広島もみじの冒険日誌 in Sweden


カテゴリ:課外活動、学生生活( 16 )



ルンド大学350周年記念フェスティバル

9月15日、大学全体でルンド大学の350周年を祝うフェスティバルがありました!
学生と職員が参加できるということで(事前に応募する必要あり)、せっかくなので私も参加してきました。

ルンド大学は1666年に創立、正式な開校式は1668年。350年後の2016~2018年の2年間に、色々な記念行事が行われています。その中でも規模が大きかったのが今回のイベント。

まずは学部でプレパーティ。シャンパンと軽食で歓談。まさか大学構内でアルコール飲料をもらうとは!

思ってたより来てた人は少なくて(50人くらいかな?)、半分以上職員でした(笑)学生はあんまり興味なかったのかな~。

その後、プレパーティーに来てた学生と一緒にフェスティバル会場のLundagårdへ。
こちらはすごい人!
d0074320_03135977.jpg
総長が挨拶しているところ。

フェスティバル会場に入るには学生証チェックとセキュリティチェックもありました。そこで全員に配られたのがこの記念メダル。
d0074320_03240081.jpg
これは嬉しい!

会場ステージではミュージシャンの演奏など色々催しが。でも会場内に売店が2つしかなくて、どちらも長蛇の列で飲み物すら手に入らない(液体持ち込みも禁止だった)ので、いったん外に出て普通のパブへ(笑)

暗くなって戻ってみるとこんな感じでした。
d0074320_03264892.jpg
ステージの催しはあんまり見てないけれど(笑)、学部で他の学年の人たちとも友達になり、一緒に回ったりできたのでそれはそれでよかったです!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2017-09-30 02:21 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


カルマル公演

週末はカルマルでルンダスペックスの公演があったので、サックス担いでカルマルまで行ってきました。
演目は春の公演と同じ『チンギス・ハン』です。

カルマル公演は毎年9月にある恒例イベントで、昨年に引き続き2回目の参加です。

こんなクラシックな劇場での公演♪でもこの劇場は小さすぎてオーケストラピッチがないので、残念ながら私たちは背景の幕の後ろで演奏…なので上演中舞台も客席も見えません(笑)
d0074320_01125574.jpg
今回はメンバーが今までにないくらい盛り上がり、酔っぱらって公演が終わった時点でかなり出来上がってテンションがおかしい人がたくさん(*_*; 閉幕して、観客が帰る間に演奏している曲に合わせて皆が踊りだし、ダンスフロアみたいになってました。

公演後は深夜にパーティーがあるのですが、今回はもう参加せず大人しく寝ました。
経験上、こんなに酔ってる人たちとパーティーで話しても翌日には何の話か覚えていないだろうし、人数も多いので会話するにはかなり叫ぶように話さないといけないので、行ってもあんまり収穫なさそうだなと思ったので(^^;)

パーティーで色んな人と話すのは好きなのですが、私自身あまりお酒が飲めないので、周りが酔っぱらいすぎてくるとテンションについていけません…。ほろ酔いくらいで会話を楽しみたい派です。

カルマルには留学中も来たことがあるので、今回で3回目です。演奏旅行だと観光する時間がないので、昔撮った写真を載せます。

世界史で『カルマル同盟』について勉強したことがあったので、初めて来たときはなんだかワクワクしたな~。印象としては、こじんまりとして落ち着いた町です。


カルマル大聖堂。ルンドやウプサラの大聖堂とはかなり雰囲気が違います。
d0074320_01382155.jpg
カルマル城。
d0074320_01384819.jpg
d0074320_01465239.jpg
城っぽい!そして大砲もありました。
d0074320_01512202.jpg
ルンドからカルマルまでは電車で3時間。SkånetrafikenのJojoカードでチケットを買えば、割引価格で行けます♪

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-09-19 01:55 | 課外活動、学生生活 | Comments(1)


Djingis Khan公演を終えて

4月最終週から5月1日にかけてあったLundaspexの公演、Djingis Kha(『チンギス・ハン』)は無事終了しました。

『チンギス・ハン』は5年に1回公演がある、Lundaspexの中でも有名な演目で、そして毎回設立記念の年にかぶります。今回は130年周年でした!

公演は連日売り切れで立見席も販売されるほど。こんなに多くの人に来てもらえ、とてもやりがいを感じました。日本でも吹奏楽や能の公演に出演していましたが、こんなに多くの人が、お金を払ってまでアマチュアの公演を観に来てくれるなんて、すごい文化だなと思います。ミュージカルなので主役は俳優たちですが、私たちの演奏も耳に届いてるはずと思うと嬉しい♪

開演前、オケのメンバーで。
d0074320_06173893.jpg

私たちはステージ前のオーケストラボックスで演奏します。リハーサルの様子(※普段着です)
d0074320_06250773.jpg
衣装を着けるとこんな感じ。私服の2人以外全員男性です。
d0074320_06392819.jpg
130周年ということで、初演の後には記念パーティーが。パーティーの前にお祝いのため、なんと大学本部前で打ち上げ花火を上げ(けっこう本格的で長かったので、ちゃんと許可を取ってのことだと思います)みんなで鑑賞。そのあとはメンバーによる生バンド演奏でシャンパンを飲みながら歓談し、そして旧メンバー(主におじさま方)を招いての食事という、豪華な夜でした。

歓談時にはセクションごとに写真撮影もあって、なんだか特別な気分でした。
d0074320_07184768.jpg
下からの照明でちょっと不気味(笑)

最終公演の次の日は会場の大掃除。掃除の後、外の芝生でぽかぽかの日差しの中みんなでピザを食べました。とってもすがすがしく充実した気分でした。私、公演出ることにしてよかった!


今回は、公演後2週間後に本来は受けるはずだった租税法のテストをはじめからスキップし、8月の追試を受けることを公演前に決めました。前回の記事に書いたように進み具合も悪かったし、せっかくの機会なので、勉強のことでストレスを感じずに思い切り楽しみたいと思ったのです。大正解でした!

公演前は、この演目を限りに引退しようと思っていたのですが、あまりに楽しく充実していたので迷いが出てきました。

この公演できっと引退するんだろうと思っていた同年代のメンバー(といっても2歳くらい下だったりするけど)も、聞いてみたら続けるつもりの人が多いことが判明。しかも、みなあまり年齢のことなんて気にしていないようです。

Lundaspexに入ったのは昨年春。他のセクションの友達も増え、やっと馴染んで来たな~、ここも自分の居場所だなーと強く感じられるようになってきたところで、そこで辞めてしまうのは惜しい…。メンバーも、もっと話してみたい人がたくさんいます。

オケメンバーのヨナス(26)は、「自分がやりたいときまでやればいいんだよ。他の人のこととか気にしなくてもいい。しかも、オケは他のセクションに比べて負担が少ないから、僕は夏に就職するけどその後も続けるつもりだよ!ここ以外にヴィオラ弾く機会もないし。」と言ってました。

年齢を気にしてるのは私だけなのか…。私は黙っていれば学年も下なので実年齢(28)より少し下に思われている風があり、実際社会人もかなり多く20代後半はザラ、30代の人も数人いるので、他から見て(日本人という以外)特に浮いているということはないみたいです。どうするかは、私次第。

もう日本の大学4年間でも十分楽しんだはずなのに贅沢だなあと思ったりもしますが、スウェーデンに引っ越して大学に入り直し、ちょっと人生やり直しの気持ちでもあります。サックスも、演奏できる場が欲しいしなあ…。今しかできないことなので、引退の結論は急がず様子をみようかなと思います。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-05-14 07:08 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


Lundaspex公演告知

4月最後の今週、オーケストラメンバーとして参加しているLundaspexの公演があります!

Spex(スペックス)とはコメディーミュージカルのような舞台で、今回公演のあるLundaspexは舞台は男性俳優のみ、他のセクションは男女混合、メンバーも学生と社会人混合です。

題目はこちら、『チンギス・ハン』
d0074320_21301342.jpg
この演目、もともとは1954年に脚本が書かれた作品で、もう一つ有名な『ウアルダ』という作品とともに、Lundaspexの中での伝統的な演目として位置づけられています。脚本を書いた2人のうち1人がそののち有名なコメディ俳優になったので、この演目も有名になったようです。5年に1回上演されており、老若男女、多くの人が見に来る人気の演目です。

チケットの一般売り出し日にはこんな行列ができるほど!
d0074320_21432076.jpg

今日(月)にゲネプロ練習があったあとは、公開ゲネプロ(割引チケットで見に来てもらう)が2日、そして本番公演が4日間と続きます。

本番のチケットは売り切れですが、26日(火)・27日の公開ゲネプロはまだ残席があるので興味のある方はぜひ!

全部でおそらく5~6千人の人が観に来るので、わくわくします!

私はこの演目を最後にSpexからは引退するつもりです。今はまだ私と同年代の人も団体に残っていますが、おそらくこの演目を最後に引退すると思います。そろそろ、潮時。

以下、出演を決心するまでの葛藤について。。。

今回、参加するかどうか実はものすごーーーく悩みました。前回11月の公演がテスト直前に被ってしまったため負担感が半端なく、それを思い出すと今回もどうしたものかと思ったのです。テスト勉強へのストレスで、必須でないイベント(パーティーや集まってわいわいすること)には時間を割く気になれずほぼスキップしたので、私よりももっとイベントに参加する人が入った方がいいのかと思ったり…今回は直前ではなおですがテストはありますし、授業もどんどん進みます。そして一番のネックは長時間の技術練習(音響や照明と初めて合わせる練習)。待ち時間が多く、効率が悪いので他にやらないといけないことがあるとストレス度MAX!

今回最後に記念すべき演目に出てやめるか、その前にやめるか。

そもそも私が参加しているのは、演奏がしたいから。多くの人が来る特別な演目には、ぜひ参加したい。

そして、こうやって外国で生きている中、オーケストラの中で『自分のパート・自分の席』が用意されているというこの感覚!組織の中に、欠けたらまわりが困る、自分の居場所があるというのは、仕事をしていない私にとってはとても嬉しく、簡単には捨てられないことなのです。この前最後だと思わずに参加していたのでそういう意味でも悔いが残りそう。

でも、ストレスで余裕がなくなってしまうかもしれない。勉強も遅れるかもしれない。

悩んで現在過去のメンバー数名に相談したら、「もみじは真面目にとらえすぎだよ~。せっかく上手いのに、出ないなんてもったいない!指揮者の人だって、出てほしいに決まってるから、行けるだけ行けばいいんだよ」「同じくらい吹けるサックス奏者を見つけるのは簡単じゃないから、こういう条件なら出るって強気に言っていいと思うよ~」などと言ってくれました。特に音響担当の男子が、「君のサックスはすごく音色がいいから、僕としては残ってほしいな~。今度は記念公演だから録音も張り切ってするし!」と言ってくれたのは嬉しかったです。
演奏認めてもらえてうれしい。

それで勇気をもらって指揮者の人に相談しました。「本番は大丈夫だけど、長い練習、特に技術練習には耐えられない、どうしよう?」と相談したところ、本番に出られるのなら、あとの問題は何とかしましょう、とのことで、一番のネックの技術練習は免除してもらうことに。技術練習は丸一日なので、これでだいぶ気分が軽くなりました。

ちなみに、公演の2週間後は一応テストがあるのですが、現時点では見送る方向性で検討中です。4月は体調を崩してあまり勉強できなかったし、今焦ってもストレスが高くなってしまうだけなので、代わりに8月に受けようかと思います。

という訳で最後の公演、しっかり味わって楽しみたいと思います!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-04-25 22:32 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


Spex公演

11月最後の週末、Lundaspexの公演にオーケストラメンバーとして出演します!
(これが最近更新できていなかった理由のひとつ。)

本番公演は金~日ですが、実は水曜・木曜も公開(チケット有)ゲネプロでお客さんがいたので、実質的には5日間連続、全部で7公演です。演目は、『モンテスマ』です。

先週末からは練習と本番で毎日学生会館へ。そして、公演明けの月曜日は試験という鬼スケジュール…。ただ今回の試験は合否しか出ないもので、成績に関わる本試験は1月中旬にあるので、それがせめてもの救いです。今回一発合格できるかはあまり期待しないでおこうと思います…。

ルンド近郊にお住まいの方はぜひ♪土日の公演はまだ残席があります!

追記:心配していた試験ですが、思ったよりも簡単だったので無事一発合格できました。当日忘れ物をして取りに帰った結果30分遅れて会場に到着(開始から1時間後までなら遅れても受けられる)、というトラブルがあったので、一時はどうなるかと思いました。忘れ物は今後の教訓です。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-11-27 08:43 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


学生社会に見るスウェーデンのコネ社会 & Lundaspex公演

4月の最終週、ルンドがValborgで盛り上がっている中、私はスペックスの公演で大忙しでした。

技術リハーサル、ゲネプロ、そして公演が数日間、と、スペックス最終週はいつも怒涛のような一週間なのです。

演目はこちら、ネロ。ローマの暴君ネロ帝です。ローマに火を放つことに掛けて、有名なマッチブランドのパッケージに似せたポスター。
d0074320_00372670.jpg
今回初めて参加することになったのは、Lundaspex(ルンダスペックス)。

1886年に設立されたルンダスペックスはルンドで一番歴史があるスペックス。以前から入っているBoelspexとは対照的に、役者になれるのは男性のみ。過去に何人もコメディアンや俳優を輩出しています。歴史が長いだけに他団体と比べてもちょっと格上な見方をされている団体です。

私は例にもれずオーケストラメンバーとして参加しました。
前から参加してみたいなあと思っていたのですが、アルトサックスは前から在籍しているメンバーがいることを知っていたので、その人が辞めた今回初めて応募しました。人数に限りがあるのでオケに限らずどのセクションに入るのも難しいのですが、オケの場合自分の楽器の席に空きがないとほぼ無理。

今回入れることになった過程で、学生社会でもコネクションって重要だな~と改めて思いました。

スペックスに参加を希望するにあたって、応募フォームに記入をするのですが、そこには「ルンダスペックスに友人はいますか?いる場合は名前を書いて下さい。」という質問もあったのです。知り合いがいると、入れてもらえる可能性も高くなります。コネ社会…

私の場合、オケの指揮者と他のスペックス(Toddyspex)で一緒に演奏した関係で友人だったのと、彼も私のサックスの実力がどのくらいか既に知っていた、というわけで問題なく入れてもらえました。そもそもToddyspexに参加したのも友人が指揮者に紹介してお声がかかったからだし、ルンダスペックスのサックスに空きがでることも友達から聞いたことだし…コネクション、重要です。

これは社会に出ても共通するところがあるようで、以前行った就活セミナーの講師がこのように言っていました―「もし同じ条件の人が2人応募してきて、(選ぶ人が)一人は会ったことがある人、もう一人は全くの初対面だと、人は一度でも会ったことがある人の方を選ぶことが多い。」(そのセミナーでは、「だから弊社の就活イベントに来てね♪」という話だったのですが。)

私はスウェーデンには子供時代からの友達なんていないので、こういった課外活動の場は友人・知人を増やすのにとても貴重な場です。Alte Kamererenに入っているのも、色んなスペックスに参加したりしているのも、音楽だけのためでなく半分は社交のため。そこで気づいたのは、まずどこかの団体に参加してアンテナを広げておくと、どんどん世界が広げることができるということ。例えば面白い活動の情報を仕入れられたり、友達に紹介してもらって他団体に参加できたり…。


公演に話は戻って、役者さんたちの歌の上手さには舌を巻きました。演技はオーケストラピッチの私の位置からは全く見えず残念でしたが…
d0074320_00584667.jpg
役者の皆さん。(全員男です) 公演の様子は学生誌に載ってます→Alla skratt leder till Rom

このスペックスでメインの役どころをしている人たちは、ちょっとした地元の芸能人みたいな感じです。オーラが違う!そんなスターのような人たちと友人になれるのもある意味スペックスの醍醐味でしょうか。初演当日のパーティーでは前回まで役者として活躍していた人と席が隣になって、最終日には隠れファンになった役者さんと写真が撮れて、嬉しかった♪(ミーハーな私。笑)

オケのメンバーとの写真。
d0074320_02320768.jpg
LundaspexはBoelspexに比べると平均年齢が高め。私と同年代の人も多いし、年上の人もけっこう多い!
練習やパーティーも(他の学生団体と比べると)ちょっと落ち着いた感じで格調も高めです。

なんだか他のスペックスを踏み台にしたようで申し訳ないけれど、来学期からはスペックスはルンダに絞って活動しようと思います。

今年度は新たに法学部に入った上、学生楽団Alte Kamererenの役員と複数のスペックを掛け持ちし、学生誌に参加…と色々なことをしたのでちょっと燃え尽き症候群になりそうでした(苦笑)。今しかできない、と思って色々参加してますが、バランスも大事。
これからテストにかけては楽団の仕事だけなので、少し余裕ができると思います!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-05-04 04:23 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


学生誌作成に参加!

法学部の学生誌作成に縁あって誘われ加わることになり、今回初めての記事が載りました!
d0074320_04322142.jpg
d0074320_04294620.jpg
広島からルンドへ。どうして日本人の私がスウェーデンの法律家になるべく勉強するに至ったか、新しい国に移住するのはどうだったか、そして第三言語で法律を勉強するのはどんな感じか、という内容を書きました。

世間では一般的に、法学部の学生のほとんどはスウェーデン人か、少なくともスウェーデン語が母国語である人と思われています。でも例外があることも知ってほしい!という思いで始めは思いついたテーマ。編集長のリクエストで色々掘り下げて書いたら、3ページ(1590ワード)にもなっちゃいました。移住してきたときの心境や、グループワークで感じた外国人に対する色眼鏡についても触れました(グループワークで、とは書いてません。グループメイトがなんて思ったか気になるけれど…)。

色々と良いコメントをいただき、自分が書いたことへの反響があるのは面白いなと思いました。
※記事の内容を他の記事にまとめました。→その1 →その2

学部誌の発行は年に4回で、次の原稿の締め切りは4月末。自分の体験を書いただけで消えてしまってはナルシストみたいで嫌なので、続けて他の記事を書きたいと思っていますが、時間があるか…。今月末に公演があるLundaspexのオケに参加することになったので、練習で時間が取られる見込みなのです。勉強とその他のことを計画的にこなせるようになりたい…!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-04-04 05:01 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


Spex公演月間終了!

10月はSpexの公演とテストで大忙しでした。

10月の半ばにあったBoelspexの20周年記念公演。演目はナポレオンでした。
d0074320_02124643.jpg
私はいつも通りオケのメンバーとして参加しました。今回はテナーサックスに欠員が出たのでErikにお声がかかり、一緒に演奏することに♪

20周年記念なので、特別イベントとして2日目には歴代メンバーを招いてのランチ会とパーティーがありました。Boelspexは、男性だけが役者になれるLundaspexに対抗して作られた、役者が女性のみのSpex。それを一から立ち上げた設立者のスピーチを聞いて、学生時代の間に、後世に残せるような何かを成し遂げた彼女に尊敬と羨望の念を覚えました。

設立当初は少人数だったBoelspexも今はこんな大所帯に!
d0074320_02140626.jpg
ナポレオン公演の初日は大学のテストでした。公演本番の週は毎晩練習・リハ・ゲネポロで勉強時間が削られて大変でしたが、なんとかなりました。

テストが公演の後じゃなくてよかった~。というのも、公演の週末には大きなパーティー(3コースのディナー)があって、それにドレスアップして参加するのも醍醐味のひとつだからです。(週末に計4回の公演を終えた翌日には、大掃除もあるのでいいことばかりではありませんが…)

d0074320_03331738.jpg
初演後、オケのメンバーと。


2週間後の今週末は、春にあったToddyspexのダライラマの再演がありました。
再演だと練習期間も短く一週間のみでしたが、それでも2つも参加してると勉強時間が十分に取れない…のでこっちはこの再演を最後にするつもりです。

Toddyspexは、毎年再演の2日目にYstadという町で公演を行うのが伝統。大きなトラックを借りて舞台セットや大道具を運び、貸切のバス2台で120人のメンバーを移動させるという大掛かりな企画…!
こんな素敵な劇場で公演でした!
d0074320_03584726.png
写真はGoogle mapより。

これで怒涛のSpex月間は終了!やっと一息つける~!
次は11月22日のAlte Kamererenの50周年記念のコンサートです。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-11-03 04:46 | 課外活動、学生生活 | Comments(1)


Toddyspex公演『ダライ・ラマ』

3月末、Toddyspexの公演にオーケストラメンバーとして参加しました!
Toddyspexはルンドにある4大Spexのうちの一つ(その他3つはLundaspex, Boelspex, Jesperspex)。医学部の学生団体に所属しているので、メンバーの大部分が医学部生ですが、オケの指揮者に誘われ、参加することになりました。

今回の公演は『ダライ・ラマ』
d0074320_19373817.jpg
Toddyspexのクラシックナンバーだそうで、10年前に同じシナリオで上演されたものを、リメイクしての上演。

以前からBoelspexには参加していますが、それぞれ雰囲気や風習が違うなあと思いました。
Toddyspexは男子が多く、お酒も好きな人が多いのでテンションが高い…!そして医学部生がほとんどなので話題がマニアック…。超文系の私はちょっと場違いなところへ来てしまった気がしましたが、サックスはちゃんと吹けるので、オケメンバーとしては肩身が狭い思いをせずに済みました(笑)。
あとは、ステージが女性だけのBoelと違い、男女両方役者がいるのも面白かったです。歌が力強い。

公演の様子をLundagård.seより。

d0074320_19553122.jpg

大道具や舞台装置も本格的。
d0074320_19570804.jpg
d0074320_19584332.jpg
こんなにたくさんの役者が!
d0074320_19582038.jpg
見逃したスコーネ在住の方、再演が11月にあります!

怒涛のSpex月間が終わったので、しばらくはのんびり、学業中心でいきたいと思います。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-04-02 20:01 | 課外活動、学生生活 | Comments(0)


今年はカーニバルの年!

今年2014年は、ルンドで4年ごとに行われる学生イベント、ルンダカーニバルLundakarnevalの年!

先日2月9日はUpprop(=英語でRoll Call)といって、カーニバルへメンバーとして参加するための登録の日でした。これに登録すると、Karnevalistになれます。

Uppropの日の行列はルンドでは有名。
d0074320_449544.jpg

※写真:Lundagård.seより

カーニバルで希望のセクションに入れるようにと、受付前の深夜から泊まり込みで並びに来る人がたくさんいるのです。セクションにはサーカス、出店、ラジオ、などたくさんあります。列はAF城の前から、大聖堂、大広場、大広場の裏の道までぐるりと続き、1kmほどだとか!希望セクションどうこうでなく、泊まり込みで並んで宴会をするが醍醐味だという人も。
d0074320_4582775.jpg

※写真:Lundagård.seより

私たち学生楽団は大体毎回恒例で、列に並んでいる人のために演奏することで、長い長い行列に並ぶのを免除してもらっています。もう一つの学生楽団Bleckhornenも同様です。他には、当日の運営を手伝ってる人たちも免除がありますが、そうでなければみんな列に並びます。

沢山の観客の中での演奏、しかも(ほろ酔いの)学生がたくさんだったので、盛り上がって楽しめました。

この日の演奏の様子はYuriちゃんがブログに書いてます→I am ゆりぺそ in SWEDEN

2月でまだまだ寒いし、並ばなくて済んだのは本当にありがたい!!

私はAlte Kamererenのほかに、映画のセクションにも入っています。カーニバル本番は、5月16~18日で、ルンド中がお祭り騒ぎになります!
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-02-19 05:11 | 課外活動、学生生活 | Comments(3)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> ひろくんさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 01:43
はじめまして、僕は広島市..
by ひろくん at 19:22
> fumiyoさん ..
by Hiroshima-Momiji at 04:21
> yukiさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 04:20
こんにちは!拝見させてい..
by yuki at 11:36
> moziraさん ..
by Hiroshima-Momiji at 20:27
お久しぶりです! おめ..
by mozira at 03:11
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
> swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 19:28
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧