広島もみじの冒険日誌 in Sweden


カテゴリ:学生楽団 Alte Kamereren( 24 )



もうすぐ会計の任期終了!

昨年9月に学生楽団Alte Kamererenの役員(会計)になってから、もうすぐ一年です。
一週間後に年次総会があり、その時に役員を交代するので、任期もあと少し!

会計の仕事はこんな感じでした。
  • 演奏が終わったら、演奏依頼者に報酬の請求書を送り、支払の確認をする。(私たち楽団は演奏の報酬で運営しているのです。)
  • 楽団宛に来る請求書の支払いをする。
  • 立て替えをしたメンバーから領収書をもらい、お金を渡す。
  • お金を集める(パーティーやイベント参加費など)。
  • 全ての取引を簿記に付ける。

演奏は小さいのも入れると1年で約50件、演奏収入は3百万円弱と、実はそれなりに活動実績があります。

それに加えて役員としての仕事
  • ミーティングで重要なこと(物品購入、演奏引き受けの是非、楽団内の人事、などなど)を決める。
  • 演奏があるとき、色々な手配(運搬、メンバー集め、当日の指示など)をする。
  • 新入生歓迎活動。
  • 可能な限り練習・演奏・行事に参加。(ふつうのメンバーなら好きな時に行けばいいというちょっとゆるい感じ。)
  • 大掃除の指揮。
などなどがありました。


会計の仕事は好きなのでいいのですが、役員としての仕事は正直面倒くさいと思うことが多々ありました。
特に、自分が忙しいときや興味を失ってしまったときにでも行かなければいけないという重荷感、行けないときに他の役員に頼む罪悪感。。もうすぐそれから解放される!

苦労談を少々。

役員を交代して初めにやることは、銀行に行って代表者情報等を変更することなのですが、これが難航。
代表者を変更できないと、請求書の支払いにいちいち窓口まで行かなければならず、とっても不便なのです。

当時楽団はH銀行と取引したので、そこに役員3人で必要書類を持って手続きしに行きました。
書類を提出して一週間以上経っても音沙汰なく、問い合わせると「必要な書類が提出されてません」と。そしてH銀行がないと言ってる書類は、提出・コピー済みの書類だったのです。仕方ないので書類のコピーをもう一度送ると、また別の書類がないとか後から後から言い出し……要は、担当者が失くしちゃっていたのです。

元銀行員として、お客さんから預かった書類を(コピーとはいえ)失くすなんてあり得ません!!しかも送ってきた手紙は誤字だらけだし…あまりのことに、上司とH銀行に正式な抗議文を送りました。こういう紛失が起こるのって、銀行の管理体制がなってないと思うのです。

そこでやっと上司が出てきて、すぐに手続きをしてくれました。待つこと3週間…ありえん。これでやっとインターネットバンクで支払いなどできるように。

と安心したのも束の間。。なんと「H銀行は2014年末を以て現金の取り扱いを停止します」と通知してきたのです。
現金の預け入れをしたいなら、別の現金取扱業者と契約しろと!(もちろんけっこうな手数料がかかる。)

書類紛失の件もあったし、これでもうスッパリ、取引銀行を替えることにしました。
現金取り扱いをまだしていて管理体制がしっかりしていそうな銀行を探し、S銀行に落ち着きました。決まった担当者もいて、いい感じです。

ただ、現金取り扱いがあるといっても、ATMで紙幣だけの取り扱いで、一か月間に預け入れの上限もあります。スウェーデンではどんどん現金取り扱いを減らしていこうという流れが主流のようです。コスト面、マネーローンダリング対策が主な理由のよう。
私たちも、楽団内でも現金取り扱いを減らすため口座のVisaカードを導入しました。

そんなこんなで大変な滑り出しでしたが、会計・簿記はうまくいき、先日監査も終わって後は総会の承認を待つのみ!
監査の人(といっても素人ですが)には、「ここ数年で帳簿と口座の額が合ってたのは初めてだよ。お蔭で監査もスムーズに終わったよ。よくやったね!」と言われました。いったい今までの会計どんなだったのー!とツッコミどころ満載です。

私たち楽団は会社ではなくて非営利団体なので、不当な利益を出していなくて、マネーローンダリングなど犯罪の隠れ蓑となっていないことなどを証明できれば一応はよいのです。



銀行で働いていた経験も少し生かせて良かったです。札勘(お札を手で数える技)とか!笑。50枚と思って取った札束を数えて本当に50枚だったときとかは、ガッツポーズものでした。


あと残っているのは、次の会計係への引き継ぎ書(楽団内では『遺言書』と呼ばれている)の作成のみ♪
きれいに引継いで、今年度はゆっくりさせてもらおうと思います。
d0074320_23031181.jpg

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-09-10 04:42 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


Alte Kamereren 50周年記念コンサート

前回の記事でお知らせしたコンサート、無事終わりました!
d0074320_02182546.jpg
公演は昼の部と夜の部と2回あって、たくさん人が見に来てくれました!昼の部のチケットの売り行きが心配されていましたが、蓋を開けてみると思ったよりたくさんの人が!夜の部はOB・OGが大勢来るのもあり満席でした。

今回は大学の授業や会計の仕事が忙しく、Spexで練習に行けないこともあったので演奏は出るまいかと実は前の週まで悩んでいました(アルトサックスは人数的には足りていたので)。この公演の運営自体は、春に結成された運営委員がやっていたのでそんなに責任を背負っていたわけではありませんが、やはり役員としての仕事量は通常より多かったのです。
でも50周年なんて一度きりしかないし、直前になってソロや歌を担当することになったので、予定通り演奏も参加しました。

歌は、本当は他の子が歌う予定だったらしいのですが急に予定が変わり、私とErikで歌うことに!(こういうときは大体今まで演奏歌ったことがある人に声がかかる。)決まったのが本番5日前の練習の後というギリギリ具合!曲はABBAのHoney Honeyで私が楽団用に編曲したものです。なんだか自分たちで歌うためにアレンジ作ったって思われそうだけど、違うのよーっ!笑

歌詞は英語だし簡単なのに、短期間で覚えようとすると意外と大変でした。1番と2番と3番の歌詞が混ざりそうになる~!しかもじっと突っ立ってるんでなくて動きも考えながらなので、余計忘れそうになりました。本番、ちょっと歌詞忘れた部分もあったけどごまかし、無事終了。

コンサートは演奏だけでなく、Spex要素(面白い要素)も満載。下の写真はその一部。
司会の二人が、現役メンバーとOGという設定でメールのやり取りをリアルタイムでする、という一コマ。

公演の後はパーティー!OBOGや他の学生楽団も招いての大きなパーティーでした。こんなに大勢の人が楽団に関わっているのを見ると、ふだんはあれっ?な演奏をしてる楽団でも誇りに思えます。参加してよかった!
○○周年記念というときには他の楽団から贈り物があるのが恒例。式次第でお客さん楽団のスピーチがある度、役員の私たち3人は前に呼び出され贈り物を受け取ったり、最後にはありがとうスピーチ&歌を歌ったりしたので、ゆっくり座る時間があんまりなくってあっという間に終わりました。


この公演を最後に引退するメンバーがたくさんいるので、ちょっと寂しくなりそうです。今年はカーニバルと記念公演で楽団にとってはイベント盛りだくさんの年でした。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-12-11 04:15 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


明日の演奏会告知

とってもぎりぎりの宣伝になってしまいましたが、明日22日はAlte Kamererenの50周年コンサートがあります!
d0074320_20345408.jpg
日時:2014年11月22日(土)
Matiné 15:00 (100 kr)
Galakonsert 18:00 (150 kr)

場所:Stadsteatern (ルンド)

チケットは当日会場でも購入できます。

音楽・歌・ダンスに加えコメディ要素が色々詰まった演奏会です。今回は私が編曲を手掛けた曲も演奏します♪
ルンド近辺で明日の予定を考えている方は是非!

詳しい情報はFacebookのイベントページへ。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-11-21 20:40 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


楽団の役員(会計)になりました。

先月、学生楽団Alte Kamererenの年次総会があり、役員(会計)になりました!

楽団の昨年度の活動人数は約70人。その運営を3人の役員(代表・会計・書記)でリード・意思決定するので、けっこうな大役です。

役員の話が来たのは5月頃。選挙管理委員のメンバーから電話がかかってきて、役員に推薦されているとのこと。その時は特にどの役かの指定はなかったのですが、負担が大きい代表とスウェーデン語力が一番必要な書記は無理だなあと思い、会計なら引き受けると返事をしていました。

法学部進学に重なるのでちょっと迷いましたが、この私を推薦してくれた人がいたことは嬉しかったし、それがなければもう引退時かなあなんて思っていたので今年が最後の機会かなと思って返事をしました。それに、将来の就職活動の際など「この日本人はスウェーデン(語)でちゃんと仕事ができるのか?」と思われる不安材料を少し減らすことができるのではと思ったのもあります。選挙管理委員が候補者を最終的に選び、それが総会で承認され9月に新年度のメンバーが決まりました。

(Alte Kamererenは非営利団体として正式登録されているので、役員を年次総会で選び、ちゃんと決算書なども提出するように決まりがあります。)

Alte Kamererenでの初めの年は交換留学生だったので、責任とか権力とかとは無縁に気楽に過ごしていました。2年前に戻ってきてからも、特に責任があるような係はしていませんでした。始めの頃はスウェーデン語がまだまだだしって思っていたけれど、大分事情が分かるようになると私も何かの係できるかな…と思い始めたり。今回、背中を押された形です。

任期は一年。学業とも両立させないといけないので忙しくなりますが、自分にとってもとても勉強になるはず!がんばります!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-10-08 20:42 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(4)


4年に一度のお祭り、ルンダカーニバル!2014

5月16日~18日の3日間、ルンドでは4年に一度のお祭り、ルンダカーニバル(Lundakarneval)が開催されました。

ルンダカーニバルはちょっと規模の大きい大学の学園祭という感じ。大学の中心エリアがカーニバルエリアということで仕切られ、中で色々な催しやショーが行われたり、お店が出ていたりしています。土日には町の中心地でパレードもあります!

今年のカーニバルのテーマは『未来』”Futuralkarneval”で、初めて女性が”司令官”(運営のトップ)になったことで話題になりました。

私は学生オケでカーニバルメンバーとして参加!初めてのカーニバルです。私のオケはAlte Kamererenで100人程の大所帯でした。スウェーデンの他の大学や、フィンランドからも学生オケ(とバレエ)も遥々やってきて参加。

オケの活動のメインはカーニバル開幕後にある『オーケストラコンテスト』と、土日のパレード。他にも町で演奏をしました。
d0074320_05511989.jpg
パレード。天気が良い中2時間の演奏!中々タフです。
d0074320_06145210.jpg
4年に一度のイベントなので、OBOGもたくさんやってきます。Alte Kamererenには古いメンバーのグループÄltere Kamereren(ÄK)があり、彼らも別団体としてパレードに参加します。こちらも大所帯で150人参加リストに載っていました。

土曜日の朝にはカーニバル恒例の、現役とÄK全員での記念撮影があったり、パレードの後に合同演奏をしたり、世代を超えた交流があって面白かったです。私の留学中にいた古いメンバーにも再会できてよかった!

写真撮影に行く道中。すごい人数…(笑)
d0074320_05552980.jpg
合同演奏でのHerrbaletten(男の”バレエ”)
d0074320_05572365.jpg
今回のカーニバルはオケの活動中心だったので、他の催しについては書けませんでしたが…4年後にはゆっくり見られるかな?

カーニバルの思い出品。
d0074320_07032448.jpg

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-05-24 06:22 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


Karneveljenー3500人の集まるイベント

3月15日(土)、ルンダカーニバルの一環でKarneveljenという大きなイベントがありました。
3500人が集まる中でのショー+ディスコです。

d0074320_21441058.jpg
私はAlte Kamererenで参加。今までで一番多くの観客の前で演奏しました!

Karneveljenでは、ルンドの学生オケBleckhornenとAlte Kamererenが「カーニバル本番でのパレードの先頭を争って演奏対決をする」というのが恒例になってます。が、実は対決というのは名目で、実際は交互に勝つような慣わしになっているそうです(八百長ね…)。今回はBleckhornenが勝つ番でした。
演奏の写真がLundagårdのページに載っています。

ショーはその他にも歌やトークなど盛りだくさん。出演者にはSpexで一緒に活動している友達がたくさん出ていて、彼らの才能にあらためて感嘆させられました。


[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2014-03-20 21:50 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


ドイツ演奏旅行

日本へは7月末まで滞在し、今はスウェーデンに戻ってきています。
夏休みの記録を、少しずつ。

8月の上旬から1週間、Alte Kamererenの演奏旅行でドイツに行ってきました!
昨年も夫と参加したので2回目の演奏旅行ですが、今年はErikがノルウェーでサマージョブをしていたので、単独での参加。よいスウェーデン語の特訓になりました!笑

ドイツ演奏旅行は毎年恒例のイベントで、ルンド発、ドイツ各地をビアガーデンやイベント会場・広場などで演奏しながら巡る、10日間のバスツアーです。だいたい40~50人くらいでの団体旅行で、泊まるところはユースホステル中心(ホテルもたまにある)で、学生の旅!です。
d0074320_575754.jpg

↑ドイツ語での看板。

今回は出発日が日本からの帰国日に近かったので、3日目から参加しました。バスの移動が長いのは大変なので、直接ドイツまで飛行機で行ったのはよい選択でした。

何都市か巡って演奏する中で、何年も連続で訪れているのがBamberg。
ここのビアガーデンで2夜連続で演奏するのが恒例になっており、毎年私たちの演奏を楽しみにして来てくれるAKファンのお客さんがたくさんいます。とても盛り上がって、ここで演奏するのはとっても気持ちがよかったです!AKはこの町のドイツ人に愛されてるなーと感じます。
d0074320_5132618.jpg

他にも、去年に引き続き演奏したUlmのビアガーデンでも、雨の中お客さんが大盛り上がりで聞いてくれたり、楽しい演奏がたくさんできました。ドイツでは演奏でチップをもらうので、そういった点でもお客さんの反応が分かります。

演奏以外にも、みんなで大型楽器店に行ったり、プールで泳いだり、レストランに行ったり、観光したりと盛りだくさんの一週間でした。色んな人と話せてよかった♪

天気も概ねとても良く、夏を満喫できました!
ビールが好きだったら、もっとドイツを満喫できたのでしょうが…まあ、他にいいお買い物(化粧品や小物)ができたので、よしとしましょう!
d0074320_5281121.jpg


ちなみに、ドイツで苦労したことは、ズバリ食事です…。ドイツには何度か行ったことがあるので経験済なのですが、今回は夏バテ気味で食欲がなかったのでいつもより大変に感じました。
ドイツ料理、肉料理やこってりしたものが多いのです。サラダや野菜もドレッシングや油がたっぷりでこってりしてることが多々あります。
後は飲み物。レストランでは買わないといけないし、ミネラルウォーターも炭酸入りしか置いていないところがけっこう多い。夏バテしてるからさっぱりしたもの、と思っても甘いものばっかりだったり…日本に帰国したばかりだったので冷たい麦茶が恋しくなりました。

スウェーデンはベジタリアンメニューが充実していてそんなにこってりしてないし、普通の水なら無料でもらえるのが一般的なので、住んでるのがスウェーデンでよかった、と思ってしまいました。(ドイツ在住の人ごめんなさい!)
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-08-29 05:38 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


博士号学位授与式の日

5月31日、昨日はルンド大学の博士号の学位授与式が大聖堂でありました。周辺は出席者の家族や見物人がいっぱいでいつもと違う雰囲気。大聖堂の中の式で演奏するのは大学に直属の(もっとうまい)オケですが、私たちAlte Kamererenも屋外での演奏を担当しました.

当日は「耳栓を持ってきた方がいい」と言われていたのですが、その理由はこれ。
d0074320_21124289.jpg

お祝いのために本物の大砲が撃たれます。すごい音!

お祝いで大砲を撃つというのは私には馴染みのない習慣でした。そういえばチャイコフスキーの祝典序曲「1812年」も、終盤は本物の大砲を演奏に使うように指定があったとか。音楽の先生が、大砲はロシアのナポレオン軍への勝利を祝うためのものだと説明されていたのを思い出しました。

式典のあと、大聖堂から大学のメインビルディングにパレードする博士や大学関係者の傍ら、戴冠式行進曲をひたすら繰り返し演奏(今回は4回)。パレードの後は15分ほど他の曲も演奏しました。
d0074320_2149364.jpg

こんなところで演奏。バンジョーのソロのためみんな座ってます。後ろに見える白い建物がメインビルディング。

演奏していて写真が撮れなかったので簡単に言葉で説明。

パレードの初めに来たのは白いドレスをきた小さな女の子たち。9人のミューズ(ギリシャ神話の智の女神)を象徴しているそうです。

博士号を取得した人たちは皆黒い礼服でした。中には杖を突いたおじいさんや、赤ちゃんがおなかにいる女性(もうだいぶ大きい)もちらほらいて、本当にいろんな人が博士号取得を目指してがんばってきたんだなーと思いました。

日本だと、学費もかかるしなかなか難しいのじゃないかなと思います。スウェーデンでは、博士課程は基本的に有給なのです!しかも、ちゃんと家族が生活していけるくらいのお給料のようです。(中には給料はもらわず単位だけという人もいると聞きましたが、基本的に給料をもらって研究している人がほとんど。)研究者という立場で、学生に講義などもしなくてはいけないそうですが、本当に進学しやすい環境だと思います。

大聖堂の前にはいくつかの国の国旗が揚げられていました。
d0074320_2147479.jpg

天気もよく気持ちの良い日でした。最近20度を超えるようになりましたが、スウェーデン基準ではもう「夏」だそうです。とっても過ごしやすい!(夏に日本へ帰省した時が心配です…。)
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-06-01 21:52 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)


SOF2013--学生楽団フェスティバル!

5月10日から12日の3日間、スウェーデンの学生楽団フェスティバルSOF(=StudentOrkesterFestivalen)に参加するため、Linköpingに行ってきました!

毎年5月のこの時期行われるこのお祭り。隔年でウプサラ(STORK)、Linköping(SOF)で場所と名前を変えながら開催されています。今回は私の入っているAlte Kamererenを含む30の学生楽団がスウェーデン全国、そしてフィンランド・ドイツからも集まりました。

留学中私が参加したのは2008年のSTORKなので、SOFは初めてです。(前回の記事はこちらSTORK2008

STORKは会場が町の色々な場所に分かれていいましたが、SOFは大学の側が一帯お祭り会場になっていて、4つのステージで同時に演奏が行われます。
d0074320_4472068.jpg

他の学生楽団と交流したり、お互いパフォーマンスを見たりできる数少ない機会です。
1日目は30分ずつのステージが夜7時から9時半までの間に3回ありました。演奏で忙しくて全ての団体は見れませんでしたが、5年前のSTORKや去年の夏のÖstersjöfestivalenですごい!と思った団体の演奏もまた見ることができました。今回は、この団体は、こういうテーマなんだ、とかこういうメンバー構成なんだ、など教えてもらって面白かったです。


エリア内にはステージの他にも売店があったり、相撲ゲームのコーナー、「スピードデート」のテント、ダンスコーナーなどがあり、若者でいっぱいでした。
d0074320_4493164.jpg

対戦前に手を合わせて挨拶してたけど…そんなことしないよね。外国から見る日本って合掌してお辞儀しているイメージのようです。

2日目、朝一番は町中の広場で演奏。
d0074320_4515739.jpg

真面目なオケと違って、面白いことをする学生楽団。これは定番のサックスを馬に見立てて走るパフォーマンス。

昼食の後はパレード!このパレードには楽団だけでなく、大学の他のグループも参加していました。

夜も2回演奏があり、最後の演奏は深夜1時のメインステージで。
d0074320_50969.jpg

この写真は別の団体のステージですが、メインステージは客席に屋根もあって観客がいっぱい。かなりの熱気でした。


ちなみに、このフェスティバルは参加料に食事と宿泊も含まれています。が、私は今回この宿泊場所には泊まらず、別にホテルをとりました。

というのも、体育館で寝袋・マットレス持参の雑魚寝、だからです。5年前は何とか泊まったのですが、今回の場所は人が動く度にセンサーが反応して照明が点いて大変だという話を聞き、体力に自信のない私は今回は雑魚寝は無理だと判断したのです(笑)。他にも、ホテル・ホステルや友達の家に泊まって難を逃れているメンバーがいました。


こうやって色んな団体を見ると、私はAlte Kamerernが一番合ってるかも!と改めて思いました。

まずは人数が多いこと(30~40人くらい。他の大学オケは10人以下のところも多い)。
そして、演奏する曲が楽器メインの曲で私の好みに合っていること(専属の歌手がいるグループは、歌がメインで楽器は伴奏とソロがほとんどなので、ちょっと退屈そう。そして、私は生音が好きなので、エレキギターなど使わないAKはちょうどよい)。
ユニフォームも、AKのが一番好き!黒ジャケットに赤いボトムが私たちのユニフォーム。他の団体は淡色のユニフォームだったり(汚れが目立つ)、つなぎのようなユニフォームだったり(かっこよくない…)。

やっぱり自分の団体は贔屓目で見ちゃいます。
他の団体の人も、みんな自分のところが一番って思っているのかもしれませんね。


大きなイベントは終わりましたが、5月・6月は他にも演奏の予定がたくさんあります。気候も良くなり、緑がきれいな季節の演奏は気持ちがよいので、しばらく楽しみが続きます!
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-05-14 05:31 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(2)


森の中での合宿

5月始めのこの土日は、Alte Kamererenの合宿へ行ってきました。
毎年5月の2週目ごろにある楽団フェスティバルに向けての練習+パーティーが目的の、毎年恒例の合宿です。5年前の留学中も同じところに来ました。

この時期になると(やっと)気候がよくなるので、外で練習。気温は18度くらいでちょうどいいけれど、日差しが強いので日焼け止め対策は重要です。
d0074320_515866.jpg

長くて暗い冬がやっと終わって、やっといい季節になったと実感します。
鳥のさえずりも聞こえて、天然のヒーリング音楽みたいで気持ち良かった!
d0074320_5194914.jpg


練習の後はレクリエーション。チームに分かれてポイントを競うゲームをしました。「哺乳類一匹と一緒に写真を取ってくる」「水をぴったり6DL取ってくる」などのタスクをこなすべく、のどかな景色の中を同じチームの人たちと歩き回りました。

ここは本当に自然の中。Lillsjödal(小さい湖の谷)という名前のコテージで、その名の通りすぐ近くには湖があります。
d0074320_518501.jpg

湖の脇にはサウナがあって、サウナと湖を行き来できるようになってます。サウナで暑くなったら湖に入って冷まして、またサウナに戻る…の繰り返し。私は真似してません(笑)サウナには夜行ってる人がたくさんいました。
d0074320_5493578.jpg


夜はパーティー!
席を決めるとき、今回は男女別に背の順に並んで一番高い男子と一番低い女子が組になる、という決め方だったのですが、なんと私、157㎝なのに一番背が低かったのです!!この子は私よりも低いだろうと思っていた子が1㎝高かったり…背が高い人が多いので、日本だと平均身長の人が相対的にちびっ子みたいに見えます。
ディナーの後男性で二番目に背が高い人とダンスをしたのですが、彼は197㎝だそうで、40㎝も身長差があると、踊りながら話すのは難しかったです。

泊りなので、夜もゆっくりいろんな人と話せてよかったです。


さて、いよいよ来週はSOF(学生楽団のフェスティバル)があります。
2泊3日の演奏旅行、楽しみです!
[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-05-06 05:57 | Alte Kamereren(ルンド) | Comments(0)

    

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
もみじさん、お返事ありが..
by nemuko0 at 08:17
> nemuko0さん ..
by Hiroshima-Momiji at 08:02
はじめまして!スウェーデ..
by nemuko0 at 06:34
ありがとうございます!
by Akiko-kaza at 18:00
> ゆうこさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 01:23
ウィーンのゆうこです!ブ..
by ゆうこ at 18:41
> Masaさん そう..
by Hiroshima-Momiji at 01:04
スウェーデン語なんですね..
by Masa at 17:20
> Akiko-kaza..
by Hiroshima-Momiji at 00:10
こんにちは!もみじさん!..
by Akiko-kaza at 17:07
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧