広島もみじの冒険日誌 in Sweden


カテゴリ:手続き関係( 11 )



在外選挙制度をご存知ですか?

海外在住の日本国籍の皆さま、またはこれから引っ越しされる皆さま、在外選挙制度をご存知でしょうか。

在外選挙人として登録していると海外から一票を投じることができます。また選挙の時期に一時帰国した場合や、帰国後国内の選挙人名簿に登録されるまでの間(住民票作成後3カ月間)は、在外選挙人証を提示して投票することができます。

先月の参議院選挙、投票率54.7%でした。

スウェーデンでの前回の国会選挙の投票率は85.8%。
日本の選挙率の低さにはいつもがっかりさせられます…民主主義国家として恥ずかしいです。
そして、大事なことが決まっていくのに意思表示をする国民がこんなに少ないということに、危機感を覚えます。
将来もし国民投票があるとしたら、いったい投票率はどのくらいになるのでしょう?

海外に住んでいるからと投票を諦めている方、投票できます!

在外選挙人として登録するには、①日本のお住いの市町村から『転出届』を出し、②在住する国の大使館を『在留届』を出し、③在外選挙任名簿の登録申請をする 必要があります。

この手続き、時間がかかります。転出した市町村と郵送のやり取りがあるので、選挙の時期が近づいてから手続きだと間に合いません。手続きがまだの方はぜひお早めに!

詳しくは外務省のHPをご覧ください→登録申請の流れ

登録した後も、住所変更の手続きに数カ月かかったり、郵送投票する場合は投票用紙を間に合うように申請し送らないといけないので、早め早めの行動が必要です。

私は今回の選挙、在外選挙人票を持って国内の投票所で投票をしました。
実は、選挙がもうすぐだということを考えずに帰国したので、選挙人証をスウェーデンの家に置いたまま帰国して今いました。一足先にルンドに戻った夫に郵送してもらい、なんとか間に合いました。

私はこれから日本がどういう方向に向かっていくのか、とても心配です。
法学部に入って立憲主義についても勉強しましたが、憲法は本来国民を権力の乱用から守るためにあるのです。しかし今の権力者は、憲法は国民を縛るためのものであるべきだと思っているようです。そして主権者である国民の半数近くは、無関心…。

投票率を上げるために何かできることがないかと思い、今回の記事を書きました。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2016-08-02 03:59 | 手続き関係 | Comments(2)


スウェーデンでの銀行口座開設(私の場合)

スウェーデンに移住した外国人は、銀行口座開設に苦労する人が多いと聞きます。特に定期収入がない場合、断られることも多いとのこと。銀行によっても、更には担当者によっても(!)外国人に対する対応が違うようです。(スウェーデンらしい…^^;)

私の場合、当時移住してまもなくでしたが、全く苦労せずに口座を開けました。なんと銀行に来店すらしてません!
時期や銀行や個人の状況によっても違うでしょうし、同じ方法で口座が開けるかは全く保障がありませんので、一つの体験談として読んでもらえたらと思います。ちなみに利用銀行はSkandiaです。

以下、2012年7月、私が移住してパーソナルナンバーをもらってまもなくの頃。
夫が、私も夫の銀行口座にアクセスできるようにと、Fullmakt(代理権)を授与する手続きをしました。

代理権とは、第三者(この場合銀行)に対して、代理人が本人の勘定で(権限の範囲内で)手続きができる資格のことです。

代理権を授与するのは一つの口座でもいいし、全部選ぶこともできます。Skandiaではインターネットバンクで代理権をあげたい人のパーソナルナンバーを入力して申請することができました。夫口座から引き出される、私名義のカード*もそのとき申請しました(*VISAカード、でもクレジットではなくて現金引き出しやデビットとして使えるカード)。

手続き後、私のインターネットバンクIDや暗証番号、カードなどが送られてきました。これで、私のBank IDでネットバンクにログインし、夫の口座にアクセスできるようになりました。あくまで、私として、ログインしてます。

それで、ログインしているときにメニューのボタンにある「口座を開設する」というのを試してみたのです。
そうすると問題なく、私名義の銀行口座が開設されました!

というわけで、当時私は収入はありませんでしたが、銀行口座を開設することができました。

インターネットバンクにログインするときの本人認証の仕組みは色々あるようで、それによっても手続き方法が違うのかもしれませんが、試してみる価値はあると思います。

本人認証の方法としては、Bank IDというプログラム(ダウンロードする)で本人認証をするシステム、ドーサ(Dosa)といってワンタイムパスワードが送られてくる小さい機械を使って本人認証するシステム、コードカードやCertifikatやMobilt IDを使うシステムなど色々あり、それぞれ銀行によってどのシステムを利用するかが違います。Skandiaのログインはいつくか選択肢がありますが、私はBank IDを使っています。これは銀行以外のHPの本人認証にも利用されていて、例えば税務署Skattverketや自分の医療ページ(Mina vårdkontakter)のログインにも使えます。

Fullmakt(代理権)については、Skandia以外の銀行が手続きをどのようにしているのかは分かりませんが、来店であれネットであれ、何らかの形でできるはずなのでパートナーに試してもらうとよいかなと思います。私も自分で(夫に代理権を授与するとき)試しましたが、手続きはとても簡単でした。Fullmaktをもらってカードを発行してもらえば、最悪自分名義の口座がなくても買い物に不自由することはありません。代理権は本人が希望すれば後に終了することもできます。

ちなみに、銀行口座に関係なく、パートナーが主に家計を負担している場合や自分の貯金額が多くない場合、銀行の代理権授与の手続きはしておくのがお勧めです。こんなことは考えたくないですが、万一パートナーが病気やけがで意思確認ができないという状態になってしまったとき、家賃の支払いなどで困ることが出てくる可能性があります。そうでなくても、家計の管理に便利ですよ♪

銀行によって対応が違う件については、先日ルンドの学生誌Lundagårdが記事にしていたので、とてもよくある問題のようです。リンクを貼っておきます↓

実際にどのような手続きをするかなどは時や場合・利用銀行によっても違うと思うのであくまで参考程度ということでご了承ください。
明かな間違いがあれば訂正しますのでご連絡ください!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-10-15 03:28 | 手続き関係 | Comments(2)


スウェーデン移住前にしておくといいこと

スウェーデンに移住予定の方と最近知り合いになる機会がいくつかあったので、私個人的に、移住前にしておくとオススメなことを記事にしてみました。(実際自分は移住後にしたことも含みます。)

スウェーデンに長期で移住する場合、移住前に日本でしておくとよいこと、おススメその1はズバリ、

日本の運転免許証取得 です!

ヨーロッパはマニュアル車が主流なので、できればマニュアルで。

日本の免許証はスウェーデンで住民登録後、12ヶ月以内の期間内ならばスウェーデンの免許証に「書き換える」ことができるのです!「書き換える」という表現にはなっていますが、日本での免許がなくなるわけでばなく、そのまま有効です。(手続きで提出する免許証原本も後日返ってきます。)

なので、日本で先に運転免許を取得してからスウェーデンに移住すれば、日本とスウェーデン両方の運転免許証を手に入れることができるのです。免許証はIDとしても使えます。しかも、スウェーデンの免許証はヨーロッパのほとんどの国(正確にはEEA加盟国)で使えるのでとっても便利です。

もしもいったんスウェーデンに移住した後で同じことをしようとすると、「住民登録後12カ月以内」という条件を満たすのが難しくなってしまいます。もちろんスウェーデンでも講習に行って免許取得することは可能ですが、日本で取得するよりも講習費用は多くかかると思った方が良いと思います。しかも、日本に帰国した時運転しようとすると国際免許証が必要になるし…

というわけで、スウェーデンに移住する予定の方は、ぜひ日本にいる間に免許証取得をお勧めします!

詳しい手続きについてはこちらの記事に書いてます→スウェーデンの運転免許証


日本でやっておくのがオススメなことその2は、
早めに、高校の成績証明書を取り寄せること!(可能ならば英語で)

というのも、取得可能な期間に限りがあるからです。進学するつもりがない方も、移住してからどう考えが変わるか分かりません!

高校の成績は、卒業して5年間は確実に学校に残っているので問題がないのですが、5年を過ぎると保存義務がないので発行してもらえるか定かではありません。学校によってはまだ保存している場合もあるので、捨てられてしまう前にできるだけ早く!手に入れておくと安心です。私が成績変換の手続きをしたときは、特に証明書の有効期限について条件がなかったので、発効日が古くても特に問題ないと思われます。特に進学を希望されている方は、日本の成績を変換できるので後々の利益になると思います。
成績が残っていない場合は、単位取得証明をもらってください。成績は使えませんが、高卒の条件を満たすのには役立ちます。

よく、大学の卒業証明があれば高校の卒業証明書は必要ないのでは?と聞かれますが、学士レベル以下のコースを取るには、残念ながら原則高校の証明書も必要です。例えば、スウェーデン語のコースを大学で勉強するときに必要になります。

大学の成績・卒業証明書も、もちろん取っておいた方がよいです。

その3:移住前にお仕事をされている方は、退職証明書を発行してもらうのをおすすめします!

昔スウェーデンのハローワーク(Arbetsförmedlingen)に行ったときに、職歴を正式に表示したいならば、以前の勤務先からの証明書が要ると言われました。私は結局就職活動しなかったので提出してないのですが、日本の友人は退職証明書でOKだったとのこと!(しかも日本語のままで。翻訳については担当者によって違うかも。)
退職証明も請求可能期限に限りがあるので(退職後2年以内)、早めに取っておくと安心です。


その4:大学に進学を希望される方は、IELTSやTOEFLの受験をしておくのもおすすめ。

日本の高校で習った英語は、残念ながらスウェーデンの高校英語には変換できません。なので、高校卒業資格を満たすにはスウェーデン語に加え、英語も補填する必要があります。IELTSやTOEFLで一定基準を満たせば、学校に通わずに単位を認めてもらうことができるので、日本で受験しておくと後々楽だと思います。日本の方が受験会場も教材も多いので…笑

関連記事↓


その5:スウェーデン語の勉強は、やっておくに越したことはありません。

日本で独学で勉強するのには限りがありますが、スウェーデン語のCDやラジオなどを聞いて耳を馴らしておくだけでも違うと思います♪私はCD付きの本を日本で買って通勤の時間に聞いてました。ラジオはSveriges RadioのHPで日本からも聞けると思います。


最後におススメなのは
歯の検診・治療を済ませておくこと!

スウェーデンでの歯の治療費は高いです。検診だけでも1万円近くかかりますので、ぜひ日本にいる間に!きれいな状態の歯で移住すれば、もし歯の健康保険に入る場合、保険料が安くて済みます。



色々書きましたが、以上のことを移住前にやってないからといって必ずしも困るということではありません。やっておくと楽になるかな、という意味で書きました。人生なんとかなるものです。

少しでも、今後移住する方の参考になればと思います♪

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-10-10 20:23 | 手続き関係 | Comments(3)


永住権取得

タイトル通り、スウェーデンでの永住権を取得しました!

結婚・サンボビザは(過去に一緒に住んでいなかった場合)初めは2年間の限定つきで、居住許可が切れる30日前から更新の手続きができます。この更新のときに特に問題がなければ、日本人は永住権がもらえる場合が多いようです。永住権がもらえる条件は特に明記されておらず、永住権特別の申請があるわけではありません。延長の申請をして、期限付きになるかどうかは移民局が状況を見て判断をするという形式です。(問題になる理由としては、パートナーとの別離や長期にスウェーデンを留守にしていたり、または犯罪行為にかかわっていたり、などでしょうか。)

私の許可は5月3日に切れる予定だったので、4月3日に日付が変わってすぐに、ネットで手続きをしました。パスポート・パートナーのIDのスキャン、簡単な質問に回答したフォームの3点を送るくらいで、とっても簡単でした。

翌日の夕方に、申請の結果が出たので、郵便で結果内容の通知が来ます、という旨のメールが。実質1日で審査が終わって、とってもスムーズ!そして郵便で、永住権許可の旨が知らされました。私はまだ丸々2年住んでないのが少し心配だったのですが、これで安心しました。

許可が下りた後は、移住許可カードを作成するため、移民局で写真撮影・指紋の提出が必要です。(カード発行毎に必要とのこと。)
来週移民局に行ってきます。

追記:
カード発行のための写真撮影も済ませ、無事居住権カードも受け取りました。受付時古いカードを返却するよう言われましたが、同じ週にロンドン旅行の予定だったのでカードが必要な旨を伝えると、「では新しいカードが届いたら古い方にはハサミを入れてください」と提出せずに済みました。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-04-09 22:58 | 手続き関係 | Comments(4)


為替レートと外国送金、両替(なるべく損をしないために)

銀行業務から離れてもう10ヶ月が経ちますが、覚えているうちに為替等の話を。

昨年12月の衆議院選挙の後から、円安がどんどん進んでいますが、対スウェーデンクローナも例外ではありません。最近はついに1クローナ15円台になってしまいました。

スウェーデンはEU加盟国ではありますが、ユーロには参加していません。2003年に行われた国民投票で否決されたのです。始めに留学した時は通貨が違ってちょっと不便と思いましたが、ユーロ危機が起こった今となっては、この決断はよかったと言わざるを得ません。とは言っても、値動きはやはりユーロの影響は受けていると思います。

私が留学していた2007~2008年、ちょうどリーマンショックの前は、ユーロも、スウェーデンクローナも日本円に対してとっても高くなっていました。一番高いときは1クローナ18円台になっていました。

その後リーマンショック、円高の流れでどんどん下がって、2011年末~2012年前半はレートはかなり低い水準でした。一番低いときは1クローナ11円を切りました。

私はこの時期、まとまった生活費を事前に日本から送金しました。底値は逃したものの、割と安い時期(11~12円台の頃)に送金できたので、とってもラッキーでした。もし留学中と同じ水準だったら、同じ額に返金するのに1.5倍以上の日本円が必要なところでした。


スウェーデンクローナは日本国内ではちょっとレアな通貨なので、一般銀行から送金すると為替レートの上乗せけっこう高いことが多いです。更に、送金の手数料もかかります。

色々調べ、私が使ったのはインターネットバンク。為替レートもいいし(中値プラス0.4円位)、手数料も安いです。当時は「ロイズ銀行」が行っていた送金サービスですが、現在は新生銀行が事業を引き継いでいるようです。Goレミット新生海外送金サービス
他にも海外送金できるサービスはありますが、スウェーデンクローナの取り扱いがある機関は限られていました。ドル建てで送るのはちょっとねえ。

私が送金したのは昨年なので、最新の状況はわかりませんが、安易に近くの金融機関で送金すると、知らないうちに損をしてしまうこともあります。海外送金は店頭だと本人確認やマネーローンダリングの関係でややこしいし時間もかかるので、このようなサービスを使うのお勧めです。ただ、事前に口座の登録をしないといけないので、急ぎで送金するときには向きません。


両替について。
一般に、レアな通貨は両替の手数料が高いです。スウェーデンクローナへの両替を日本のある銀行のレートで計算すると、往復したら半分以下になってました…。こういうときは、現地で交換する方が手数料が安く済む可能性があります。

でも、クレジットカードや海外キャッシングのレートの方が実はお得!なことが多いようです。会社によっても違うと思うので事前によく確認が必要ですが、私の持っていたカードは中値プラス0.何円かのレートでした。

北欧はかなりカード社会なので、旅行中の現金は少なめでメインはカードにするのがスマートかな、と思います(たまに日本のカードが使えないお店もありますが)。万一盗難にあってもカードなら保障もあるし。

ちなみに、私は今はスウェーデンの銀行カードを使っていますが、現金はほとんど持ち歩いていません。お財布が小さくて済むので、結構楽チンです。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-04-18 05:35 | 手続き関係 | Comments(5)


楽器を持って飛行機に乗ったときの話

今さらになってしまいましたが、今日はスウェーデンに引っ越してきたときの手荷物について。

留学のときと違って今回は本格的に移住なので事前に段ボールで荷物を送っていましたが、それでも貴重品や郵送できないもので飛行場に向かうときは大荷物。

私の場合、特に苦労したのは楽器(アルトサックス)!!

預け入れ荷物にして乱暴に扱われては困るので、何としてでも手荷物として機内持ち込みしたかったのですが、ネックは楽器の大きさ。私のアルトサックスはケースの長辺が62㎝だったのですが、多くの航空会社の機内持ち込み手荷物規定は、「最も長い辺が55㎝以内であること」となっていました。各辺を足した長さは既定の範囲内なんですが、一番長い辺が7㎝オーバー・・・こういうのってどのくらい大目に見てもらえるんでしょう。

そこで、色々な航空会社の規定を調べ、楽器持ち込みについて寛容な航空会社を選ぶ作戦に。
ラッキーなことに、大韓航空・オランダ航空は楽器についての記述があり、「辺の合計」が既定のサイズ内なら持ち込み可、となっていました(最も長い辺については記述なし)!しかも、値段と乗り換え時間を見てこの飛行経路が一番リーズナブルだったので、大韓航空・オランダ航空乗継便に決めました。(規定は変更もあると思うので、これから試す方は最新のものをご確認ください。)

アルトサックスは比較的小さいので、この規定内に収まりました。もし規定に入らない大きな楽器を機内持ち込みしたいときは、一人分座席を買わないといけないみたい…

飛行機移動のため購入したキャリーケース。このケースだと若干キーが押されるので、保管用に元のケースも箱で梱包してスウェーデンに送りました。
d0074320_361967.jpg

楽器に加え、ノートパソコンも機内持ち込みにしたいもののひとつ(精密機械だからね)。
それについても、+αの荷物としてブリーフケース・女性のハンドバック等を持ち込み可能となっていました。

なので

メインの荷物=アルトサックス、+α荷物=PCの入ったブリーフケース

という形で乗り込みました。もちろん、カーディガンやちょっとした化粧品などの身の回り品も必要なので、ブリーフケースに頑張って詰め込み、荷物2つ以内に収まるようにしました。機内では身の回り品だけエコバックに詰め替え、残りは荷物スペースへ。

それにしても、アルトサックス+ノートパソコンは重かった…空港ではカートに乗せて運びました。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-16 03:08 | 手続き関係 | Comments(3)


スウェーデンの運転免許証

先週、スウェーデンの運転免許証を取得しました!

スウェーデンに長期滞在する人で(パーソナルナンバー保持者)で、日本の有効期限内の免許証を持っている人は、自動車学校や試験なしでスウェーデンの免許証を取得することができます。この特例は日本とスイスの免許証にしか適用がないので、ラッキーです!
注*スウェーデンで住民登録後、12ヶ月以内の期間内に手続をしなければなりません。この期間を過ぎた場合には手続きできません。

ただ、申請手続きは中々厄介。
手続き方法は時々変更がありますが、私が手続きした2012年9月~11月は以下のような流れでした。

1.まず、日本の免許証が有効であると証明するため、日本大使館で「自動車運転免許証抜粋証明」を発行してもらう必要があります。発行のためには外務省へ在留届を提出している必要があります。

以前は郵送でも対応だったらしいのですが、ルールが変わり、今は原則として本人が直接窓口に受取に行かないといけません。
そのときに窓口の人に聞いた注意点:
・申請は郵送でも可だけれども、受取は本人が直接取りに行く必要がある(本人確認のため)。
・申請を受け付けてから発行するまで1週間ほどはかかるので、ストックホルム在住でなく何回も行けない人は、事前に電話で確認をして、郵送で事前申請をしてほしいとのこと。

手数料は170krでした。

詳しくは→在スウェーデン日本国大使館のHP


2.Transport Styrelsenという役所から申請用紙を取り寄せます。
リンク→Körkort från länder utanför EESUtbyte av körkortのところに詳しい手続きについて説明してあります(スウェーデン語)。
HPではオンラインでも取り寄せられると書いてありますが、私のパーソナルナンバーには反応せず。結局夫に電話をしてもらい、用紙を送ってもらいました。

3.視力検査を受ける。申請用紙の中に視力検査用の紙も入っています。視力検査は町の眼鏡屋さんで受けられて、私の場合は100Krでした。

4・手数料振込み。600krでした。

5.記入済みの申請用紙と日本の運転免許証をTransport Strelsenに送る。

ここから5週間待ちましたが、音沙汰がないので夫に電話で確認してもらいました。すると、「あー、あるある。(コンピュータを操作。)いま手続きしたから、あと2週間以内には届きますよ」との反応。電話するまで何も手続きしてなかったみたいです…どうしてスウェーデンのお役所ってこんなんでしょう。急いでいる人は早めに電話で催促することをおすすめします。

6.次の手続き案内が届きます。カード発行料150krを振り込み、写真と署名を提出します。証明写真は背景が白でないといけないとの注意書きがあったので、注意。

7.6を提出して数日後、運転免許証を郵便局へ取りに来てくださいとの案内が届きました。ここでの注意点は、身分証は「スウェーデンの」IDのみ有効ということ。日本のパスポートではだめなので、スウェーデンのIDを持っていない人は、だれかスウェーデンのIDを持った人に一緒に来てもらい、その人に本人確認をしてもらう必要があります。

これで晴れてスウェーデンの運転免許証取得!!
スウェーデンだけでなく、EU圏内で運転ができます!そして、スウェーデンの免許証は「スウェーデンのIDカード」なので、これから色々と手続きが楽になります!うれしい♪

提出した日本の免許証については、後日日本大使館に送られ、手元に帰ってくるそうなのですが(日本大使館にも確認済み)…スウェーデンのお役所仕事は遅いので、いつのことになるかまだわかりません。

====
追記:12月19日、ストックホルムに向かう電車の中で大使館から連絡があり、日本の免許証が戻ってきたとのこと。ちょうどよいので直接受け取りに行きました。遠方の人は返信用封筒を大使館に送れば郵送返却してくれるそうです。
はじめに申請したときスウェーデンの役所に返信用封筒も送ったんだけど、一体どうなったんでしょ。捨てられたのかな。。。謎です。ともかく無事戻ってきてよかった!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2012-11-28 23:32 | 手続き関係 | Comments(5)


荷物発送前夜

今日は職場の同期が送別会を企画してくれました。ありがとう♪
d0074320_0125393.jpg

あっという間に一日一日が過ぎていき、出発まで2週間を切りました。

出発の予定は
6月30日に広島を発ち家族で京都旅行
   ↓
7月3日に関西国際空港からフライト

となっています。


明日は引っ越し荷物の発送!
d0074320_23445445.jpg

郵便局の国際郵便で送ります。

スウェーデンへの一番いい引っ越し方法を色々調べましたが、なにしろマイナーな国です。大手引っ越し業者は海外引越の国に限りがあり、スウェーデンは対象地域になっていない場合がほとんどでした。

1つ対象に入っている会社があったので電話で問い合わせたところ、海外赴任者向けに法人から依頼を受けるケースしか取り扱いがないとのこと。いずれにしても、業者に頼むと高くつきそうです。単身で荷物もそんなに多くないので、自分で郵便局から送ることにしました。

が、思った以上に作業が難航!
荷物を厳選して、壊れないように梱包して詰めるのも大変でしたし、
税関申告用のInvoiceの作成に意外と時間を取られました。
d0074320_23552463.jpg

現地の税関がチェックするために箱の中身を全てリストにし、値段と重さも書き出さないといけません。


はじめ中身の個数など記憶で適当に書いていましたが、適当に書いていて運悪く見つかったとき「虚偽申請」と見なされ厄介なことになる、という話を読み、ちゃんと数え直しました。

関税については、私の場合引っ越し荷物なので免除の対象となるので、その旨も明記しないといけません。invoiceに備考で書いたけれども、果たして大丈夫かしら…。使っているものなので、値段はかなり低めに書いています。

国際郵便にはいくつか種類があります。一番早いEMSは3~4日で着きますが、高い!安い船便は2~3か月かかるので冬物やすぐに使わないもの、その中間のSAL便は2~3週間で着くそうです。
今回EMSとSAL便を一箱ずつ、残りを船便にする予定です。
無事届きますように!

それにしても、こんなにたくさん送ったらErikびっくりしちゃうかしら。ま、バラバラに届くはずだから、大丈夫よね!


----
追記:
着いた荷物についてご報告。
EMSはいつも通り、4日後には到着しました。安心。
SAL便は、1回目に出した箱は1週間後に、2回目のものも8日後に着きました!2~3週間と書いてあったけど、早い!SALは航空便の空き具合で速さが変わるそうなのですが、今回は2回ともラッキーでした。早ければ6営業日くらいで着くみたいです。こんなに早いなら今度からSAL便でいいかも。
船便は9月の上旬に届きました。4箱と2箱が数日違いで届きました。
関税については、全くかかりませんでした!よかった!

スウェーデンではSAL便、船便はドアまで届けてくれず、最寄りの郵便代理店(スーパーの中などにあります)までしか着かないので、取りに行くのが大変でしたが、なんとかすべて回収しました!ちなみにEMSは、大きすぎない箱は初めはドアまで持ってきて
るようなので、そのとき運よく家にいれば取りに行かずに済みます。ただ、再配達はしてくれないので、それを逃すとやはりどこかに取りにいくことになります。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2012-06-20 23:50 | 手続き関係 | Comments(5)


スウェーデン人との国際結婚の手続き[3]スウェーデンへ送る書類


日本での婚姻手続きが終わったら、いよいよスウェーデンでの手続きに向けて準備をします!(2011年の情報)

◆必要な証明書の発行
①婚姻届受理証明書
②新しい戸籍謄本

①②に関しては、両方出すのがベストですが、①のみでも受け付けしてもらえた方もいるようです。場所や担当者によっても違うのでしょうが、私は念のため両方用意しました。

《解説》
①婚姻届受理証明書→一般と上質がありますが、提出するのは一般タイプのもので大丈夫です。一般タイプならば即日もらえます。手数料は350円でした。
呉市役所の場合、一般タイプは手書きだったので、これでスウェーデン側に受け付けてもらえるかなと少し不安だったのですが、全く問題ありませんでした。
(上質タイプも記念に発行しました。こちらは賞状形式で、字も手書きではなくちゃんとタイプしてあるので発行まで1週間ほどかかります。手数料も1400円と一般タイプの倍以上するので、提出用にするにはちょっともったいないですね。)

②戸籍謄本
こちらは、即日発効はできないので、改めて申請に行かなくてはいけません。改姓・本籍地の変更があった場合はパスポートの訂正にも必要です。

◆英訳と公証
英訳は、ネットで検索するとフォーマットの例が出てくるのでそれを参考にしました。

公証についてはErikにスウェーデン大使館にメールしてもらい、方法を確認しました。
○現金1500円○証明書の原本○訳○切手を貼り住所を書いた返信用封筒
をスウェーデン大使館へ郵送すると、1週間ほどで公証されたものが返ってきます。原本と訳が一つにまとまって、公証の表紙とスタンプがついたものでした。

◆パスポート
コピーを提出するので、名前や本籍地の変更があった場合は記載事項訂正の手続きをしましょう。手数料は900円、申請から1週間ほどかかります。(もちろん訂正でなく新しいものを発行することもできます。私は当初訂正にしていましたが、空港の自動チェックインができなくて不便だったので後に新しく発行し直しました。)


公証済の証明書セット、パスポートのコピーをパートナーに送ってしまえば、こちらのすることは完了!あとは配偶者が税務署に必要書類を提出し、登録されるのを待つだけです。
登録自体はSkatteverket提出後1週間程度でできましたが、公証や郵送で時間がかかっているので、双方の国での結婚が成立したのは、日本での結婚から約1か月後のことでした。

これで晴れて夫婦!!


結婚手続が終わったら、今度は居住許可の申請が待ち受けています。そちらの手続きは先月無事完了しました。
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2012-06-10 17:26 | 手続き関係 | Comments(3)


スウェーデン人との国際結婚の手続き[2]日本での手続き


外国人と結婚すると、自分が筆頭の新しい戸籍ができ、配偶者欄に相手の名前・誕生日・国籍が記載されます。よく「スウェーデン人になったの?」と聞かれましたが、私の国籍は日本人のままです。

日本の役所に提出する書類(2011年現在)
【相手に用意してもらうもの】
◆出生証明書…スウェーデンの場合税務署Skatteverketでもらえるpersonbevis 又はfamiljbevis(population register)
◆婚姻要件具備証明書…Skatteverketで発行するMarriage Licence
※これらの書類は英語でも発行できます。役所に提出するときは英訳をつける必要がありますが、訳は自分でして大丈夫です。訳の終わりに訳した日付・署名・印鑑を記します。
スウェーデンには出生証明書にあたるものがないので、Persobevisがその代わりになります。自分で日本語訳するなら、直訳でなく出生証明書というタイトルにした方が役所の人は扱いやすいようでした。

◆パスポートのコピー

【日本から送って書いてもらうもの】
◆婚姻届…署名は本人に書いてもらって、後はこちらで記入可とのこと。名前はカタカナ表記になるので、相手に希望を聞くとよいです。外国人の場合、印鑑は不要とのこと。

【日本人側の必要書類】…これは一般の結婚と同様です。結婚と同時に改姓もする際は、その届も必要となります。外国人との結婚の場合は夫婦別姓が認められているので、何もしなければ自分の名前はそのままです。

役所には事前に問い合わせをしていきました。要は役所の人に書類が正しいことが分かってもらえればよいので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。


婚姻届が受理されたら、その場で婚姻届受理証明書を発行してもらいます。これが海外へ結婚を届けるときに必要になります。


[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2012-06-10 16:10 | 手続き関係 | Comments(2)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
> swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 19:28
つい最近質問させていただ..
by swift4869 at 18:57
> Swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 18:54
お忙しい中すみません。 ..
by Swift4869 at 23:08
> すべりげさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 00:35
もみじさん初めまして! ..
by すべりげ at 11:52
> sanさん スウェ..
by Hiroshima-Momiji at 19:56
> Hanamiさん ..
by Hiroshima-Momiji at 19:51
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧