広島もみじの冒険日誌 in Sweden


Hemtentaとグループワーク

3週間前にあった契約法のHemtenta(=Home exam) の結果が出て、無事合格していました。
合格ラインは10点満点中の5点で、私の結果は7点でした。ぱっと見たところ合格者の平均くらいです。追試になったのは全体の18%。

Hemtentaは、テスト課題が発表されたあと、決められた期間の中で参考資料など自由に使いながら答案を作成し提出する、という形式です。期限は学部やコースによっても違って、今回の試験は朝9時に課題発表、同日18時が締め切り、という制限時間9時間の試験でした。大きな問題が3問に論述で回答する形式。

後から見直したらちょこちょこスウェーデン語のミスがあり、それで減点されないか心配していましたが、それは大丈夫でした。

合格していたことにはほっとしましたが、何故か嬉しくはなりませんでした。7点は最低取りたい、と思って望んで結果7点。いいんだけど、あと1点くらいなんとか取れたんじゃないかな、上には上がたくさんいる、と思ってしまい、複雑な気持ちに…。
私もどうも、典型的な法学部生のようになってきたみたいです。平均点じゃあ不十分、いい成績をとらなければという風潮。でもこれって、日本の受験戦争にもある風潮ですね。



試験は個人プレーなので自分次第ですが、ここはスウェーデン、グループワークも避けては通れません。(ただ、法学部は他の学部に比べたらグループワークの比重は少ないように感じます。)

今学期のグループワークは模擬裁判が2つ。私たちのグループは原告側だったので、先週は訴状を書く作業でした。
グループの人数は本来は5人なのですが、私たちのグループは1人は既に履修済み、1人は大学に来なくなった、という理由で3人に。

始めは順調だと思ったものの、なんだかこの2人の若者、課題を甘く見てかかっている感じ。3人の意見が一致したときは特に問題ないけれど、私が一歩踏み込んだ提案をすると、「そんなの考えすぎだよー」と笑われたり、2人の考えになかったような提案をすると、なんだか私が変なことを言っているような態度をされちゃんと聞いてもらえなかったり…。

一番疑問に思ったこと(私は訴状には、被告側の出方をあらかじめ予想してそれに対抗できるような内容を盛り込もうと提案したのだけれども、2人は模擬裁判当日に、相手が言って来たら言い返せばいいから書く必要ない、と)を質問するべく先生のところに。質問の答え(書いた方が勿論いいけれど、書かなくて当日言っても不合格にはならない)の他に、先生には私たちの値引き主張の計算の仕方が違うことを指摘されました。法律文からは読み取れないような内容でした。

後日、先生に指摘された点を2人に説明したところ、彼らの思っていた解釈とは違って中々納得してもらえず。法解釈コメントを確認するように言ったのに、それもせずに「先生の言ってること誤解したんじゃないの?」という結論付けをしようとされ…さすがに反論しました。「信じないのは、私が言っているから?私はあなたたちみたいに綺麗なスウェーデン語は話せないけど、理解はちゃんとできてるし、内容も把握してる。」

そう言ったら、上記の発言をした女の子は「みんな勘違いすることはあるから(そんな意味じゃなかったけど)…」ともごもご言っていましたが、結局先生に聞いた内容は認めてもらえ、その日は事務的に作業を済ませました。

でもグループワークの後、悔しくて悔しくて、腹が立つと同時に、これが社会の現実なんだと思って悲しくなりました。話すのがちょっと拙いからって、理解力まで疑問視しれくるなんて失礼!でも、相手は高校を出て間もない、そしてルンド大の法学部に入ったというだけで自分たちが偉いと思っているようなお子ちゃまなのです。仕方ないのかな…。きっと社会に出ても、私が移民、又はスウェーデン語が訛っているというだけで下に見て来る人はいるんだろうと思います。悔しい。この悔しさは、勉強の糧にするしかないのでしょうか…。

私が言い返したことが、どれだけ彼らの心に届いているかは分かりません。また否定されるような態度をされたらと思うと怖いですが、月曜日に模擬裁判の準備と本番があるので、そのときにどんな感じか様子見です。本来は1学期間同じグループなのですが、(他より人数が少ないこともあり)うまくいかないようならば次の模擬裁判のプロジェクトでは調整してもらえそうなので、希望はありです!

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2015-03-07 07:33 | 法律の勉強(ルンド大学) | Comments(4)
Commented by Hanami at 2015-03-07 22:51 x
分かります!言語力イコール理解力ではないですよね。そして分かっていてもうまく伝えられない、そして母国語ではないからとその内容までも軽んじられるもどかしさと悔しさ。私もKomvuxでですが何度もありました。広島もみじさんが言い返されたことで彼らが何かに気づくことを願ってます!(というかきちんと言い返されただけでもすごいと思います。)
Commented by みかん at 2015-03-08 00:54 x
はじめまして。
私もこっちでも学部出たのでよくブログ覗いてました。私はただ合格すれば良い、ストレートで卒業出来れば良いというスタンスだったので、もみじさんのこと尊敬します!言葉をもう操ってる証拠ですね。私は卒業してスウェーデン社会に出てから、やっと言葉が追いついて来ました。法律家だと言葉で遊べないと仕事出来ないでしょうから、もみじさんでしたら、こちらでもきっと良い法律家になれそうで、同じ日本人として頼もしいですね。頑張って下さい。ブログ楽しみにしてます。
Commented by Hiroshima-Momiji at 2015-03-10 03:09
>Hanamiさん
コメントありがとうございます♪
そうなんです、このもどかしさ…。でも、言い返したのは効果があったみたいです。今日再びグループで集まりましたが、前よりも感じがよくなってました。言ってみるものですね!
Commented by Hiroshima-Momiji at 2015-03-10 03:13
>みかんさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
学部を出られているのですね!日本人で学部を出た方はみなさんどんな科目を選んでるのか気になります。
本当は、母国語でできることと同じレベルを求めると精神衛生上よくないのでしょうが、つい周りと比べてしまいます。またぜひブログ覗いてみてください!

<< ルドルフ1才      元クラスメートたちの進路 >>

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
はじめまして。 いつも..
by san at 22:18
もみじさん、お返事ありが..
by nemuko0 at 08:17
> nemuko0さん ..
by Hiroshima-Momiji at 08:02
はじめまして!スウェーデ..
by nemuko0 at 06:34
ありがとうございます!
by Akiko-kaza at 18:00
> ゆうこさん コメン..
by Hiroshima-Momiji at 01:23
ウィーンのゆうこです!ブ..
by ゆうこ at 18:41
> Masaさん そう..
by Hiroshima-Momiji at 01:04
スウェーデン語なんですね..
by Masa at 17:20
> Akiko-kaza..
by Hiroshima-Momiji at 00:10
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧