大きなパーティー。
私は食事係だったので、設営・準備・片付けと働いていましたが、それでも食事にダンスにおしゃべりで、充分楽しみました。始まりが遅かったので、満足するまで楽しんで帰ったらなんと朝の6時!でもちゃんと朝11時には起きましたよ@



毎日練習があって忙しかった一週間も終わり。
大きなイベントの後って、決まって寂しくなります。書ききれないくらい、思うことがたくさん。
余韻はきっとすぐに薄れてしまうけれど、思い出は、大事にとっておこうと思います。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-20 07:30 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(6)


ディナー企画、成功!

水曜日、Alte Kamererenのメンバーをディナーに招待しました!

このディナー計画、思いついたのは先週の金曜日。仲がいい人ともっと仲良くなるのと、まだそんなにたくさんは話してないけど気が合いそうな人と、話す機会を作ることが目標!早速メンバーの何人かに声をかけました。

なかなか連絡がとれない人もいたりして、もしやお兄さんと2人きり??という局面もありましたが、無事集まりました◎よかったー!

一人がベジタリアンだということで、ベジタリアン料理を作りました。ベジタリアンには大きく5種類あって、動物性のものは全部ダメという人もいれば、卵や乳製品は食べる人もいます。
このお兄さんは後者だったので、メニューに悩まなくて済みました@

*この日の献立*
・ベジタリアンラザニア
・サラダ
・キドニービーンズの甘煮(金時豆の甘煮の海外版)
・アップルケーキwithバニラアイス

どれもおいしいと言っていっぱい食べてもらえました。よかった♪豆の甘煮はスウェーデンにはないので日本料理として出したら好評でした。

普段のメンバーが大勢いる場所と違った、落ち着いたところでゆっくり話しができたし、最近コリドーに仲間入りしたフスボールでちょっと盛り上がったりと、楽しい時間が過ごせました@
ディナー企画、成功です!



実はこの週は張り切って料理をしたい気分で、このディナー企画の前にもささやかな企画が2つありました。

一つ目は土曜日、コリドーフィーカ企画。
トスカケーキ↓を作ってコリドーみんなでお茶を提案したら、普段そんなに料理しないルドヴィグまでパイナップルケーキを作ってくれました。
d0074320_5281884.jpg


2つ目は2月3日の節分。
shioと巻き寿司(サラダ巻き)と手巻き寿司を作って、フランス人のClemanceを呼んで日本料理ディナー。



人のために料理して、一緒に食べるのって楽しい♪
ディナー企画はまだまだ、進行形です。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-10 05:40 | ルンド留学2007-2008 | Comments(4)


Semlaを食べる日

2月5日。この日はSemla(セムラ)というお菓子を食べる日でした。

スウェーデンがまだカトリックだったころ、クリスマスとイースターに断食をしていました。Semlaはそのときに食べていたごちそう。中身がくりぬかれた甘いパンに、アーモンドペーストが混ざったクリームが入っています。今では断食はしませんが、クリスマス明けから断食時期の終わりまで食べられています。

この日は最終日ということで、老舗のベーカリーLundagård(ルンダゴード)で購入!
d0074320_9195722.jpg

お店はにぎわっていて、みんなSemlaを買っていました。

生クリームが多いので若干心配していましたが、これに備えてお昼を控えめにしていたのと、甘さ控えめだったのでおいしく戴きました@

一緒に食べたshioは「1年で1個で十分かな」と言っていましたが、スウェーデン人でもそこは意見がわかれそう。コリドーのルドヴィグは1日に2個も(!)食べていましたが、中には丸々1個はちょっと重い、と言っていたり。断食時のごちそうだから、栄養たっぷりなのです。

ちなみに、お店で買ったおっきいSemlaを食べるにはコツがあります。

シュークリームみたいにいっぺんに食べようとすると大変なことになるので、上側のパンをとって、スプーンみたいにクリームをすくいながら食べます。食べ終わったらクリームごと下側のパン。くいしんぼのスウェーデン人からのアドバイスです☆
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-09 09:33 | ルンド留学2007-2008 | Comments(2)


ベルリン最終回:記憶

いまさら、になってしまったベルリン旅行記、今回が最終回です。

今回の旅行で絶対に行きたかったところ、ペルガモン博物館。
d0074320_272790.jpg

「ドイツが世界に誇る一大考古学博物館」といわれるだけあって、建物(ギリシャ神殿形式)も中身も壮大なスケール。入ってすぐに、こんな展示があります。
d0074320_32760.jpg

ゼウスの祭壇。発掘されたものをここで組み立てたそうです。左右奥に展示室が続きます。

この巨大な博物館のなかで、一番見たかったもの、古代バビロニアのイシュタル門です。
d0074320_3212556.jpg


なぜ見たかったかという理由は、中学生のとき発売されてすぐに読んだ本、『盗まれた記憶の博物館』(ラルフ・イーザウ著)に由来します。

記憶から失われたものが生きる国《クワシニア》。その国と現実世界の「次元のはざま」にあるのが、イシュタル門だったのです。

読んでいる当時はその門の展示が実在するとは知らず、歴史の資料集で写真を見たとき、実際の博物館をモデルにしていたんだと、初めて気が付きました。以来、行ってみたかった場所のひとつ。

この作者ラルフ・イーザウは他にも『ネシャン・サーガ』といファンタジーシリーズも書いています。私の好きな作家ミヒャエル・エンデが見出した、ということで読んだのがきっかけですが、すっかり夢中になって読んだのを覚えています。今読んでもきっと、面白いだろうな@


博物館を出た後向かった先は、ベルリン・フンボルト大学。
d0074320_2544985.jpg

名前がかっこいいだけでなく、著名な卒業生や教授がたくさんの、名門大学です。
入って正面にはカール・マルクスの言葉が刻まれた壁、初代学長には『ドイツ国民に告ぐ』のフィヒテ。アインシュタインも教鞭をとったようです。こんなところで勉強すると、すごく意欲がわきそうです。


旅行に行ったときのベルリンはクリスマスシーズン真っ盛り。
d0074320_344594.jpg
d0074320_331161.jpg

にぎやかなクリスマスマルクトに、きらきらのイルミネーション。
ヨーロッパで最大級のデパートKaDeWeにも行ったり、しばらく学生の町ルンドで都会の喧騒から離れていた私たちはおおはしゃぎでした@


ベルリンでの4日間を終え、飛行機でデュッセルドルフへ。

離陸して見えた街の光を見下ろした途端、大都会の姿は雲に覆われて見えなくなりました。
見えるのは、街の明かりに照らされた雲のじゅうたんと夜の闇。

旅の思い出を、記憶の中にしまいます。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2008-02-03 03:17 | ドイツ編 | Comments(3)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
もみじさん、お返事ありが..
by nemuko0 at 08:17
> nemuko0さん ..
by Hiroshima-Momiji at 08:02
はじめまして!スウェーデ..
by nemuko0 at 06:34
ありがとうございます!
by Akiko-kaza at 18:00
> ゆうこさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 01:23
ウィーンのゆうこです!ブ..
by ゆうこ at 18:41
> Masaさん そう..
by Hiroshima-Momiji at 01:04
スウェーデン語なんですね..
by Masa at 17:20
> Akiko-kaza..
by Hiroshima-Momiji at 00:10
こんにちは!もみじさん!..
by Akiko-kaza at 17:07
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧