広島もみじの冒険日誌 in Sweden


カテゴリ:スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等( 8 )



スウェーデンに移住することになった経緯と、移住した後のこと(記事の内容その1)

リクエストがあったので、学生誌の記事(前回の記事参照)の内容を日本語でも紹介します!翻訳ではなくて、ブログ用に書き換えて付け足し・省略などしています。

広島からルンドへ―日本人の私がスウェーデンへ移住し、法律家を目指して勉強を始めるまで。

私が初めてスウェーデンに来たのは、交換留学生としてで、そのときは英語の授業を受けていました。スウェーデンのフィーカ文化や男女平等の精神、時間がゆっくり流れているような感覚はとっても好きで、スウェーデンはいい国だと思うようになりした。けれどその時は、ルンドという町に1年以上住むことは想像できませんでした。日本のちょっとした町と比べても、ルンドにはお店も娯楽も少ないので長く住むには退屈すぎるだろうと思ったのです。スウェーデン語が分からないと尚更!

約10ヶ月の交換留学の後私は日本へ帰り、残りの大学生活を過ごし、卒業・就職しました。

けれど人生とは予想のつかないもの。就職して2年目の夏、留学時代の友人だったErikが短期のサマースクールのため来日し、3年ぶりに再会したのです。そう、実はErikとは留学中は付き合っていなくて、学生楽団でパートが一緒の良い友人でした。彼の滞在中何度か会っているうちにお互い好きになり、今思えば思い切った決断ですが、結婚して私がスウェーデンに移住することに決めました。付き合うことにしてから、結婚を決めるまでなんと5週間!笑

恋は盲目とはこのことですね…(笑)。でも全く後悔してません。

スウェーデンに引っ越したのはその約1年後。移住して初めの頃には、パーソナルナンバーを手に入れたりSFIの申し込みをしたり、と生活の基盤を築く必要がありますが、それが中々スムーズにいかず大変でした。夏だったということもあり時間がかかる…長い休暇の習慣のない日本人にとっては、役所仕事が休暇のせいでこんなにも遅いということは受け入れがたいことでした。

しかもその時はスウェーデン語がほとんどできなかったため、問い合わせに夫の助けが必要なことが多く、まるで自分が何もできない子供みたいで、フラストレーションがたまりました。スウェーデン人は英語ができるといっても、機械対応でスウェーデン語の音声ガイドに従って操作しなければいけないことが度々で、人に辿り着く前にスウェーデン語が必要だったり、または、英語でかけるとなんか対応が悪かったり…。

進路については本当に色々迷いました。一般に、スウェーデンでは大卒以上の外国人が学歴を生かした仕事を見つけるのは、(医療系・技術系なら話は別ですが)とても難しいといわれています。日本では、文系の仕事だと別に何の分野を勉強していようが関係なく仕事のチャンスがありますが、こちらでは勉強したことと仕事の関連性が求められ、『国際教養学』という専門性のない学士では就活に役に立ちそうにありません。

実はそんなに応募したわけではないのですが、求人情報を見るだけで求められているものが自分にないのがわかり、なんだかこの国では自分に価値がないように感じてしまいました。日本で2年間銀行に勤めてはいましたが、大学で経済を勉強したわけではないのでその経験もどのくらい役に立つものか…。とにかく、自分の就きたいような仕事に就くためには、今まで日本でやってきたことだけでは足りない、と分かりました。

移住した始めの学期は、日本での学士号を生かしたいという思いもあり英語で大学院に進学しました。が、将来に見込が見えず1学期のみで中断…(院、お休みします。参照 )。その後はスウェーデン語の勉強に集中しました。家での会話も英語からスウェーデン語へ切り替え。いいスウェーデン語のコースも見つけ、移住した次の年に大学入学に必要なレベルまで終わらせました。

それからどうして法学部進学を決めるに至ったかは以前の記事→今回の進学を決めるまで。に書いているので割愛します。

その2につづく。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-04-08 05:58 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(8)


今回の進学を決めるまで。

私がどうして大学で学士課程から入りなおそうと思ったか、なぜ法律を選んだかについて、ブログにほとんど書いてないことに気が付きました!

スウェーデンに来て初めの半年は、修士課程で勉強をしていました。→2年前の記事「修士課程へ進学!」参照。

ところが、選んだ科目が本当に自分に合っているのか、将来の職業につながるのか、という疑問が日に日に大きくなっていき…半年後、大学院はお休みしスウェーデン語の勉強に専念することにしました。→「院、お休みします。」参照。ちなみに院はその後正式に辞めました。

スウェーデン語を勉強している間に進路について色々考えました。日本での学位と職歴でも見つかる仕事があると思うよ、と言ってくれる人もいましたが、(私がやりたいと思う仕事を考えると)現実は厳しそう…。そして一番気になったのは、
スウェーデンで就職する人の大多数は、コネクションを通じて仕事を見つけている
ということ。これは一般的によく聞く話で、「4~5人に3人」とか、8割とか数字は違いますが、人とのコネクションはかなり重要だとのことで、求人情報から応募しても確率薄とのこと。

私に勿論コネなんてないし、夫の親戚はみんなストックホルム(私たちの住んでいるのとは別の地域)。仮に誰か紹介してくれたとしても、自分にスウェーデン社会で何ができるのかまったく自信がない…!この時点で、やはり何か専門性を身に着けたいと感じていました。なにしろこの国、「清掃の仕事に就くにも学校に行かなければならない」と言われるほど、何の仕事でも専門性が求められるのです。

ちょうどその頃、知人に法律家を目指すのはどうかとアドバイスをされました。当時は法律は考えてもみなかった分野で、スウェーデン語もまだまだだったので夢のまた夢のように感じていました。

進学を考えた分野は本当に色々あります。職業について色々書いてあるホームページSacoで調べたり、自分のやりたいことは何なのかを色々考えたりして、徐々に絞っていきました。

そして今まで全然ノータッチだと思っていた法律分野ですが、考えてみると銀行勤務時代に法務の勉強もしていたし、銀行業務の中でも、興味があったのは法律が関係する分野だったことに気付きました。スウェーデン語も上達したし、だんだん現実味が増してきました。

そして決め手になったのは、大学の法律家プログラム(Juristprogram)へ行けば「法律家」の職業資格が取れるということ!

法曹に行くには必要な資格ですが、そうでなくても企業や官公庁での就職で有利だそうで、卒業後の就職率がとても良い。在学中に人とのネットワークも作れそう!
(注:法律の勉強はJuristprogram以外のコースでもできますが、それだと学士号は取れても法律家の職業資格はもらえない。)

興味がある分野で、なおかつ就職にも役立つ、そして私の高校の成績で余分な勉強をしなくても入れる!と三拍子そろったので、本当に合っているかどうか単発の入門コースで試したあと、この秋に本格的に始めることにしたのです。


スウェーデン語で法律の勉強は難しいとは思います。でも、どの分野でも専門用語はあるし難しいのは一緒なんじゃないかなあと思います。商法の先生の「何を勉強するかが重要なんじゃない。その分野に対してどれだけ熱意が持てるかということが重要なんだ!」という授業中の言葉が後押しになりました。


大学で勉強したいと思ったもう一つの目的には、学友を作るということもあります。
スウェーデン人について書かれた本*に、スウェーデン人は仕事に就く前の人生の早い時期(幼少期や学校時代)に近い友人を作ってしまうから、職場で仲のよい友人を作るのは難しいという旨が書かれていて、ちょっとショックを受けたことがあります。移住してきた者にとっては中々厳しい現実…。私はオケの友達がいるからまだいいものの、日本で色々語り合った友達と比べると、まだそこまで付き合いは濃くはないかな~。
(『*スウェーデン人―我々は、いかに、また、なぜ』イリス・ヘルリッツ著)

この数年間で、一緒に机を並べて勉強し、相談し励まし合えるような学友がぜひ見つかればいいなあと思います。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-09-07 04:36 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(6)


スウェーデンの大学(学士課程)に入るには―選抜編

大学に入る必要条件を満たし、出願を済ませたらいよいよ選抜が始まります。

選抜では、主に高校の成績か、受けていれば全国統一試験Högskoleprovのどちらかよい方の結果で合格の可否が決まります。学部によってはその他の方法があることも。私は高校の成績(いわゆる内申点)の方で合格しました。日本の大学入試のようにがり勉しなくてもいいのです!

以下は、実際進学を考えている方向けに細かい説明です。(情報は2014年現在のもの)

◆学士課程選抜は、以下の3つのグループに分けて行われます。選考対象になるには、まずプログラムの課す必要条件を満たしていることが大前提です。
1.高校の成績グループ
2.Högskoleprovグループ
3.その他(学部の方針による)

一人の学生が複数のグループに入っていることもあります。それぞれのグループから定員の何割取るかがあらかじめ決めてあり、上位の人から合格になります。グループ1、2からは最低定員の3分の1ずつ取ることが決まっていて、その他の選抜グループは人数が少ない/無いケースが多いです。よく見る内訳は、高校の成績グループが3分の2、Högskoleprovが3分の1、という感じ。
*2014年現在、外国の高校出身の学生もスウェーデン人と同じ枠で審査されます。

1.高校の成績グループも選抜時にはいくつか分けられています。高校の成績を直接使っているグループ(BI)、高校新卒グループ(BIex)、Komvuxなどで成績を補填したグループ(BII)、Folkhögskolaに行った人グループ (BF)、など…。私はBIグループでした。高校の成績が目標に足りない場合でも、Högskoleprovの枠で合格を目指す方法があります。

2.Högskoleprovとは、日本でいうと大学入試センター試験に相当する試験で、受験は任意です。試験は年に2回あり、何度でも受けられ、有効期限内に受けた試験で一番いい点数を使うことができます。内容も暗記が必要な日本のセンターと違い、スウェーデン語の語彙・読解、英語読解、簡単な数学、図形理解、論理的思考などで、2.0点満点です。
スウェーデン語語彙はネイティブにとっても難問だそう。私も去年の10月に試しに受けてみましたが、語彙部分の出来をあげるのは無理そう…と思いました。他の部分は、練習すれば外国人でもある程度まで点を上げられると思います。


◆合格するのにどの位の成績・点が必要になるかの目安として、過去のデータを見ることができます。
UHRのウェブサイトAntagningsstatistikか、大学のHPに載っているantagningsstatistikで調べられます。高校の成績はメリットポイントを足した後の点なので、2014年現在、22.5点が最高点です。

メリットポイントについて→高校の成績、メリットポイントについて

このデータを参考に、どの大学・プログラムならば入れそうか、Högskoleprovを受ける必要があるかなどが考えられます。私の場合、高校の成績換算がよかったのでHögskoleprovは一回お試しで受けただけ。

春秋両方募集があるプログラムは、春入学の方が難易度が少し低くなる傾向があります。秋入学しかない場合もあるので注意。

◆最後に…
ここに紹介した仕組みは、2014年度のものです。スウェーデンの学校のシステムは頻繁に変わるので、この記事はあくまで参考にしていただいて、実際に受ける年の情報をご確認ください。







[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-08 19:35 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(2)


スウェーデンの大学(学士課程)に入るには―必要条件・出願編

スウェーデンの大学の学士課程に入る手順は日本と大分違います。修士課程や交換留学でスウェーデンの大学で勉強するのは、英語のコースもあるしそんなに難しくありませんが、学士課程のコースはほとんどがスウェーデン語。どうやって入るかなどの情報もスウェーデン語でしか見つからないことが多いので、だいたいどのような仕組みなのか、入るには何が必要なのか、興味がある方のために紹介したいと思います。

◆必要条件について。
学士課程にスウェーデン語で入る場合に必要になるのは(2014年現在)
・高校の卒業資格…日本の高校の成績証明書を送り、スウェーデンの評価表方法に換算してもらう必要があります。
・英語の資格…日本の高校英語はカウントしてもらえないので、Komvuxで勉強するか、IELTS, TOEFL等のスコアを提出するかが必要。こちら参考
・スウェーデン語の資格…高校卒業程度のスウェーデン語資格(SAS3、旧Svenska B)。Komvuxや大学で勉強するか、TISUS試験を受けるかすると取れます。
・そのコースが課している必要条件(例えば理系だと、物理が要る、などなど。)

高校の成績変換についてはこちらの記事を参照→高校の成績査定の結果

◆授業料について(2014年現在)。
スウェーデンやヨーロッパ*の学生、スウェーデンに永住権か労働ビザ・家族関係による居住許可を持っている人については無料です。
が、修士課程・学士課程ともに、ヨーロッパ外からの学生で、学生ビザしか持ってない人には授業料がかかります。つまり、目的が留学で「留学の為の居住許可」を取ってスウェーデンへやって来た日本人の学生には、授業料がかかります。修士課程では大学の制度で授業料を免除してもらっている人もいましたが、学士課程にそういう制度があるかは不明…個人的には聞いたことがありません。そして授業料、かなり高いです;

*EU, EEA(European Economic Area)とスイス

◆選考プロセスについて(2014年現在)
全てのコースの選考プロセスは一元化されていて、Antagning.seというサイトを通じて出願をします。
出願→一次選抜→コースを取るか辞退するか決めて返答→二次選抜
という流れです。

選抜は春・秋の2回。春学期(1月)に始めるには前年の10月半ば、秋学期(9月)に始めるには4月半が出願の締切です。(コースによっては遅れて出願できるときもあるけれど、締切に出願した人より後回しになります。)

出願する時点で希望順位を決めて、もしも希望順位が上位のコースに受かったら、45ETCS単位を超える下位のコースは自動的に選外になるので、「受かってから選ぼ~」という決め方ができません。この希望順位の決め方は後で重要になってくるので、出願する方はサイトの説明をじっくり読んでみて下さい。

次回は選抜について書きます。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-08-08 06:07 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(0)


春学期の科目決定

スウェーデン語(高校レベル)が無事終わったので、春学期から一般のスウェーデン人学生に混ざって授業を受けられることになりました!

春学期の選考結果ももらい、第一・第二希望にしていた一学期のみのコースに無事登録されました!
1月下旬〜Svenska: Språklig inriktning - grundkurs(大学レベルのスウェーデン語)
3月下旬〜Handelsrätt: Juridisk översiktskurs(商法)
のコースを履修予定です。

高校レベルのスウェーデン語は終わったとはいえ、文章の作成力、語彙など、いきなり専門分野をスウェーデン人学生に混じって勉強するのはやっぱり不安な。早稲田の国際教養学部のときも、一年生のときの英語の授業(ライティングなど)がその後の英語での学習に役立ったので、今回もまずは言語力の基盤を固め、レベルアップさせるところから始めます。

商法の授業は、経済学部でのコースですが、法学部の学生も勉強する内容です。
銀行で働いていたので少しかじったことのある分野だし、今後の進路を考える上でとってみることにしました。ついていけるように、始まるまでスウェーデン語がんばらなければ…!


補足:
スウェーデンの大学(英語で行われるコースでなく、スウェーデン語でのコース)への入学資格としては
1.スウェーデンの高校卒業に相当する学歴(日本の高校成績証明書を提出。詳しくはこの記事にも書いています)
2.スウェーデン語能力(Tisus, SAS3, Svenska Bなど)
3.十分な英語能力(Engelska B, IELTSやTOEFLの結果を提出する方法も)
すべての条件を満たす必要があります。
私はスウェーデン語以外の条件はもう提出済みだったので、これで条件をクリアしました。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-12-21 19:00 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(2)


高校の成績、メリットポイントについて

前回の記事に書いた高校の成績の点数のシステムについての補足です。

大学入試選考時の成績の換算について。

まず、高校の成績査定の結果からは、自分の成績が20点満点中何点かということが分かります。

ここに、「メリットポイント」というポイントが加わります。

スウェーデンの高校で勉強した学生は、余分に履修した数学と外国語によって最大2.5点のメリットポイントが付きます。

外国の高校で勉強した学生は、同じ計算方法ではなく、上記の20点満点中何点だったかによってメリット補填ポイントが決まるそうです。例えば、19点以上の人は最高の2.5点のメリットポイントが加算、18点以上19点未満には2.25点加算、というように計算されます。

私は幸い2.5点加算だったので、これで計算すると合計21.97点となり、かなり選択肢が広がることが分かりました。

詳しくはこちら参照→Så här räknas betygen omの見出しIstället för meritpoäng

以前は外国高校出身者にはメリットポイントを加算せず、外国人枠グループで選考が行われていたそうですが、それだと外国人枠の競争がかなり激しく不公平だったため、改正されてこのようなシステムになったそう。教育制度も変更が多く、把握するのに一苦労です。


高校の成績が希望学部に達しないときは、Högskoleprovという試験を受けて、その成績で勝負することもできます。この内容も、親戚から聞いた限りですが思考能力を測るもので、センター試験のように沢山暗記しないといけない、という類のものではないそうです。さすがスウェーデン、教育への道は開けています。


ちなみに、ルンド大学の入試のデータをざっと見たところ、難関学部はエンジニア(工業経済専修)、心理臨床師コース、医学のようです(特に後者2つは超難関!)。このような人気学部は応募する人の成績が皆良く、高校の成績だけでは差がつかないのでHögskoleprovなどの別の要素も関わってくるそうです。文系では法学部・経済学部が合格最低点が高いです。

過去の入試データはUHRのページから調べられます→antagningsstatistik

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-25 07:00 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(0)


高校の成績査定の結果

高校の成績をスウェーデンの成績に換算したらどうなるか、以前査定に出していたものの結果が返ってきました。もし今後、大学の学部や職業専門学校に入りたいときはこの結果を参考にすることができます。


1月末に電子申請していて、6か月ほどかかるとHPに書いてあったので、2ヶ月未満で届いてびっくりです。
教育機関はいろいろ組織改正があったようで、2013年現在Universitets-och högskolerådet という機関が査定をしてくれます。電子申請ではあくまで今後の参考にするためのもので正式に登録されているのではないそうですが、実際に応募するときどういう判定をされるのか事前に知ることができます。

結果はこんな感じでした。各科目がどの科目に当たるか、という判定で、Aコース、Bコースは科目名で、科目ごとの成績は出ません。全部をまとめた成績評価がもらえます。

国語→Japanska steg 7(日本語ステップ7)
数学I・II・A・B/数学演習→Matematik kurs D(数学Dコース)
世界史A・B/日本史A→Historia kurs A(歴史Aコース)
現代社会/政治・経済→Samhälskunskap kurs A(公民Aコース)
保健・体育→Idrott och Hälsa kurs A (保健体育Aコース)


日本の数学って強いと聞いていましたが、本当だったようです。数学は理系や医学部でもDまでしか必須でないので、文系の私も一応理系レベルの数学の条件を満たしています。

逆に、英語はゼロ評価。ただこれは、IELTSやTOEFLのスコアで基準を満たすこともできます。私は大学院応募の時にIELTSスコアを提出しているので、大学応募に必要な英語資格は登録済み!
スウェーデン語の基準さえ満たせば、文系の学部には応募できる内容です。

理科の単位も何にも変換されませんでした。高校では理科総合A・Bと地学Iをとっていたのですが、理科総合ではだめなのかなあ。ちなみに地学はスウェーデンの高校ではないようで、化学・生物・物理のどれかを履修していたらもしかしたら変換してもらえたのかもしれません。足りない科目はKomvuxで履修できます。


成績も変換されます。内申点のような感じですが、大学入試の選考基準にもなります。5段階評定で平均を計算して換算されるそうで、5点満点中何点かが書いてあります。それを自分で4倍して、20点満点で何点かを計算します。

この20点満点の点に「メリット・ポイント」という点が加算されたものが、大学入試の時の基準になるそうです。これについては当初外国人は全くもらえないと誤解していたのですが、HPで新事実を発見したので次の記事に詳しく書きます。
高校の成績、メリットポイントについて


スウェーデン語が終わった後の進路はまだちょっと先の話ですが、目安になる結果が早めにもらえてよかったです。

ちなみに、成績変換のために必要な書類は高校の成績証明書+卒業証明書です。
英語版がベスト。日本語しかない場合は翻訳の公証が要ったりちょっと面倒みたいです。

そして、学校教育法とやらで、成績証明書は卒業後発行できる期間に限りがあるそうなので、スウェーデンに移住の予定がある方は早めに用意されることをおすすめします!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-22 00:38 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(4)


早稲田SILS卒業後、海外の院に出願する方へ

昨年ちらっと書いたのですが、スウェーデンの大学院へ出願した際、成績証明書の書式の関係でスウェーデン中央機関に学士号が認められない、というトラブルがありました。
追加書類の提出により、先日やっと正式に学士号が認められました。

大学にも形式改善の要望を出し、改善に向けていろいろ検討もされているそうなのですが、実際に変わるまでにはもう少し時間がかかりそうです。それまでの間、これから早稲田の国際教養学部から海外進学する学生さんが、私と同じトラブルに遭わないように、私の体験・わかったことを記したいと思います。

[経緯・詳細]
スウェーデンの大学入試は全て中央機関Universityadmissions.seを通して行われ、外国の学位の審査もこの中央機関が行います。私の成績証明書は、1年間の交換留学中の単位38単位は一番下の別枠に小さく記されているのみで、総取得単位欄には早稲田大学内で受講した単位数97単位しか表記されていません。この単位が別々に表記してある点が中央機関に認められず、私の学士号はスウェーデンの学士号の基準を満たさない、と評価されてしまいました。中央機関に問い合わせた結果、すべての単位が同一の証明書に記入されていない限り学位は認められない、と回答がありました。

留学中の単位について説明の補足証明書を発行してもらい提出した結果、先日やっと学士号が認められました。しかし、現在の成績証明書の形式では、今後も追加の補足資料なしでは認められないとのことです。

[対策]
海外の大学院へ書類を出す際、安全策として私がおすすめするのは、留学中の単位も含め卒業総取得単位がいくつである、旨が書いてある補足の証明書を他の証明書と一緒に送付すること。この補足の証明書は、事務所で発行してもらえます。
また、留学中の大学からの成績証明も提出の必要があるので、早めに入手しておくことが肝心です。


[解決するまで大変だった…]
まず、スウェーデン大学入試の課程には中央機関と各大学がかかわっており、責任部署を探し当てるまでに各機関へ何度も連絡しなければなりませんでした。連絡受付時間が限られており、英語が通じにくい担当者に当たったり、たらい回しにされたりと等紆余曲折があり、結局はスウェーデン人である夫に電話をしてもらうことで、なぜ学位が認められないかがやっと分かりました。大学も現在違う書式で発行はできないとのことで、板挟み状態…。事務所の方に希望の大学へメールで説明などしてもらい、昨年の入学は特例で認められましたが、中央機関では私の学位は認められていないままでした。再び交渉を開始し、補足の証明書を送り、最終的に認められるまでに書類を送ってから2ヶ月近くかかりました。


今はやっと解決し、ほっとしています。
この記録が少しでも、他の学生さんの役に立ちますように。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-11 20:06 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(3)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
もみじさん、お返事ありが..
by nemuko0 at 08:17
> nemuko0さん ..
by Hiroshima-Momiji at 08:02
はじめまして!スウェーデ..
by nemuko0 at 06:34
ありがとうございます!
by Akiko-kaza at 18:00
> ゆうこさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 01:23
ウィーンのゆうこです!ブ..
by ゆうこ at 18:41
> Masaさん そう..
by Hiroshima-Momiji at 01:04
スウェーデン語なんですね..
by Masa at 17:20
> Akiko-kaza..
by Hiroshima-Momiji at 00:10
こんにちは!もみじさん!..
by Akiko-kaza at 17:07
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧