広島もみじの冒険日誌 in Sweden


高校の成績査定の結果

高校の成績をスウェーデンの成績に換算したらどうなるか、以前査定に出していたものの結果が返ってきました。もし今後、大学の学部や職業専門学校に入りたいときはこの結果を参考にすることができます。


1月末に電子申請していて、6か月ほどかかるとHPに書いてあったので、2ヶ月未満で届いてびっくりです。
教育機関はいろいろ組織改正があったようで、2013年現在Universitets-och högskolerådet という機関が査定をしてくれます。電子申請ではあくまで今後の参考にするためのもので正式に登録されているのではないそうですが、実際に応募するときどういう判定をされるのか事前に知ることができます。

結果はこんな感じでした。各科目がどの科目に当たるか、という判定で、Aコース、Bコースは科目名で、科目ごとの成績は出ません。全部をまとめた成績評価がもらえます。

国語→Japanska steg 7(日本語ステップ7)
数学I・II・A・B/数学演習→Matematik kurs D(数学Dコース)
世界史A・B/日本史A→Historia kurs A(歴史Aコース)
現代社会/政治・経済→Samhälskunskap kurs A(公民Aコース)
保健・体育→Idrott och Hälsa kurs A (保健体育Aコース)


日本の数学って強いと聞いていましたが、本当だったようです。数学は理系や医学部でもDまでしか必須でないので、文系の私も一応理系レベルの数学の条件を満たしています。

逆に、英語はゼロ評価。ただこれは、IELTSやTOEFLのスコアで基準を満たすこともできます。私は大学院応募の時にIELTSスコアを提出しているので、大学応募に必要な英語資格は登録済み!
スウェーデン語の基準さえ満たせば、文系の学部には応募できる内容です。

理科の単位も何にも変換されませんでした。高校では理科総合A・Bと地学Iをとっていたのですが、理科総合ではだめなのかなあ。ちなみに地学はスウェーデンの高校ではないようで、化学・生物・物理のどれかを履修していたらもしかしたら変換してもらえたのかもしれません。足りない科目はKomvuxで履修できます。


成績も変換されます。内申点のような感じですが、大学入試の選考基準にもなります。5段階評定で平均を計算して換算されるそうで、5点満点中何点かが書いてあります。それを自分で4倍して、20点満点で何点かを計算します。

この20点満点の点に「メリット・ポイント」という点が加算されたものが、大学入試の時の基準になるそうです。これについては当初外国人は全くもらえないと誤解していたのですが、HPで新事実を発見したので次の記事に詳しく書きます。
高校の成績、メリットポイントについて


スウェーデン語が終わった後の進路はまだちょっと先の話ですが、目安になる結果が早めにもらえてよかったです。

ちなみに、成績変換のために必要な書類は高校の成績証明書+卒業証明書です。
英語版がベスト。日本語しかない場合は翻訳の公証が要ったりちょっと面倒みたいです。

そして、学校教育法とやらで、成績証明書は卒業後発行できる期間に限りがあるそうなので、スウェーデンに移住の予定がある方は早めに用意されることをおすすめします!

*2017年5月追記
最近成績換算をされた方の記事(→リンク)もぜひご参考ください。私の情報もだんだん古くなってきているので。

[PR]
by Hiroshima-Momiji | 2013-03-22 00:38 | スウェーデンで大学へ入る道のり・手続き等 | Comments(6)
Commented by Julia at 2015-05-13 18:26 x
もみじさん、こんにちは。
私は現在日本在住で、日本の大学を卒業したのですがスウェーデンの大学(学部)で再度勉強することを考えている者です。
日本にいる状態で、スウェーデン語を学ぶことや大学に入ることなどについて調べることは本当に大変で(ご存知のことでしょう)、悪戦苦闘の日々なのですが、そんな時もみじさんのブログを発見し読ませていただきました。
本当に内容が親切で詳しく、大変ありがたく読ませていただいています。
大学への出願に伴う日本の成績や語学の条件などについて、これほど詳しく説明しているものは他では見つけられなかったので、すごく嬉しかったです。

これからも読ませていただきます。たくさんの苦労もあると思いますが、もみじさんも頑張ってくださいね。
Commented by Hiroshima-Momiji at 2015-05-14 21:52
>Juliaさん
コメントありがとうございます!私も自分が調べたときに情報が見つけづらく大変だったので、少しでも記事が役に立ったようでうれしいです!励みになります♪
何かわからないことがあれば、どうぞお気軽にコメントください。私の分かる範囲で、お役に立てたらと思います^^
Commented by laxmedpotatis at 2017-01-20 18:03 x
こんにちは。日本のどの科目がどのように成績評価されたかがわかり、とても参考になりました。

私も文系で日本で数学1B, 2Bを履修していたのですが、昨春にAntagning.seから大学のコースに出願した際、Matematik 1b(Matematik A)と変換されてしまいました。こちらの記事を拝見して判定が低すぎると気付いたので、「判定をやり直してほしい」とUhrに依頼したところ、Matematik 4(Matematik D)に修正してもらえました。

この記事を見ていなかったら数学の判定結果に違和感を持たなかったと思うので、とても助かりました。ありがとうございます。

なお、理科の化学1A, 1Bと物理1Aは全く換算されませんでした。理系のもっと高いレベルだと換算されるんでしょうか…。他の科目はもみじさんとほぼ同じ判定でした。
Commented by Hiroshima-Momiji at 2017-01-24 06:21
> laxmedpotatisさん
コメントありがとうございます!少しでも記事がお役に立って嬉しいです♪
それにしても、IIBまでやってMatematik Aはひどいですね…修正してもらえてよかったです。化学や物理でも換算してもらえなかったのですね。なんだか色々謎な判定基準です(^^;)
Commented by Swift4869 at 2017-06-30 23:08 x
お忙しい中すみません。
スウェーデンの大学に入学を志望する日本人、高3、17歳男性なのですが、日本での成績をスウェーデンの成績に換算すると、大体GPA((評定×単位)の全科目の和を全体の単位数で割ったもの)と同じような形になるのでしょうか?
当方、成績が平均して5段階評価で4程度しかなく、心配です。
Google翻訳を頼りに合格最低点を調べようとしたのですが、どこから調べられるのかわかりません。具体的に教えて頂ければ幸いです。
Commented by Hiroshima-Momiji at 2017-07-04 18:54
> Swift4869さん
成績は具体的にどう換算されるのか存じ上げないので、申し訳ないですがお答えできません。GPAを目安に考えるとよいのではないでしょうか。合格最低点は、コメント頂いた記事に貼ってあるリンク先(高校の成績、メリットポイントについて)記事にリンクを貼っているので、そちらを御覧ください。

<< 高校の成績、メリットポイントについて      楽器を持って飛行機に乗ったときの話 >>

留学時代に知り合った彼と国際結婚し、2012年夏からスウェーデンに住んでいます。現在、ルンド大学で法律勉強中!スウェーデンでの生活、大学のこと、日常生活、猫、オケでの活動、旅行などについて気ままに綴ります。
by Hiroshima-Momiji
◆About me◆
広島県出身。スウェーデン南部のルンド在住。現在2回目の大学生。

《経歴》
2014秋- ルンド大学法学部 (Juristprogram)へ進学、在学中
2012.7 スウェーデンへ移住
2010-2012.6 銀行勤務
2010 早稲大学国際教養学部卒
2007-2008 ルンド大学(交換留学)

《家族》
夫Erikと猫のルドルフ

リンク
スウェーデンに移住した35歳妻子持ちエンジニアのブログ

スウェーデン稲門会


ランキング参加中にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村
カテゴリ
最新のコメント
> moziraさん ..
by Hiroshima-Momiji at 20:27
お久しぶりです! おめ..
by mozira at 03:11
>ストックさん 返信遅..
by Hiroshima-Momiji at 23:39
> Amy さん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 18:14
> swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 19:28
つい最近質問させていただ..
by swift4869 at 18:57
> Swift4869さ..
by Hiroshima-Momiji at 18:54
お忙しい中すみません。 ..
by Swift4869 at 23:08
> すべりげさん コメ..
by Hiroshima-Momiji at 00:35
もみじさん初めまして! ..
by すべりげ at 11:52
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 07月
2011年 04月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧